ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > 1.元気です塩竈

1.元気です塩竈

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

長期総合計画の都市目標である「塩竈の特性と地域資源を生かした、活気あるまち」の実現に向け、賑わいと活力あるまちづくりを進める「元気です塩竈」について申し上げます。

まず、水産業の振興を図る取り組みであります。

近年の国際的な漁業規制や原油価格高騰の影響により、魚市場の水揚げも厳しい状況をたどってきました。このような状況を打開すべく、良質なメバチマグロを「三陸塩竈ひがしもの」として全国にPRを行ない、大きな評価を頂いています。この取り組みの結果として、魚市場会計は2年連続で単年度黒字を計上することが出来ました。この回復基調にある魚市場の水揚げが定着するよう、本年度はより一層販売強化に取り組みます。併せまして、このブランド力をさらに高め漁船誘致に活かすとともに、魚市場内の衛生管理の徹底や水揚げ岸壁の修築によって、さらなる水揚げの増大に繋げてまいります。

水産練り製品や塩蔵品など全国屈指の生産量を誇る本市の水産加工品は、高い栄養価と食べやすさから消費者に注目され、また、高品質な製品づくりに対し国内はもとより海外からの需要も高まっています。本年度も引き続き、新たな水産加工品の開発に業界とともに取り組みながら、さらに、カツオを素材にした新商品開発が、カツオの水揚げ増加と新たな設備投資に繋がるよう支援いたします。

塩竈の優れた製品を紹介しながら販路の開拓と拡大を図るために、先に開催した「第1回塩釜フード見本市」は、全国から駆けつけた関係者で賑わい、数多くの商談も持たれました。また、業界の方々の異業種交流が進み、新商品開発などの可能性などもあるとお聞きしています。本年度も継続して開催することにより、本市の持っている水産の魅力を全国に発信し、新しいビジネスチャンスとしてまいります。

漁港背後地におきましては水産加工業の全国組織が、最新の設備を持った1万トン規模の冷蔵庫を建設し、この2月に操業を始めました。この施設は、東日本における水産物流の拠点として、広く世界から商材を集め、国内に出荷する機能を持っており、地元業界としては加工原料の確保と販路の拡大が期待されます。本市は、この全国組織と地元業界との連携を支援しながら、水産加工業の活性化に繋げてまいります。

同じく、企業誘致の一環として議員各位のご協力をいただき実現いたしました宮城県第2水産会館は、この3月新浜町でいよいよ信用部門の営業を始めることになりました。地域の漁業関係者にとりましては情報収集の面でも利便性が高まることが期待されます。引き続き、水産加工団地や貞山地区石油基地内の遊休地への企業誘致に積極的に取り組み、雇用の創出を図ります。

みなとまち塩竈の活力を呼び戻すためには、物流機能の強化と、塩釜港での取扱貨物量の増加が不可欠であります。その一環として、現在、冷凍魚の荷役が仙台港から塩釜港にシフトされつつありますので、地元業界の方々と連携し、この動きを加速させていきます。また、航路浚渫の促進活動やポートセールスなど、塩釜港の活性化を積極的に進めます。

国道45号と三陸縦貫自動車道を結ぶ越の浦春日線の平成21年度着手を実現し、県道仙台塩釜線と石油基地を結ぶ貞山大橋の補修工事を行ないながら、本市経済の活性化に不可欠な物流機能の強化に努めてまいります。

次に、平成14年度から整備を進めてきました海辺の賑わい地区では、昨年5月に、歩行者専用道路や本塩釜駅の新しい出入り口のアクアゲートが完成したほか、賑わいの中核となる商業施設がオープンしました。この海辺の都市空間に多くの買い物客が訪れ、新たな商業の核が形成されつつあります。本年度は、賑わい居住ゾーンでの民間事業者による複合マンションの建設を支援し、さらに、駅前商業ゾーンにおける商業ビルの整備を支援しながら、まちの賑わいの創出を図ります。また、海岸通地区防潮堤の遊歩道整備と併せて、マリンゲート塩釜へのアクセス歩道を整備し、中心市街地への回遊性を高めます。

この3月で整備が完了する鹽竈海道の北浜沢乙線は、港と神社を結び、市民や観光客が塩竈の歴史や文化に触れていただくための中心軸であります。本年度は、歩道景観や横丁の整備と併せて歴史や文化を紹介する案内板を整備します。

次に、中心商店街につきましては、昨年度に引き続き、商店街の空き店舗を活用した新たな商業展開を支援するシャッターオープン事業を継続します。併せて、商人塾による商店街の活性化に向けた取り組みを支援し、魅力ある商店街の形成に努めます。また、現代美術の展示や講演会などに幅広く活用されている旧亀井邸につきましては、今後とも多くの方が集い、憩える場として利用してまいります。

本年度は、全国から観光客を呼び込む大型観光企画の「仙台・宮城デスティネーションキャンペーン」が展開されます。全国の皆様に本市の魅力をお伝えする絶好の機会でありますので、JR東日本をはじめ、観光物産協会や青年四団体などの市民団体と連携して、交流人口の増加に努めます。特に、海や歴史・食といった本市の魅力ある資源を活用しながら「おいしおがま食べ歩き」「しおがまさま月灯り、花灯り」「みやぎ寿司海道」「駅長オススメのちいさな旅」などを企画してまいります。また、このキャンペーンを契機に、本市を訪れていただけるような取り組みを今後とも継続し、まちの魅力向上を図ります。併せて、この3月に委嘱いたします、いわゆる「ふるさと大使」や新たに作成する本市のロゴマークなどを活用しながら、本市の魅力を広く内外に発信してまいります。

安心です塩竈

このページをシェアする <外部リンク>