ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > 市政運営の基本的な考え方

市政運営の基本的な考え方

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

私は、市長就任以来、市民の皆様に誇りと希望を持って暮らしていただけますよう、全力を挙げてまちの元気・活気づくりに取り組んでまいりました。これらに呼応して、多くの分野でまちづくりの芽が吹き始めておりますが、さらに大きく結実させるため、本年度も「賑わいと活力あるまちづくりの推進」に努力してまいります。

第一に、地域経済の活性化に向けた取り組みであります。

本市の水産業と水産加工業は、原油価格の高騰や国際的な魚食文化の普及による原料不足などに直面しています。しかし、先に開催した「第1回塩釜フード見本市」には全国から多くの関係者が訪れたほか、市民の皆さんにも地場産品の質の高さを改めて認識していただきました。今後とも、こうした取り組みを継続することによって、販路の拡大や新商品の情報を発信し、水産都市塩竈の再生を目指します。また、塩釜港の港湾物流機能の強化や、新たな生産と雇用を生み出す企業誘致に努めます。

第二に、交流人口の拡大に向けた観光振興や中心市街地活性化への取り組みであります。

「仙台・宮城デスティネーションキャンペーン」は、いよいよ本番を迎えますので、本市の歴史や食文化、また自然豊かな浦戸の島々を堪能していただけるよう、市民挙げておもてなしの心でお迎えいたします。また、これを契機に、塩竈を再び訪れていただけるような、まちづくりを進めます。さらに、海辺の賑わい地区を整備し、港と神社を結ぶ鹽竈海道の北浜沢乙線を軸としながら、まちの回遊性を高め中心市街地の活性化を図ってまいります。

第三に、少子高齢化に対応した施策への取り組みであります。

全国的に人口が減少しており、本市におきましても少子高齢化が進んでいます。特に高齢化率が25パーセントに達する状況でありますので、高齢者が生きがいを持って地域で元気に暮らしていただける施策を充実させていきます。また、未来を担う子ども達を地域で育む子育て支援策を充実するとともに、市民の健康づくりを推進するほか、安心して医療が受けられる環境づくりを進めます。

第四に、塩竈に誇りと愛着をもつ人づくりへの取り組みであります。

まちの元気・活気の原動力は、ふるさとへの誇りと愛着であります。その思いをより多くの皆様に実践していただけますよう、学校教育や生涯学習の充実を図るとともに、芸術文化を振興してまいります。また、市民一人ひとりがまちづくりに参画し、支え合うことによって、この地域社会を持続し発展させるための市民協働を推進します。

まちづくりの基本となりますのは、塩竈市長期総合計画であります。これまで、将来人口を6万3000人に設定し、「海・食・人が活きるまち塩竈」を将来の都市像に掲げた第4次計画に沿って各種施策を展開してまいりました。策定から8年が経過し、新たな行政課題も生じておりますので、現計画の到達点と課題を明らかにするための総括を行ないながら、将来のまちの姿を示す次期計画の策定に取り組んでまいります。

私が政策のキーワードに掲げてまいりました「元気です塩竈」「安心です塩竈」「大好きです塩竈」は、長期総合計画を実現するために先導的かつ重点的に取り組む施策を再編整理させていただいたものであります。以下、このキーワードに沿って、新年度の基本的な施策を申し上げます。

元気です塩竈

このページをシェアする <外部リンク>