ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > 市政運営の基本方針

市政運営の基本方針

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

平成28年度の市政運営の基本方針といたしましては、まちづくりの基本計画であります『第5次長期総合計画』と、復興の道筋を明らかにした『震災復興計画』を両輪に位置付け、「選択と集中」により施策の重点化を図り、相互に連携、連動させて効果を高める施策を推進してまいります。

新年度は、『長期総合計画』の後期5か年への新たなスタートの年であり、『震災復興計画』におきましても「集中復興期間」を経て、今後5か年の「復興・創生期間」へと移行する年であります。
これまでの、両計画の前期5か年の事業の進捗状況を総括し、目標の達成度や成果等を検証して、今後の施策に反映いたしてまいります。

はじめに、『第5次長期総合計画』に基づくまちづくりの基本方針について申し上げます。

本市の喫緊の課題であります「人口減少対策」と「まちの活力再生」の解決に向けて、『長期総合計画』の3つのまちづくりの基本方針に基づく施策体系を縦軸とし、更に、重点戦略である『定住』『交流』『連携』を横軸として、政策間の連携により相乗効果を高め、戦略的に施策を推進してまいります。
まず、『定住』を促進する取組として、「定住人口戦略プラン」と「まち・ひと・しごと創生総合戦略」の基本目標に沿い、施策の相互連携により効果を高める政策パッケージを展開してまいります。

具体的には、少子化に対応し、定住人口を確保するために、子育て支援策における子ども医療費の拡充等を行うとともに、海岸通地区への新たな子育て支援施設の整備に向けて検討し、同地区への良好な居住環境の創造を促進してまいります。
更に、本市独自の「小中一貫教育」の構築による特色ある学校教育の推進、コンパクトシティである本市の利便性を高める新たなバスルートの拡充等、異なる政策分野を紡ぎ合わせ、「いつまでも住みたい、住んでみたい」まちづくりを推進してまいります。

次に、『交流』を拡大する取組といたしましては、今般、国の補正予算で措置されました「地方創生加速化交付金」等を最大限に活用しながら、雇用の確保や活力あるまちづくりに繋がる事業を厳選し、地域の産業振興、観光振興等に取り組んでまいります。

具体的には、高度衛生管理型の新魚市場の供用による水産業振興、更に、販路拡大や新商品開発等の支援による水産加工業の活性化、各種制度を活用した企業誘致による新産業分野の開拓等を通して、地域産業の「稼ぐ力」を高め、新たな雇用の創出に取り組んでまいります。
更に、本市の魅力ある地域資源を磨き上げ、「三陸塩竈ひがしもの」のブランドPRをはじめ、塩竈ならではの新名物の開発や寿司、かまぼこ、地酒等の食を活かし、DC夏キャンペーン等と連動させた観光プロモーション等を実施してまいります。

併せて、塩竈ブランドのお土産品や新名物等の地域外でのテストマーケティングを展開するとともに、消費喚起を図る「割増商品券」の発行を継続する等、地域経済の活性化と交流人口の拡大を図り、「訪れてみたい」まちづくりを進めてまいります。

また、『連携』を深めるために、「みなと塩竈・ゆめ博」に象徴される、市民の皆様や諸団体、業界が手を携えてオール塩竈で取り組む市民連携のまちづくりの流れを加速させてまいります。

更に、街中の歴史的建造物等を活用した市民団体の活動等を側面的に支援して、本市の魅力溢れる地域資源を活かしたオンリーワンのまちづくりを市民の皆様とともに進めてまいります。

次に、『震災復興計画』に基づく施策につきましては、『住まいと暮らしの再建』、『産業・経済の復興』等、5つの基本方針に沿って復興事業を更に推進いたしてまいります。

まず、『住まいと暮らしの再建』につきましては、清水沢地区と錦町東地区、北浜地区第一期の災害公営住宅の整備を完了し、完成率で93%を達成してまいります。

『産業・経済の復興』につきましては、水産都市・塩竈の中核施設である高度衛生管理型の新魚市場について、新年度に荷さばき所A棟の一部及び補完施設C棟の供用を開始し、水産都市・塩竈の新たな幕開けを全国にアピールしてまいります。
更に、鯖等の青物や、近海で漁獲されるいわゆる「前浜物」のほか、多様な魚種の水揚げに対応するため、漁船誘致を行うとともに、鰹等の取扱い魚種の拡大に不可欠であります魚体選別機等の導入を計画し、水産業の復興を加速させてまいります。

中心市街地の活性化につきましては、まちの賑わいづくりとなる「海岸通地区震災復興市街地再開発事業」の推進にあたり、再開発組合の皆様と一体となり、本市もその一翼を担いながら、1番地区において先行して整備されます居住施設の早期着工に向けて取り組んでまいります。

新年度は、『震災復興計画』に基づく各種事業を大きく進捗させ、震災を乗り越えた新たなまちの形を創生していく「復興・創生の年」と位置付け、ふるさと塩竈の輝かしい未来の礎を築いてまいります。

長期総合計画「おいしさと笑顔がつどうみなとまち塩竈」に続きます。

このページをシェアする <外部リンク>