ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 財政課 > 指定管理者制度

指定管理者制度

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

本市の公の施設の指定管理者指定状況一覧

施設名称

指定管理者

指定期間

所管課

塩釜港旅客ターミナル
(マリンゲート塩釜)

塩釜港開発株式会社

平成31年4月1日~令和6年3月31日

商工港湾課

塩竈市スポーツ施設
体育館温水プール

特定非営利活動法人
塩釜市体育協会

平成30年4月1日~令和5年3月31日

生涯学習課

障害児通園事業施設
ひまわり園

特定非営利活動法人
さわおとの森

平成30年4月1日~令和3年3月31日

生活福祉課

市内集会所27施設

各集会所運営委員会

令和元年9月1日~令和6年8月31日

市民安全課

杉村惇美術館・公民館 仙台湾燻蒸(株) 令和2年4月1日~令和7年3月31日 生涯学習課

仲よしクラブ(6施設)

塩竈市藤倉児童館

特定非営利活動法人

ワーカーズコープ

令和2年4月1日~令和7年3月31日 子育て支援課

指定管理者制度とは

概要

平成15年9月2日、地方自治法の一部を改正する法律(平成15年法律第81号)が施行され、「公の施設」の管理について指定管理者制度が導入されました。

これまでの公の施設の管理運営者は、公共性の確保から、公共団体や市の出資法人等に限られていました(管理委託制度)が、この改正によって、NPO法人やボランティア団体、営利企業も含めた民間事業者等にも管理運営を委ねることができるようになり(「指定管理者制度」)、公の施設の管理に民間の能力を活用していくことが可能となりました。

目的

指定管理者制度は、多様化する住民ニーズに、より効果的、効率的に対応するため、公の施設の管理に民間の能力を活用しつつ、住民サービスの向上と管理経費の節減等を図ることを目的とするものです。

制度導入までの流れ

制度導入までの流れの画像

本市のおける指定管理者制度に関する規定等

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページをシェアする <外部リンク>