ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 税務課 > 固定資産税に関する縦覧・閲覧制度について

固定資産税に関する縦覧・閲覧制度について

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

制度の内容

固定資産税が固定資産課税台帳に登録された所有者や価格等に基づいて課税されることから、登録された事項を所有者の方に見ていただいて、あらかじめ課税内容をご確認いただき、資産の評価が適正かどうかを判断していただくための制度です。

縦覧帳簿による縦覧

土地または家屋を所有する納税者は、縦覧帳簿によって所有する資産と同一区内にある土地の価格または家屋の価格とを比較することができます。

ただし、令和2年度については4月1日(水曜日)から6月1日(月曜日)に行います。

固定資産課税台帳の閲覧

固定資産(土地・家屋・償却資産)の課税台帳を確認することができます。

期間

令和2年4月1日(水曜日)から随時(土・日・祝日は除く)

8時30分~17時15分

場所

税務課固定資産税係

対象者

市内に土地・家屋・償却資産を所有する納税義務者

必要なもの

印鑑・身分証明書

代理人のがご覧になる場合は委任状 [PDFファイル/108KB]が必要

手数料

台帳1件につき200円
ただし縦覧期間中は無料

資料

固定資産課税台帳縦覧等申請書[PDFファイル/245KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページをシェアする <外部リンク>