ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 水道部 > 工務課 > 簡単な漏水調査の方法

簡単な漏水調査の方法

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

漏水かなと思ったことはありませんか。
漏水の原因は、水道管や接続部の腐食、給湯器や温水器などの劣化によるものまで様々です。そこで、お客様にもできる簡易な漏水調査の方法についてご説明します。

手順1メーターを確認する

まず、水道メーターボックス内にあるメーターをご覧ください。このメーターで毎月の使用水量などを計量しています。プラスチック製の蓋を開けると中に文字盤があります。このメーターは、給水管に針ほどの穴を開けてもパイロットが回る精密なもので、少量の水が流れただけでもパイロットが回る仕組みとなっています。

水道メーターボックス

手順2蛇口を閉める

次に家の蛇口をすべて閉めた状態にしてください。

全部の蛇口を閉める

手順3パイロットを動きを確認する

メータの文字盤の中にあるパイロット(銀色で八角形のものや赤い花のようなもの)を確認してください。このパイロットが回っているようであれば、メータから蛇口にかけての漏水があることになります。パイロットが止まっていれば、この間の漏水はありません。

パイロット

手順4漏水の場合は・・・

もしこの調査によって漏水と思われる場合は、必要に応じて指定給水装置工事事業者へご連絡ください。

このページをシェアする <外部リンク>