ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > 長期総合計画「おいしさと笑顔がつどうみなとまち塩竈」

長期総合計画「おいしさと笑顔がつどうみなとまち塩竈」

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

まちづくりの目標の第1は、「だれもが安心して暮らせるまちづくり」でございます。

全国的に少子化が進む中で、共働き世帯の増加や経済状況の悪化などにより、子どもや家庭をめぐる環境は大きく変化し、子育てのニーズが多様化しております。
この変化にきめ細やかに対応するため、本年4月から始まる子ども・子育て支援新制度を踏まえた「新のびのび塩竈っ子プラン」に基づき、妊娠から出産、子育てまで切れ目のない支援により、安心して子どもを産み育てられる環境を構築いたします。

まず、新年度におきましては、この度の国の補正予算において措置されました「地域住民生活等緊急支援のための交付金」を活用し、子育て世帯の経済的負担の軽減を図るために「(仮称)子育て世帯応援券」を発行してまいります。
併せて、市内の子育て支援施設において設備等の充実を図るために、公立保育所や児童遊園の遊具等を整備いたしますとともに、私立保育園・幼稚園における整備等に対して助成を実施してまいります。

更に、胎児への影響が懸念される妊婦の風しん感染を予防するため、妊娠を希望する女性やご家族なども対象として新たにワクチン接種を助成いたします。

また、妊婦健診費用の負担軽減につきましても引き続き実施し、健やかな出産を支援いたしますとともに、昨年拡充いたしました子どもの医療費助成を継続し、子育て世帯の費用負担の軽減を図ってまいります。

働きながら安心して子育てできる環境をつくるため、新年度においても必要となる保育士を確保し、年間を通した待機児童ゼロに取り組んでまいります。
更に、放課後児童クラブの受入対象を小学3年生から6年生まで拡大し、クラブ数を11から12クラブに増設するとともに、開設時間を延長するなど、学童保育を拡充いたします。

多くの皆様にご利用いただいております、子育て支援センター「ここるん」につきましては、土曜日開所を継続し、子育てしやすい環境を整えますとともに、ファミリー・サポート事業など地域の皆様と連携して支援体制を充実してまいります。

いつまでも健やかに安心して暮らせる地域づくりについて申し上げます。
生涯を通して健やかに暮らしていただくため、「第2期健康しおがま21プラン」に基づき、大腸がんなどのがん検診のクーポン事業を活用し、がんの早期発見・早期治療を促進いたします。また、健康推進員の育成や、ダンベル体操に代表される地域の主体的な健康教室等の活動を支援してまいります。

地域医療の中核的な役割を果たす市立病院につきましては、これまで改革プランに基づき、経営の健全化に努めてまいりました。
新年度は、計画目標を確実に達成すべく、引き続き経営改革を強力に進め、医師の招聘に注力し、病院の基本であるきめ細やかな診療体制を充実いたします。
今後とも、救急患者の積極的な受け入れを行い、急性期から慢性期、そして24時間体制の「在宅療養支援病院」として、市民の皆様が安心して医療を受けられるよう取り組んでまいります。
また、国民健康保険事業につきましては、昨年度に税率の引き下げを行いましたが、新年度からは資産割を廃止し、平均で3.33%の保険税の引き下げを行い、更なる負担軽減を図ってまいります。

地域の中でともに支え合いながら、だれもが安心して暮らせる福祉の取組について申し上げます。
高齢化が進む本市において、多くの高齢者の方々に健康でいきいきと地域でご活躍いただくためには、身体の状況や生活環境など、皆様の実情に即して支援することが求められております。

こうしたニーズに的確に応えるため、平成27年度から始まる「第6期高齢者福祉計画・介護保険事業計画」に基づき、介護保険制度の改正を踏まえた、今後3年間の介護サービス需要量に対応する介護保険料を設定し、高齢者の方々に対する支援の強化を図ってまいります。

具体的には、新年度から地域包括支援センターをこれまでの3か所から5か所に増設し、本土地区4か所、浦戸地区1か所の体制を整え、より身近な相談窓口として充実してまいります。
今後、増加が見込まれます認知症高齢者とご家族への支援が一層求められております。

皆様に住み慣れた地域で安心して暮らしていただくため、認知症の方々に医療や介護、生活支援など適切なサービスが提供できるよう、地域や関係機関と連携し、認知症地域支援推進員の配置に向けた取組を進めてまいります。

