ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 水道部 > 工務課 > 漏水してしまったら

漏水してしまったら

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

ご自宅で漏水した場合には

早めに、指定給水装置工事事業者に修理を依頼してください。
なお、指定業者以外の業者は修理を行えませんので、ご注意ください。
漏水を発見した時の対応の手順です。参考にしてください。

漏水箇所の大体の位置と、水抜栓の有無を確認する。

水抜栓より下流側(蛇口側)であれば水抜栓で止め、漏水を止めます。水抜栓より上流側(本管側)や水抜栓がない場合には止めることは出来ませんので、早く修理を依頼してください。

「水抜栓・不凍水栓の操作方法」

屋外に設置されている水抜栓ハンドルの例

漏水したときは水抜栓があれば止めておきましょうの画像
《漏水したときは水抜栓があれば止めておきましょう》

指定業者に修理を依頼する。

  1. 指定業者を確認する
    指定業者に修理を依頼する場合には、『塩竈市指定給水装置工事事業者名簿』(下記資料)に記載されている業者へご依頼ください。
    なお、業者により業務の内容が異なりますので、あらかじめご確認ください。
    (水道工事の契約は、塩竈市指定給水装置工事事業者とお客様の間で行うもので、水道部は関与できません。)
  2. 見積りを取る
    水道の工事や修繕を依頼するときは次のことを心掛けてください。
    1. できるだけ複数の指定業者から事前に見積りを取り、内容を検討してください。
      (見積りが有料となる場合もありますのでお取りになる前にご確認をお願いします。)
    2. 工事に入る前に工事内容や費用について十分な説明を受けてください。

資料

『塩竈市指定給水装置工事事業者名簿』[PDFファイル/258KB]

このページの広報誌はPDF形式で作成しています。

道路などで漏水を発見した場合には

道路などで水が流れているのを発見した場合には、水道部までご連絡をお願いいたします。職員が調査に向かいます。
この場合、水の流れている付近の通行、特に車両での通行は、お控えください。漏水の量によっては、舗装の下の土砂等が流され、空洞になることがあるためです。陥没による転落などの二次災害を未然に防ぐためにも、ご協力をお願いいたします。

道路の中での漏水復旧の様子の画像
《道路の中での漏水復旧の様子》

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページをシェアする <外部リンク>