ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 秘書広報課 > 各部長挨拶・管理職紹介

各部長挨拶・管理職紹介

印刷用ページを表示する 更新日:2021年4月30日更新

本文

塩竈市長

塩竈市長 佐藤光樹(さとうこうき)

令和3年度が始まりました。コロナ禍の状況の中で、いかに市民の皆さまの安全を守るか、そして、地域経済をどのようなかたちで立て直していくのか、この一年しっかりと取り組みたいと思います。

まずは、コロナに負けないしっかりとした体制を築いていきたいと考えております。この後、副市長をはじめ、各部長がそれぞれの1年の抱負を皆さまにお伝えします。

市長として懸案事項の解決に向けた取り組みについて、しっかりと優先順位を考えながら、取り組みを強化していきたいと考えております。私の考えを、まずは市役所の職員に徹底して理解してもらい、そして地域を回って、市民の皆さまにひとつひとつ丁寧に、今、塩竈市が抱えている課題について、お知らせしたいと思っております。

コロナ禍ではありますが、しっかりとした対策をとりながら、地域の皆さまの声、私が考えているこれからの塩竈について、しっかりと報告させていただく1年にしたいと考えております。

市民の皆さま、そして、塩竈を心配していただいている皆さまなど、多くの方々に、この1年、あたたかいながらも厳しいご指導ご意見を賜りますよう、心からお願いを申し上げ、令和3年度の決意表明に代えさせていただきます。

この1年、どうぞよろしくお願いいたします。

副市長

副市長 佐藤洋生(さとうひろお)

塩竈市副市長の佐藤です。新年度を迎え、新たな生活に一歩踏み出す方も多くいらっしゃると思います。

世の中を見渡しますと、まだ、新型コロナウイルス感染症の勢いが止まりません。なかなか終息が見通せない状況にありますが、皆さま方におかれましては、感染拡大防止に一人ひとり努めていただきたいと思います。感染症の拡大が収まってきた段階においては、市民の皆さま、事業者に対する経済的な支援に取り組んで参りたいと思います。

また、今年は、塩竈市市制施行80周年を迎えます。新型コロナウイルスの感染拡大防止に努めながら、皆さまの記憶に残るような市制施行80周年の取り組みを、市役所一丸となって展開していきたいと思います。

市民の皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。

危機管理監・政策調整監・公民共創推進専門監兼新型コロナウイルス感染症対策専門監・会計管理者紹介

 
課名 氏名(ふりがな)
危機管理監 井上靖浩(いのうえやすひろ)
政策調整監 佐藤俊幸(さとうとしゆき)
公民共創推進専門監兼新型コロナウイルス感染症対策専門監 草野弘一(くさのこういち)
会計管理者兼会計課長 高橋五智美(たかはしさちみ)

危機管理監・政策調整監・公民共創推進専門監兼新型コロナウイルス感染症対策専門監・会計管理者挨拶・紹介ページ

 

市民総務部

市民総務部長 荒井敏明(あらいとしあき)

塩竈市 市民総務部長の荒井と申します。令和3年度の市民総務部の方針について、ご挨拶申し上げます。

まずは、新型コロナウイルスに感染された方々にお見舞いを申し上げますとともに、感染症の拡大により飲食店をはじめ、多くの事業者の心痛をお察しいたします。これまでに引き続き、コロナ対策を継続し、皆様のご努力にお応えしてまいります。

さて、令和3年度は、市制施行80周年の記念すべき年度であります。

コロナ禍ではありますが、心の中に残るような行事を工夫しながら行い、市民の皆様とともにお祝いしたいと考えております。次の時代を見据えた、新たな街づくりに繋がる機会としてまいります。

今後とも、市民の皆様が安心してお暮らしいただける塩竈市、そして活気に満ちた塩竈市を目指してまいります。

各課長紹介

 
課名 氏名(ふりがな)
総務課長 鈴木康弘(すずきやすひろ)
政策課長 長峯清文(ながみねきよふみ)
秘書広報課長 扇谷剛四(おうぎやつよし)
財政課長 高橋数馬(たかはしかずま)
税務課長 木皿重之(きさらしげゆき)
市民安全課長 小林史人(こばやしふみと)

