ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類で探す > くらし・手続き > 税金 > 軽自動車税 > 軽自動車税の税制改正について

軽自動車税の税制改正について

印刷用ページを表示する 更新日:2021年9月1日更新

本文

令和3年度税制改正

軽自動車税のグリーン化特例(軽課)の見直し

令和3年4月1日から令和5年3月31日までに新規購入した三輪以上の軽自動車(新車限定)について、グリーン化特例(軽課)が2年延長され、対象者が電気軽自動車等に限定となります。

(1)令和3年4月1日から令和4年3月31日までの新規登録軽自動車(三輪以上)⇒令和4年度軽自動車税(種別割)が軽減となります。

(2)令和4年4月1日から令和5年3月31日までの新規登録軽自動車(三輪以上)⇒令和5年度軽自動車税(種別割)が軽減となります。
令和4年度および5年度対象車両と税率内容
軽課対象区分 税率
電気軽自動車 概ね75%減

天然ガス軽自動車のうち平成30年排出ガス保安基準達成車または

平成21年排出ガス車基準適合かつ平成21年排出ガス車基準から10%低減達成車

ガソリン・ハイブリット軽自動車

(乗用・営業用)

平成17年排出ガス75%低減達成車

または

平成30年排出ガス50%低減達成車

令和12年度燃費基準90%達成かつ

令和2年度燃費基準達成車

概ね50%減

令和12年度燃費基準70%達成かつ

令和2年度燃費基準達成車

概ね25%減

※燃料達成状況等については、自動車検査証(車検証)の備考欄をご確認ください。

令和4年度および5年度軽減後税率一覧
車両区分 概ね75%軽減後 概ね50%軽減後 概ね25%軽減後
三輪 1,000円 軽減対象外 軽減対象外
四輪 乗用 営業用 1,800円 3,500円 5,200円
自家用 2,700円 軽減対象外 軽減対象外
貨物用 営業用 1,000円 軽減対象外 軽減対象外
自家用 1,300円 軽減対象外 軽減対象外

 

軽自動車税(環境性能割)の見直しと臨時的軽減の延長

軽自動車を購入の際に課税される軽自動車税(環境性能割)について、税率区分の見直しがされております。また臨時的軽減措置が令和3年12月31日まで延長されています。
軽自動車税(環境性能割)の税率表
車種

税率

令和3年4月1日から

令和3年12月31日までに取得

税率

令和4年1月1日以降取得

電気軽自動車 非課税 非課税

天然ガス軽自動車

平成30年排出ガス基準適合または平成21年排出ガス基準10%低減車

非課税 非課税

ガソリン・ハイブリット・LPG・クリーンディーゼル軽自動車

平成30年排出ガス基準50%低減

または平成17年排出ガス基準75%低減

令和12年度燃費基準85%達成車 非課税 非課税
令和12年度燃費基準75%達成車 非課税 非課税
令和12年度燃費基準60%達成車 非課税 1.0%
上記以外または令和2年度燃費基準未達成車 1.0% 2.0%

※営業用乗用車についても、自家用乗用車に準じて税率区分が見直されています。

このページをシェアする <外部リンク>