ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 産業環境部 > 観光交流課 > 御釜神社

御釜神社

印刷用ページを表示する 更新日:2021年3月8日更新

本文

御釜神社

 鹽竈神社の境外末社のひとつで、製塩方法を教えた神と伝えられる鹽土老翁神が祀られています。毎年7 月6 日には古代の製塩方法を伝える藻塩焼神事が斎行されます。

また、神釜と呼ばれる四口の鉄製の釜が祀られており、変事があると水の色が変わると言われ、「日本三奇」のひとつとして数えられています。

Okama-jinja Shrine

 This shrine is one of the peripheral shrines of Shiogama-jinja Shrine, and enshrines the deity who is said to have taught people how to make salt in ancient times.

 Every year on July 6, a traditional seaweed-salt making ritual is held to preserve the ancient salt manufacturing method.

 Also enshrined here are four iron cauldrons called Kamigama. It is said that the colour of the seawater they contain will change before the event of disaster, earning them the title of one of the 'three mysteries of Japan'.

御釜神社

盐竈神社的境外神社之一,供奉着传授制盐方法的神—盐土老翁神。每年的7月6日,人们都会斋行传授古代制盐方法的藻盐烧神事。另外,这里还供奉着一个被称为“神釜”的四口铁锅,据说,当有变故发生时,水的颜色会变,被列为“日本三奇”之一。

오카마 신사

신사오카마 신사의 경외 말사(末社) 중 하나로 제염법을 가르친 신으로 전해지는 시오쓰치노오지의 신이 모셔져 있습니다. 매년 7월 6일에는 고대의 제염법을 전하는 ‘모시오야키(해조소금 구이)’라는 제사 의식이 행해집니다. 또 오카마라 불리는4개의 철제 가마솥을 모시고 있는데 어떤 이변이 생기면 물빛이 변한다고 하여 '일본삼기(日本三奇)' 중 하나로 꼽히고 있습니다.

御釜神社

鹽竈神社的境外神社之一,祭祀著教導人群製鹽方法的神明。每年7月6日的祭祀典禮上,都會舉辦藻塩燒神事,因循古代的製鹽方法來表達紀念。此外,祭祀在這裏的還有被稱爲神釜的四座鐵鍋,據説,當有天災異變發生時,鍋裏水的顔色會改變,是謂「日本三奇事」之一。

ศาลเจ้าโอกามะ

หนึ่งในศาลเจ้าที่อยู่ด้านนอกศาลเจ้าชิโอกามะ และเป็นที่ประดิษฐานของเทพเจ้าชิโอะสุชิ โนโอจิ เทพผู้สอนเคล็ดลับการทาเกลือ ในวันที 6 กรกฎาคมของทุกปี จะมีพิธีบูชาเทพเจ้าเกลือโดยการสอนวิธีทาเกลือแบบโบราณ นอกจากนี้ยังมีกาต้มน้าเหล็กสี่ปากที่ถูกเรียกว่า ชินคามิ ซึ่งว่ากันว่าสีของน้าจะเปลี่ยนแปลงไปเมื่อเกิดสิ่งผิดปกติขึ้น จนได้รับการกล่าวว่าเป็น “หนึ่งในสามสิ่งประหลาดของประเทศญี่ปุ่น”

このページをシェアする <外部リンク>