ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 健康福祉部 > 保険年金課 > 免除・納付猶予期間の保険料の納付(追納制度)

免除・納付猶予期間の保険料の納付(追納制度)

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

追納制度とは

免除または納付猶予の承認を受けた期間がある場合には、保険料を全額納付したときに比べ、将来受け取る金額が少なくなります。これを補うために、10年以内であれば、あとから保険料を納めることができる制度です。

保険料の金額

令和2年3月31日までに追納する場合の保険料額

期間

全額免除
法定免除
納付猶予
学生納付特例

一部免除

4分の3免除

半額免除

4分の1免除

平成21年4月~平成22年3月分

15,280円

11,450円

7,640円

3,810円

平成22年4月~平成23年3月分

15,540円

11,650円

7,770円

3,880円

平成23年4月~平成24年3月分

15,320円

11,490円

7,660円

3,830円

平成24年4月~平成25年3月分

15,170円

11,380円

7,590円

3,790円

平成25年4月~平成26年3月分

15,150円

11,360円

7,570円

3,790円

平成26年4月~平成27年3月分

15,300円

11,470円

7,640円

3,820円

平成27年4月~平成28年3月分

15,620円

11,710円

7,810円

3,910円

平成28年4月~平成29年3月分

16,280円

12,200円

8,140円

4,060円

平成29年4月~平成30年3月分

16,490円

12,370円

8,240円

4,120円

平成30年4月~平成31年3月分

16,340円

12,250円

8,170円

4,080円

  • 免除等の承認を受けた期間の翌年度から数えて3年度目以降に追納する場合は、当時の保険料に一定の加算額が上乗せされます。上記の保険料(黄色部分)には、一定の加算額が含まれています。
  • 一部免除を受けた期間に、残りの納付すべき保険料を納付していない場合は、追納できません。
  • 老齢基礎年金を受け取っている方は追納できません。

必要なもの

  • 番号確認書類(年金手帳もしくはマイナンバー関係書類)
  • 身元確認書類
  • 印鑑

手続き先

市役所(保険年金課)または年金事務所

このページをシェアする <外部リンク>