一人暮らしの高齢者などを定期的に訪問し、食事をお届けする「配食サービス事業」につきましては、これまでの週1回から週2回に拡大し、サービスの向上と見守り体制の充実を図ってまいります。
障がい者福祉につきましては、平成27年度から始まる「第4期障がい福祉計画」に基づき、一人ひとりの障がいの程度やニーズに応じた、サービス等利用計画の相談支援を充実させてまいります。
更に、障がい者の方々の外出支援として、自動車等の燃料費助成を新年度から拡充いたします。なお、福祉タクシーの助成につきましては周辺市町と協調して実施しておりますことから、今後協議を進めてまいります。

安全に安心して暮らしていくための取組でございます。
地震や津波などの大規模災害に対しましては、「自助・共助・公助」のもとで対策に取り組むことが防災力の強化に繋がるものと認識いたしております。

まず、避難行動要支援者に配布いたしました防災ラジオにつきましては、民生委員児童委員の皆様と連携し、今後も要支援者台帳への登録を呼びかけながら計画的に配布し、迅速な避難行動につなげてまいります。

また、地域の皆様と共に防災力を高めるため、引き続き自主防災組織の設立と運営を支援いたします。更に、防災活動の中核を担う消防団員のライフジャケット等の装備品を充実し、活動時の安全を確保してまいります。
木造住宅の耐震診断や改修工事の助成を継続いたしますとともに、新たに、ホテル等、不特定多数の方が利用する大規模民間施設の耐震化についても支援してまいります。

新年度において「公共施設等総合管理計画」を策定し、公の施設である道路、下水道などについて長期的な視点で維持管理を行い、長寿命化を実現してまいります。
水道事業につきましては、優れた耐震性や耐腐食性をもつ長寿命管の採用を進め、「老朽管更新事業」と「第6次配水管整備事業」を実施し、防災力を強化いたします。

更に、梅の宮浄水場の改良及び長寿命化対策を推進いたしますとともに、新年度から運転管理業務を民間に委託し、運用コストの低減と効率化を図ってまいります。
防犯対策につきましては、安心して暮らすことができるよう、「地域安全まちづくり基本計画」に基づき、LED防犯灯の設置を進め、市民の皆様とともに安全なまちづくりに取り組んでまいります。

快適で便利なまちづくりにつきましては、「第3期都市再生整備計画」に基づき、本塩釜駅周辺の利便性向上を図るため、高架下の自転車駐輪場を拡張いたします。さらに、本市のまちの未来像を示す「都市マスタープラン」の改訂を進めてまいります。
また、市民生活の基盤となります市道につきましては、藤倉庚塚線・桜ヶ丘東玉川線の改良工事等に取り組みますとともに、併せて橋りょうにつきましても、一本松大橋の補強工事に着手いたします。

市民の皆様の日常の足として親しまれております「しおナビ100円バス」、「NEWしおナビ100円バス」につきましては、引き続き安全で確実な運行に努めながら、路線の拡大を含めた利便性の高い交通体系の在り方を検討してまいります。

まちづくりの目標の第2は、「海・港と歴史を活かすまちづくり」でございます。

本市は、豊かな海の恵みを享受し、また、穏やかな湾に位置する天然の良港という特性を活かしながら、水産・港湾を軸とするまちとして発展してまいりました。その歴史の中で、水産加工業は本市に深く根ざした基幹産業として発展し、先人たちの創意・工夫のもと培ってきた全国に誇る特産品を保有いたしております。

しかし、震災の影響はいまだ色濃く影を落とし、販路回復が大変厳しい状況となっております。
水産加工業者の皆様が活力を取り戻せるよう、販路拡大や新商品開発などに挑戦される方々に対し、新たな支援制度を創出いたします。
また、全国のバイヤーにお集まりいただく「フード見本市」を引き続き支援し、販路拡大に繋げてまいります。

水産業・水産加工業をはじめとする事業者の皆様は、原料価格や電気料金等、様々なコストの上昇により、非常に厳しい経営環境におかれております。
このような状況に対応すべく、本市独自の新たな支援といたしまして、水道の大口需要者である皆様に対し、料金の負担軽減を実施いたします。

