ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 水道部 > 業務課 > 水道事業ガイドライン

水道事業ガイドライン

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

水道事業ガイドラインとは

水道事業ガイドラインは、水道事業体の規格を総合的に考察し、水道事業の定量化によるサービス水準の向上のため、平成17年(2005年)1月に日本水道協会の規格として制定されたものです。

この中では、水道サービスを将来にわたり維持していくうえでの目標となる6つの項目(安心・安定・持続・環境・管理・国際)を定め、137項目の業務指標が示されています。

分類

業務使用の内容

項目数

安心

すべての国民が安心しておいしく飲める水道水の供給

22項目

安定

いつでもどこでも安定的に生活用水を確保

33項目

持続

いつまでも安心できる水を安定して供給

49項目

環境

環境保全への貢献

7項目

管理

水道システムの適正な実行・業務運営及び維持管理

24項目

国際

我が国の経験の海外移転による国際貢献

2項目

 

(一覧表)

137項目

試算の結果

今回、平成21年度の業務指標の試算を行いました。算出の必要がない項目を除く、総数137項目のうち133項目の業務指標を算出しました。
※表中の「―」は算出の必要性がない項目を表しています。

資料

平成21年度ガイドラインの主な試算結果[PDFファイル/123KB]

今後の活用

(1)水道サービスの向上

経年推移の検証などに活用し、現状の分析、課題の抽出などを的確に行い、水道サービスを向上させることに役立てます。

(2)経営の透明性の確保

業務指標を利用者の皆さんに公表することで、経営の透明性を確保します。

(3)利用者サービスの向上

利用者の皆さんからのご意見を経営に反映させる指針として活用します。

(4)「塩竈市水道事業経営改善推進計画」の進行管理など

平成22年度を目標年次とした「塩竈市水道事業経営改善推進計画」の進行管理に活用するとともに、現在策定を進めている平成23年度を初年度とする「塩竈市水道事業基本計画」(10ヶ年)の基礎資料、目標設定に活用します。

資料

水道事業ガイドライン(平成21年度)[PDFファイル/207KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページをシェアする <外部リンク>