ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > 市政運営の基本的な考え方

市政運営の基本的な考え方

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

景気浮揚や生活支援などをめざした国の第2次補正予算を活用し、切れ目のない地域経済対策に取り組み、賑わいと活力にあふれ、安心して住み続けていただけるよう全力を傾注してまいります。

第一に、地域経済の活性化に取り組みます。

基幹産業である水産業や水産加工業については、国際的な漁獲規制による水揚げ高の減少や原料不足などに直面しておりますが、マグロのブランド化や水揚げ奨励金の継続、新商品開発の支援などによって活性化を図ります。

さらに、資金繰りに苦慮されている中小企業を支援するため、融資枠を大幅に拡大するともに、市内での購買促進のため消費者に支持される商業振興を図り、「塩竈商圏」の復活を目指してまいります。また、現下の雇用状況の悪化に対応するため、就業の機会を創出いたします。

第二に、観光振興や中心市街地活性化策に取り組みます。

本年も「仙台・宮城【伊達な旅】キャンペーン」が継続されることから、「ミシュラン☆☆(ふたつぼし)の観光地」としての高い評価や、歴史や食文化などの地域資源を最大限に生かし、塩竈の魅力を全国に発信してまいります。

また、鹽竈海道と駅、港を結ぶ都市軸が完成しますので、さらに、回遊性を高め、交流人口の拡大を図り、中心市街地の活性化につなげていきます。

第三に、少子高齢化対策に取り組みます。

少子化への対応として、民間保育園の施設改築支援などにより、待機児童ゼロ対策をさらに推進し、子育て支援を充実します。

高齢社会への対応は、これからのまちづくりの大きな課題でありますので、介護予防や健康づくり、外出支援、生涯学習などの取り組みにより生きがいづくりを推進してまいります。

第四に、まちづくりの基本となるひとづくりに取り組みます。

学校教育におきましては、生きる力を育むとともに、少人数指導による学力向上に努めます。

また、本年が「国民読書年」であることにちなんで、「えほんデビュー事業」を創設します。さらに、体育館の命名権の収益を活用した新たなスポーツ振興事業を展開します。

第五に、安全と安心のまちづくりに取り組みます。

近い将来、発生が予測されている宮城県沖地震への対応は喫緊の課題であります。本年度は学校の耐震補強工事をすべて完了させるとともに、公共施設の耐震化に取り組んでまいります。さらに、東部地区の水害対策として雨水ポンプ場の整備に着手するとともに、防犯対策として安全安心ロードの整備を推進します。

最後に、長期総合計画策定の取り組みです。

時代の大きなうねりが予想される今後10年間のまちづくりの指針となる第5次長期総合計画について、審議会や懇談会等において市民の皆様の熱心な議論を頂いております。人口減少への対応や地域経済の活性化、塩竈の魅力を生かしたまちづくりなど、成熟した社会を見据えた計画を策定し、展望を見出してまいります。

本年度の市政運営の基本的な施策につきまして、「元気です塩竈」「安心です塩竈」「大好きです塩竈」に沿って、申し上げます。

「元気です塩竈」に続きます。

このページをシェアする <外部リンク>