ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類で探す > 子育て・教育 > 学校・教育 > 教育委員会NEWS > 未来を創る「塩竈市教育委員会News」2020年2月号

未来を創る「塩竈市教育委員会News」2020年2月号

印刷用ページを表示する 更新日:2020年1月31日更新

本文

「互いに支え合って」新たな時代へ。新成人門出

大震災から9年。ふるさと塩竈への恩返し誓う

1月12日、塩釜ガス体育館で「令和2年塩竈市成人式」が開催され、494人が成人を迎えました。

東日本大震災発災時、小学5年生だった新成人の皆さん。

9年前を振り返り、「人は一人では生きていけない。互いに支えあって生きていくことの大切さを震災で学びました。感謝を忘れず、恩返しをしていきます」と、誓いました。

成人式1枚目

式典に参加した375人の皆さん。
そのうち、17人が技能実習生など外国人の皆さん
(1月12日・塩釜ガス体育館)

成人式2枚目

中学校の卒業アルバムをのぞき込みながら、談笑する皆さん

『ふるさとは近くにあって愛するもの』。(「故郷存続運動」<スウェーデン>より引用)

地域をもっと伝えていく。「塩竈の文化財」講座・展示開催

地域への理解を深め、ふるさとを愛する、まもる心を育む。その一つとして「文化財」を視点に様々な取組みを展開しています。

文化財1枚目

講座に合わせ、絵図など文化財に関する貴重書庫収蔵資料の一部を公開。
市民図書館では江戸時代の地域資料など約3,000点を所蔵する
(1月7日・市民図書館3階)

文化財2枚目

「文化財とは?」熱心に受講する市民の皆さん
(1月16日・市民図書館視聴覚室)

「文化財」ちょっとだけ予告<<Pickup>>

◇塩竈学問所講座「塩竈」

<とき>2月16日(日曜日)

<ところ>公民館本町分室

<内容>

講演:「古代の塩釜神社」

まちあるき:「塩竈の歴史的建造物をめぐる」

<<WEBは「塩竈市の文化財」で検索!!>>

バロック音楽に包まれる冬のひととき

恒例「しおがま文化大使」鶴田美奈子さんピアノコンサート

昨年12月25日、エスプホールにおいて「しおがま文化大使」で、ピアニスト・チェンバロ奏者の鶴田美奈子さん(ドイツ在住)のピアノコンサートが開催されました。このコンサートは毎年クリスマスに開催され、9回目を迎えました。

今回は「画になるクラシックwith生涯学習に邁進する私たちin塩竈」がテーマ。各公民館教室や千賀の浦大学など、実際の学習活動の様子がスクリーンに投影されました。会場は、演奏と相まって独特な世界観に包まれました。

鶴田さんコンサート

厳かにバッハを演奏する鶴田さん。投影している画像も、自身の編集・作成によるもの

<バッハの「ゴールドベルク変奏曲」(BWV988)は、バロック音楽を総括する、優雅で華やかな大作とされる>

(12月25日・エスプホール)

船に乗って、島の学校に通おう

特認校・市立浦戸小中学校体験入学会に参加

本市の離島、野々島にある浦戸小中学校は小中一貫の特認校です。この春、入学を希望する市内外の皆さんが体験入学会に参加しました。

先生や在校生の皆さんと一緒に塩釜発7時15分の市営汽船に乗り、野々島で下船。

そこから、波音を聞きながら歩いて登校します(下校は同様の復路)

5日間「島ならでは」の学校生活・学習活動を体験しました。

浦戸体験入学1枚目

先生、在校生の皆さんと学習活動を体験
(1月20日:野々島・浦戸小中学校)

浦戸体験入学2枚目

野々島桟橋で下船し、みんなで登校
(1月20日:野々島・浦戸小中学校)

塩竈市杉村惇美術館が「地域創造大賞(総務大臣賞)」受賞

「まちの文化広場」として地域に活力

地域での創造的で文化的な表現活動のための環境づくりに特に功績があった公立文化施設に選ばれ、総務大臣名で塩竈市長に賞状が授与されました。

創造大賞受賞1

美術館外観。
建物は市の指定文化財・公民館本町分室

創造大賞受賞2

受賞式(1月17日・千代田区)

シリース・お宝拝見します<10>玉川小学校

昭和60年、当時の塩釜郵便局長から教育のためにと、郵便ポスト〈一号丸型〉を譲り受けました。現在ポストとして使われることはありませんが、手紙の大切さを児童の皆さんに伝えています。

(12月25日・玉小)

玉小のお宝

写真右下)児童から校長先生への手紙は校内の「ミラクルポスト」に投かん

編集後記

  • 夜明け前、ふと目が覚めて手元の本を取りました。静謐(ひつ)な空間での朝読書は、物語の深みと作者の思いを一層深く感じさせてくれました。窓の外、だんだん白んで行く空の美しさも印象に残りました(ひ)
  • 研修を受講した。「スウェーデンでは故郷は近くにあって愛するものであり、守るものだということを子どもたちに教えている」という。「文化財とは何か」学んでいなければ大人になっても子どもに教えることができない(幹)

Movement、今月の動き

1月28日(火曜日)

~31日(金曜日)

特別整理期間<休館>(市民図書館・エスプ)

2月1日(土曜日)

塩竈市父母教師会研修会(エスプホール)

同日

塩竈市スポーツ表彰式(グランドパレス塩釜)

4日(火曜日)

学校給食運営連絡会(公民館)

10日(月曜日)

パイロット校授業研究会<公開>(三中)

13日(木曜日)

教育委員会定例会(壱番館庁舎)

14日(金曜日)

市文化財保護審議会(壱番館庁舎)

16日(日曜日)

塩竈学問所講座・まちあるき(市内)

22日(土曜日)

<2月18日~3月1日>

島田虎之介&古泉智浩トークショウ(エスプ)

<同原画展(エスプアートギャラリー)>

3月1日(日曜日)

「SHIOGAMA能楽」公演(遊ホール)

事業名・会場名は一部略称で表記しています。また予定は変更される場合があります。ご了承ください

資料ダウンロード

未来を創る「塩竈市教育委員会News]2月号 [PDFファイル/1.2MB]

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページをシェアする <外部リンク>