ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > ふるさと納税

ふるさと納税

印刷用ページを表示する 更新日:2020年6月3日更新

本文

鹽竈神社から望む春の塩釜港塩竈みなと祭り202段の石段を登る御神輿
“おいしさと笑顔がつどう、みなとまち、塩竈”へ

塩竈市では、『ふるさと塩竈』を元気にし、賑わいと活力のあるまちにするための取り組みを全国に向けて情報発信してまいります。

ぜひ、皆さんも寄附を通じて、この取り組みに御参加ください。

ふるさと納税の納入状況について(平成30年度)

ふるさと納税(寄附金)のお願い

みなさんの応援で塩竈の復興、そして活性化へ

“長い歴史と風光明媚な景観を誇り、多彩な食文化とウォーターフロントの魅力にあふれ、コンパクトで利便性に富み、いつまでも住みたい、住んでみたい、訪れたいみなとまち”の実現を目指して、塩竈市は復興事業を含めさまざまな事業に取り組んでいます。
「ふるさと納税」を通じて、これからも皆さんのお力添えをいただけましたら、幸いでございます。
多くの皆さんの御支援、御協力をお願い申し上げます。

ふるさと納税市長
塩竈市長佐藤光樹

ふるさと納税による寄附者一覧

塩竈市へのふるさと納税(寄附金)にご協力いただき、厚く御礼申し上げます。

平成31年4月1日以降にふるさと納税をされた方の内、公表について同意をいただいた方のお名前等を掲載いたします。

塩竈市のふるさと納税(寄附金)の使い道

本市の「まちづくりの目標」は、次の3点です。

  1. だれもが安心して暮らせるまち
  2. 海・港と歴史を生かすまち
  3. 夢と誇りを創るまち

この3つを実現するため、重点戦略として

  • 定住人口の確保
  • 交流の強化
  • 市民の連携の強化

の事業についてふるさと納税(寄附金)を充当させていただきます。

ふるさと納税(寄附金)使途対象の事業例

新型コロナウイルス感染症対策

 

定住

「定住」は、“いつまでも住みたい、住んでみたい”まちを目指し、福祉、教育、住宅、雇用環境などを充実させます。

対象事業例

  • 「妊婦健診事業」

健やかな妊娠・出産を支えるため、妊婦健診の受診に当たり受診票を交付します。

  • 「待機児童ゼロ推進事業

年間を通して保育所待機児童の解消を図るため、入所児童の柔軟な受入に対応できるよう必要な保育士の確保に取り組みます。

  • 「小中一貫教育推進事業」

小中学校間での「学びの連続性」を確保するため、小中教員の乗り入れ授業や児童生徒の交流授業、合同行事等を支援します。

ふるさと納税定住1ふるさと納税定住2

交流

人・情報・文化・産業など、あらゆるものが交流するまちを目指し、「塩竈」の魅力ある地域資源を生かしながら、交流の強化につなげます。

対象事業例

  • 「みなと産直イメージアップ事業」

本市の基幹産業である水産業・水産加工業への理解を深め、魚食普及を推進するため、魚市場施設を活用し、消費者向けのイベントを開催

する団体に助成します。

  • 「水産加工業活性化支援事業」

塩釜フード見本市の開催や新商品開発での販路の拡大、消費者ニーズの把握等に取り組む団体を支援します。

  • 「塩竈みなと祭協賛会助成事業」

東北の夏祭りのトップを飾り、70回を超える開催をしている本市最大の祭り「塩竈みなと祭」に対して助成します。

ふるさと納税交流1ふるさと納税交流2

連携

市民が主体となるまちを目指し、市民が互いに尊重し合い、情報を共有するとともに、共通の目標に向かって、それぞれ力を発揮できる環境を形成します。

対象事業例

「拠点整備事業(市民活動推進費)」

市民の皆さんの交流や活動を深める場として無料で活用いただける「マリンプラザ」を運営し、市民活動の支援をします。

ふるさと納税連携1ふるさと納税連携2

ふるさと納税(寄附金)の活用について

塩竈市では、お寄せいただいたふるさと納税(寄附金)を、御紹介したような、しおがまを元気にするプロジェクトを推進するための各事業に活用させていただきます。
なお、お寄せいただいた寄附金の状況や寄附金を活用した事業内容等につきましては、当サイト上でも報告をさせていただきます。

寄付金をお寄せいただく方法のページへ

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページをシェアする <外部リンク>