ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 建設部 > 土木課 > 北浜沢乙線景観整備事業

北浜沢乙線景観整備事業

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

表坂夜景の画像
【表坂夜景】

「都市計画道路 北浜沢乙線」は平成元年度より宮城県事業で整備が進められており、平成16年には西町地区が完成しました。
塩竈市では陸奥国一宮「鹽竈神社」を核とした「海と社を結ぶ歴史的参道空間」づくりを目指しております。この北浜沢乙線についても「道そのものが博物館」をテーマに景観に配慮した整備を進めております。

市域を形作る骨格としての幹線道路でもある「都市計画道路 北浜沢乙線」の 本町・宮町地区はこれまでは水路により分断され、5つの町内会により構成されていました。そこで水路を埋める道路事業の着手を機に、塩竈市長より、沿線各町内会長へまち作りに関心の高い市民を募り、歩道の景観整備やまちづくりについて検討し、沿線のあるべき姿を塩竈市や道路事業主の宮城県へ提案、進言していくべく平成17年4月に組織されました。

現在会は、6つの町内会と、3つの造り酒屋、そして中核の鹽竈神社のそれぞれの代表等37名により構成されています。

資料

景観形成重点実施地区位置図[PDFファイル/2.6MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページをシェアする <外部リンク>