市民総務部各課長挨拶・紹介ページ

健康福祉部

健康福祉部長 小林正人(こばやしまさと)

健康福祉部長を務めております小林正人です。

今年度の取組みとして、新型コロナウイルス感染症への対応は、引き続き最優先で取り組んでまいります。

特に、ワクチン接種につきましては、市民の皆さまに、接種に関する正確な情報をお届けできるよう努め、接種を希望する方が確実に接種を受けることができるよう対応します。

また、妊娠・出産・子育ての切れ目のない支援の相談窓口として、塩竈市子育て世代包括支援センター「にこサポ」が今年4月壱番館1階にオープンしました。保健師、助産師、保育士、栄養士が連携し笑顔の子育てを応援します。どなたでもお気軽にご相談ください。

このほか、障害者支援事業、高齢者支援事業、生活困窮者支援事業の推進に取り組んでまいります。

妊娠期から高齢者まで、多岐にわたる課題に取り組む健康福祉部として、今年度も全力で取り組んでいきますのでよろしくお願いします。

各課長紹介

 
課名 氏名(ふりがな)
生活福祉課長 鈴木康則(すずきやすのり)
子育て支援課長 小倉知美(おぐらともみ)
長寿社会課長 中村成子(なかむらしげこ)
健康推進課長 櫻下真子(さくらしたなおこ)
保険年金課長 武田光由(たけだみつよし)

健康福祉部各課長挨拶・紹介ページ

産業環境部

産業環境部長 小山浩幸(おやまひろゆき)

産業環境部長の小山です。産業環境部には水産振興課、商工港湾課、観光交流課、浦戸振興課そして環境課の5つの課があります。

まずはコロナウイルス感染症の影響で大変厳しい環境におかれている飲食や観光、水産加工などの商工業者さまの生業継続のために各種事業を展開し、また皆様の声をお聞かせいただきながら制度構築に努めてまいります。

浦戸につきましては、市長をトップとした浦戸再生プロジェクトが立ち上がりますが、今お暮しの皆様のために、すぐにできることは何かを考え、できることから早急に行ってまいります。

環境につきましては市民の皆様の日々の生活ごみを安定的に確実に処理できるよう、ごみの減量化などに協力をいただきながら、一つ一つ課題解決に向けて取り組んでまいります。

この一年が過ぎたとき、成果が目に見えるよう頑張ってまいります。

各課長紹介

 
課名 氏名(ふりがな)
水産振興課長 鈴木陸奥男(すずきむつお)
商工港湾課長 伊東英二(いとうえいじ)
観光交流課長 布施由貴子(ふせゆきこ)
浦戸振興課長 伊藤英史(いとうひでふみ)
環境課長 末永量太(すえながりょうた)

産業環境部各課長挨拶・紹介ページ

建設部

建設部長 相澤和広(あいざわかずひろ)

昨年度は、下水道使用料の賦課漏れにより市民の皆様に大変なご迷惑をおかけいたしまして、大変申し訳ございませんでした。信頼の回復に向け、建設部一丸となって取り組んでまいりますので、よろしくお願いいたします。

今年度の建設部の取り組みでありますが、震災復興の総仕上げとして、まちなかや浦戸地区におけます復興事業の完了を目指してまいりますほか、2月13日に発生の福島県沖地震により被災した本塩釜駅前広場や市営住宅、市道や汚水管等の復旧に全力で取り組んでまいります。

また、市制施行80周年記念事業では、伊保石公園に見晴らしの丘を整備いたしますほか、移住・定住の促進を図るため、子育て・三世代同居近居住宅取得支援事業等を継続してまいります。

さらには、市民の皆様が安全・安心にお暮しいただけますよう、道路をはじめ住宅や下水道施設などの維持管理に努めますとともに、快適なまちづくりを推進してまいります。

各課長紹介

 
課名 氏名(ふりがな)
建設部次長 星和彦(ほしかずひこ)
都市計画課長 鈴木良夫(すずきよしお)
定住促進課長 佐藤寛之(さとうひろゆき)
土木課長 鈴木英仁(すずきひでと)
下水道課長 吉岡一浩(よしおかかずひろ)