本市水産業の中核を担う魚市場につきましては、本年3月末に高度衛生管理機能を有するB棟が完成し、一部供用を開始いたします。今後も、A棟・C棟の工事の進捗を図り、より安全・安心で質の高い水産物を供給する、水産都市・塩竈の象徴となる市場として整備を進めてまいります。

また、新魚市場完成後に向け、運営のあり方や高度衛生管理機能を高めるための方策について関係機関と協議してまいります。

魚市場の水揚げ確保対策といたしまして、遠洋底曳網漁船に対する水揚げ補助を拡大いたします。
また、その他の漁船に対しましても、新たな水揚げ補助制度を創設し、更なる水揚げ確保・促進を図ってまいります。

ブランド化が定着しております「三陸塩竈ひがしもの」の普及促進につきましても継続して支援いたします。

塩釜港区は、国際拠点港湾・仙台塩釜港における「地域産業支援港湾」としての役割を担っております。
物流機能の強化に向けて、平成26年度から国直轄事業により、貞山地区の埠頭整備が動き始めました。新年度におきましても、貞山1号岸壁の本格的な整備促進と-9mの航路浚渫について関係機関に引き続き要請してまいります。また、バラ積み水産貨物のシフト化を促進する補助を継続し、ポートセールスに努めてまいります。

商工業の振興について申し上げます。
昨年4月の消費税率の引き上げの際、消費意欲の低下による地元商業への影響が懸念されたことから、2割増商品券を発行し、消費喚起による商業振興を図ってまいりました。
新年度におきましても、国の「地域住民生活等緊急支援のための交付金」を活用し、引き続き割増し商品券を発行し、商業振興に結びつけてまいります。

中心市街地の活性化につきましては、これまで「シャッターオープン・プラス事業」により、空き店舗を活用した新規出店を支援してまいりました。
現在、多くの個性豊かな店舗が出店し、商店街に新たな活気が芽生えておりますので、引き続きこの制度を継続するとともに、「商人塾」など、各店の質を高める取組と併せ、商店街の活性化に取り組んでまいります。

企業の誘致は、雇用拡大や新たな産業の創出など、地域経済の活性化において、大変重要な取組であると認識いたしております。

昨年は復興支援の交流を契機に、愛知県の食料品製造業者の工場立地が決定するなど、新たな動きも出てきております。
引き続き、企業立地奨励金など本市独自の支援制度とともに、「津波・原子力災害被災地域雇用創出企業立地補助金」など国の制度を活用し、産業大使の方々等のご協力を頂きながら誘致活動を推進いたします。

本市の地域資源を活かした観光と交流の取組について申し上げます。
震災後大きく落ち込んだ観光客数は、「仙台・宮城【伊達な旅】春キャンペーン」などの積極的な取組により、ほぼ震災前の水準に回復いたしております。
本年は、新たに夏の観光キャンペーンが実施されますことから、「ふるさとイベント大賞」で栄えある内閣総理大臣賞に輝いた「塩竈みなと祭」をはじめ、寿司・かまぼこ・地酒などの豊かな食を生かし、塩竈ならではの魅力を最大限PRしてまいります。

更に、秋には塩釜商工会議所主催の「みなと塩竈・ゆめ博」が予定されております。
塩竈が持つ豊富な地域資源の魅力について、各種のイベントを通して発信していくこの新たな試みに、本市も一体となり取り組んでまいります。

浦戸諸島のうるおいと魅力ある島づくりについて申し上げます。
浦戸地区は若年層の流出や高齢化が著しく、浦戸で安心して住み続けていただける環境づくりが急務でありますことから、今後も生活基盤の整備や産業・交流の振興を強力に進めてまいります。

まず、現在整備中の(仮称)浦戸ステイ・ステーションを拠点としながら、漁業等一次産業への就業希望者を受入れ、減少が続く地域産業の担い手を育成し、浦戸の定住に繋げてまいります。
島民の皆様の暮らしを支え、観光などで訪れる方々の交通手段である市営汽船につきましては、現在策定中の新たな経営健全化計画を基に、引き続き安定した運航に努めてまいります。
浅海養殖漁業の振興策といたしましては、海産物のブランド化による高付加価値化や販路拡大に努めるとともに、島民の皆様が進める新たな商品開発などを支援いたします。
また、浦戸第二小学校・浦戸中学校につきましては、4月から通称「浦戸小中学校」として、小中一貫教育を開始いたします。

