ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > 予算案の概要

予算案の概要

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

国におきましては、平成18年度予算における公債依存度が37.6%と依然として高水準にあることから、2010年代初頭における基礎的財政収支の黒字化に向け、歳入歳出両面での見直しを進めることとしております。

地方財政計画におきましては、地方税に交付税等を加えた一般財源の総額では前年度とほぼ同額が確保されましたが、歳出全般にわたる見直しにより歳出総額が抑制されており、投資的経費が大幅に削減されるなど、地方歳出の圧縮が続いております。

本市におきましては、近年、市税の減少や交付税の削減、そして少子高齢化や景気低迷による福祉関係費の増加により、極めて困難な財政運営を強いられております。また、多額の収入不足を基金繰入金で補てんしてきたことから、財源調整のための基金も底をついております。

平成18年度予算編成は、このように、大変厳しい状況下での予算編成となりましたが、事務事業の更なる見直しを図るとともに、限られた財源の重点的効率的配分に努めました。

経常的な経費につきましては、各部が主体的に経費の見直しに努める一般財源枠配分方式を継続するとともに、政策的経費につきましては、選択と集中により緊急性や優先度の高い施策への重点配分を行いました。

また、各特別会計において経営健全化に向けた取り組みを進めることにより、一般会計からの繰出金を縮減しております。また、極めて厳しい財政状況を踏まえ、緊急的な措置として、特定目的基金からの繰入金を計上するとともに、公的資金の借換により公債費を縮減しており、さらには、まさに苦渋の選択でありましたが、職員給与の独自削減に踏み切っております。

今後、大変困難な道のりではありますが、収支の均衡を取り戻すため、行財政改革推進計画に基づき、歳出の見直しと歳入確保に向けた改革を推し進めるとともに、企業誘致など産業振興施策を通じまして市税収入の確保に努め、緊急避難的措置からの早期脱却を図ってまいります。

各会計の予算額でありますが、一般会計予算は172億9,500万円となり、前年度と比較し、7億9,420万円、4.4%減、5年連続実質マイナスの超緊縮予算となっております。特別会計及び企業会計についてでありますが、10の特別会計の予算総額は208億9,027万4千円となり、前年度から3.8%の増となっております。

また、2つの企業会計の予算総額は、54億8,989万8千円であり、前年度から4.3%の減となっております。

平成18年度に行う主要な事業につきましては、別表記載のとおりでありますが、以下その主なるものをご説明申し上げます。まず、「ともに支え合う、健やかさと安心に満ちたまち」づくりといたしましては、次に、「市民と行政が協働で創るまち」づくりといたしましては、証明書総合交付システム導入事業として住民基本台帳ネットワーク整備事業として戸籍事務電算処理システム化事業として870万円389万4千円1,725万5千円などを計上しております。以上をもちまして予算案の概要説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご賛同賜りますようお願い申し上げます。

平成17年度に行う主要な事業につきましては、別表記載のとおりでありますが、以下その主なるものをご説明申し上げます。まず、「ともに支えあう、健やかさと安心に満ちたまち」づくりといたしましては、

【ともに支えあう、健やかさと安心に満ちたまちづくり関連事業】

事業

予算額

公共下水道築造費「雨水事業」として

10億円

塩竈市地域防災計画作成事業として

200万円

自主防災組織育成補助事業として

140万1千円

防災施設等整備及び防災備蓄事業として

2,380万円

災害特別融資制度預託事業として

3,500万円

小中学校耐震診断調査事業として

2,000万円

小学校耐震補強事業として

1,600万円

藻塩の里耐震診補強事業として

800万円

木造住宅耐震診断、耐震改修工事助成及び危険ブロック塀等除却事業として

994万円

塩竈市国民保護事業として

40万円

ファミリーサポートセンター運営事業として

590万3千円

病後児保育及びひとり親家庭日常生活支援事業として

389万1千円

延長保育促進事業として

3,055万4千円

事業所内及び認可外保育施設助成事業として

95万7千円
440万6千円

私立「あゆみ保育園」増改築助成事業として

440万6千円

重度障害者移送費等助成事業として

1,466万6千円

各種がん検診事業として

9,169万8千円

2歳6か月児歯科健診事業として

76万3千円

骨密度検診及び歯周疾患検診事業として

294万3千円

介護予防スクリーニング事業として

285万1千円

障害者自立支援審査会設置費として

709万6千円

障害福祉計画策定事業として

95万6千円

体育施設及び中学校除細動器設置事業として

32万円

市立病院オーダリングシステム導入事業として

2,678万6千円

次に、「ともに学びともに歩む、市民が輝くまち」づくりといたしましては、

【ともに学びともに歩む、市民が輝くまちづくり関連事業】

事業

予算額

小中学校総合的学習推進事業として

300万円

小中学校情報教育施設整備事業として

3,312万9千円

小中学校「カメイ文庫」整備並びに感動支援事業として

690万円

低学年学習・適応支援事業として

544万円

小中学校給食用食器更新事業として

596万6千円

小学校大規模改造事業として

420万円

生涯学習推進事業として

96万6千円

「塩竈学」まちづくり学習事業として

70万2千円

男女共同参画推進事業として

84万円

国際交流員及び外国語指導助手招致事業として

1,684万2千円

次に、「海と緑とともに暮らす、環境にやさしいまち」づくりといたしましては、

【海と緑とともに暮らす、環境にやさしいまちづくり関連事業】

事業

予算額

松くい虫対策事業として

2,000万円

第5次配水管整備及び老朽管更新事業(水道)として

3億1,000万円

公共下水道築造費「汚水事業」として

6億円

清掃工場改修事業として

2,900万円

市営住宅整備事業(梅の宮住宅)として

1億7,000万円

市道整備事業として

1,000万円

野々島漁港漁業集落環境整備事業として

5,000万円

次に、「塩竈の特性と地域資源を生かした、活気あるまち」づくりといたしましては、

【塩竈の特性と地域資源を生かした、活気あるまちづくり関連事業】

事業

予算額

北浜沢乙線景観整備事業として

832万円

海辺の賑わい地区土地区画整理事業として

9億6,660万円

海辺の賑わい地区グランドデザイン推進事業として

620万円

まちづくり交付金事業として

6,600万円

塩竈ヴェネツィア計画推進事業として

100万円

水産加工業活性化支援事業として

197万2千円

塩竈市浅海漁業振興支援事業として

270万円

漁業経営構造改善事業として

210万円

商業活性化誘導促進事業として

146万円

中小企業振興資金等預託事業として

2億7,500万円

中小企業振興資金等信用保証料補給事業として

2,000万円

企業誘致活動推進事業として

180万8千円

産業振興活動推進事業として

40万円

うらと子どもパスポート事業として

120万円

次に、「市民と行政が協働で創るまち」づくりといたしましては、

【市民と行政が協働で創るまちまちづくり関連事業】

事業

予算額

市民活動推進事業として

289万7千円

証明書総合交付システム導入事業として

870万円

住民基本台帳ネットワーク整備事業として

389万4千円

戸籍事務電算処理システム化事業として

1,725万5千円

などを計上しております。

このページをシェアする <外部リンク>