建設部次長各課長挨拶・紹介ページ

水道部

水道部長 鈴木 宏徳(すずきひろのり)

水道は、市民生活に欠かせない大切なライフラインです。水道事業が将来にわたり、「安全な水」を「安心」して「安定供給」していくための事業運営に努めてまいります。

特に、今年度は、将来への持続の視点から今後10年間の水道基本計画の策定、仙台市との共同浄水場整備計画等の広域的連携の推進を図っていきます。

また、安全な水の安定供給、災害に強い強靭な水道の整備のため水道施設の計画的な更新、改良を進めますとともに、2月の油流出に伴う水質事故を教訓とした災害対策の強化、水道技術の継承に取り組んでまいります。

さらに、広報やホームページを充実して、「塩竈の水道」へのご理解と満足度の向上に努めてまいります。

各課長紹介

 
課名 氏名(ふりがな)
業務課長 渡辺敏弘(わたなべとしひろ)
工務課長 星潤 一(ほしじゅんいち)

水道部各課長挨拶・紹介ページ

塩竈市立病院

事務部長 本多裕之(ほんだひろゆき)

新型コロナウイルス感染症が拡大の傾向を見せています。市立病院では「院内感染を絶対に起こさない」との強い意思を持って、感染対策を徹底しながら通常診療を行っていますので、安心してご来院下さい。

外来や入院診療、検査、手術など退院までの支援に加え、退院後も訪問診療・訪問看護・訪問リハビリテーションなど、患者様の状態に応じ安心して十分な医療を地域で受けていただける体制を整えてまいります。特に本年度は新たに内科医1名を増員し、内科の診療体制を強化するとともに、4月からは白内障手術を開始します。

これからも経営の安定化に努めながら、地域医療の中心的な役割を果たしてまいります。

各課長紹介

 
課名 氏名(ふりがな)
業務課長 並木新司(なみき しんじ)
医事課長 庄子晃(しょうじあきら)

塩竈市立病院事務部各課長挨拶・紹介ページ

教育委員会

教育長 吉木 修(よしき おさむ)

学校での「新型コロナウイルス感染症」防止に対し、保護者の皆様のご理解とご協力に心より感謝申し上げます。

子どもたちは、日々、教員の指導の下、一生懸命、感染防止対策をしながら、学校生活を送っております。変異ウイルスにより若年層も感染しやすい状況になっていますので、今後もこれまで同様、お子様やご家族にかぜなどの症状がみられた場合は、登校を控えるようご協力をお願いします。早めの対応が、学校での感染拡大防止につながります。

さて、今年度から塩竈市ではコミュニティ・スクールおよび地域学校協働活動を、一小、杉の入小、一中で取り入れ、これまで以上に地域の方々の協力を得ながら教育活動を進めております。先日は一小の子どもたちが校外学習をした際、30名ほどの地域の方々が子どもたちの見守り等で協力していただきました。

今後は、市内すべての小中学校に取り入れ、地域全体で学校の教育活動を支えていくシステムにしていく予定でおります。

コロナ禍で制限はありますが、感染防止対策を講じながら、子どもたちのためにやれるものはしっかりと進めていきたいと考えております。

学校・保護者・地域の方々がひとつになって塩竈の子どもたちを育てていきたいと考えております。市民の皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

教育部長 阿部徳和(あべのりかず)

子どもたちの健全な育成に関与されている、様々な関係者と共によい環境の中での育ちの実現と確保に努力します。

芸術、スポーツ、生涯学習についてもwith コロナの時代を冷静にそして正確に畏れながら、各世代の市民の向学心、向上心、ウェルネス、知的興味への探求によって日々の暮らしがより豊かなものになるよう地域の多様な連携を深めます。

そして、これらの活動への一層の市民参加を高める動機付けとして「市制80周年」を冠する事業展開の工夫に取り組みます。

各課長紹介

 
課名 氏名(ふりがな)
教育総務課長 佐藤聡志(さとうさとし)
学校教育課長 白鳥 武(しろとり たけし)
生涯学習課長兼生涯学習センター館長 鈴木和賀子(すずきわかこ)
市民交流センター館長 佐藤 達也(さとう たつや)

教育部各課長挨拶・紹介ページ

このページをシェアする <外部リンク>