浦戸地区の特色を生かした「浦戸科」の創設や、早い時期からの「外国語活動」など、9年間を見通した特徴ある教育を実施いたします。

昨年は、民放テレビ局が主催する「みやぎふるさとCM大賞」で、浦戸諸島をテーマにした本市作品が大賞を受賞し、改めて島の魅力を多くの方々に伝えることができました。

これを好機として、浦戸諸島の様々な魅力を体感していただける事業を、島民の皆様をはじめ、関係団体のご協力を頂きながら実施いたします。

昨年実施いたしました「だんべっこ船」による島めぐりモニターツアーにつきましては、新年度において受入体制の充実を図り、本格実施に向けて取り組んでまいります。

まちづくりの目標の第3は「夢と誇りを創るまち」でございます。

まず、平成27年度から始まる新教育委員会制度を受け、市民の皆様の意見をより反映させるため、市長と教育委員で構成する「総合教育会議」を開催し、本市教育の根幹となる「教育大綱」を策定いたします。

未来を担う子どもたちが塩竈で生まれ育ったことを誇りに思い、「生きる力」を身に付けるため、確かな学力と豊かな心、健やかな体を育成する取組を学校・家庭・地域と連携して進めてまいります。
児童生徒の確かな学力を向上させるため、「学力向上プラン」に基づき、「授業づくり」「学ぶ意欲と姿勢づくり」「家庭における学習環境づくり」を3本の柱として取り組んでまいります。
まず、各小学校には、引き続き指導教員を配置し、少人数指導の計画的な実施による基礎学力の定着に努めてまいります。
長期休業期間には、各校において「しおがまサマースクール」を実施し、連携協定を締結いたしました青山学院大学の皆様にもご協力をいただきながら、子どもたちの自主的な学習の定着化を図ってまいります。

昨年、試行的に実施した地域人材・民間講師を活用した学力向上セミナー等につきましては、一定の成果が得られましたことから、新年度は市内の全ての学校で実施できるよう拡充いたします。
豊かな心を育む取組といたしましては、各学校において専門家のカウンセリングやスクール・ソーシャルワーカーによる相談を実施し、児童生徒や保護者の複雑多様化する悩みに対応してまいります。

また、中学生が赤ちゃんやその親たちと交流する体験事業や、山形県村山市との自然体験や部活動などの交流を通じ、心の教育を進めてまいります。

今後、さらに重要となる国際理解を深める取組といたしまして、新年度から外国語指導助手を1名増員し、各小中学校における外国語教育を充実いたします。
生涯学習の分野におきましては、生涯にわたって学び、交流できる機会を充実し学習環境を整えるため、市民交流センター、生涯学習センターの活動を充実してまいります。

まず、遊ホールにおきましては、「夢ミュージカル」に代表される市民参加型の舞台をはじめ、良質で幅広い分野の芸術文化公演を実施してまいります。
また、新年度は、ふれあいエスプを中心に、本市出身の写真家、平間至さんによる「塩竈フォトフェスティバル2015」が開催されますので、写真芸術の魅力を内外に発信いたしてまいります。

文化芸術の振興につきましては、昨年11月、本市ゆかりの杉村惇画伯の作品展示を中心とする「塩竈市杉村惇美術館」をオープンいたしました。今後は、鹽竈神社や古い街並みなどを散策しながら多くの方に訪れていただけるよう、魅力ある企画展やワークショップを開催し、文化芸術活動の新たな発信拠点を目指してまいります。

スポーツの分野におきましては、「一流アスリート誘致先導事業」により、市民の生涯スポーツへの関心を高めながら、各種のスポーツ・健康教室等の開催を通して、気軽にスポーツに親しめる機会の充実に努めてまいります。

市民と協働でつくるまちづくりの取組でございます。
地域におけるコミュニティ活動の基本となる町内会や市民活動団体に対する支援を継続いたします。
また、男女共同参画の理念のもと「男女が共に支えあう家庭づくり」の一環として、次代を担う青年を対象とした交流事業を新たに実施してまいります。

震災復興計画「長い間住みなれた土地で安心した生活をいつまでも送れるように」に続きます。

このページをシェアする <外部リンク>