ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 水道部 > 工務課 > 水道水の放射性物質測定結果

水道水の放射性物質測定結果

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

水道水中の放射性物質測定結果について

水道水中の放射性物質測定結果について

水道水について、梅の宮浄水場の放射性物質を測定しましたが、放射性ヨウ素(ヨウ素131)および放射性セシウム(セシウム134、セシウム137)は検出されませんでした。

このことから、塩竈市の水道水は安心してご利用できます。

今年度測定結果

  1. 採水場所梅の宮浄水場配水池(塩竈市字伊保石418)
  2. 測定結果水道水中におけるセシウム134、セシウム137

厚生労働省が定めた水道水の管理目標値
(平成24年4月1日から適用)

10
(セシウム134および137の合計値)

水道水放射性物質測定結果(令和2年度)(最新) [PDFファイル/55KB]

「不検出(0.5ベクレル/キログラム未満)」とは、検出限界値(検出可能な最小値)である0.5ベクレル/キログラムを下回っていることを意味します。放射能の特性として、同じ機器で測定しても、検体ごとに検出限界値は変動します。
例えば、4日7日「不検出(0.3ベクレル/キログラム未満)」とは、「4月7日に梅の宮浄水場で採水された水道水の放射性物質濃度が0.3ベクレル/キログラム未満である」ことを意味します。

水道水の管理目標値

飲料水を含む食品中の放射性物質について、食品衛生法の規定に基づく新たな基準が設定されました。それに伴い、厚生労働省では平成24年4月から水道水中の放射性物質の放射性セシウムについて管理目標値を設定したことから、管理目標値を表示します。

過年度の測定結果

  1. 採水場所梅の宮浄水場配水池(塩竈市字伊保石418)
  2. 測定結果水道水中におけるヨウ素131、セシウム134、セシウム137

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページをシェアする <外部リンク>