ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 産業環境部 > 観光交流課 > 旧塩竈市公民館

旧塩竈市公民館

印刷用ページを表示する 更新日:2021年3月8日更新

本文

旧塩竈市公民館

 昭和25年に竣工した管理棟(一階は鉄筋コンクリート造、2階は木造)と、昭和32年竣工の大講堂(木造)から成る。

柱や外壁に塩竈石を用いた外観のデザインに加え、大講堂にみられる木骨編板構造(集成材)によりアーチ状(逆さ懸垂曲線)の美しい大空間を実現している稀な建築形式。工法などが特徴となっている。

一部改修を経て、平成26年11月に塩竈市杉村惇美術館として新たに活用され、公民館との併設施設となった。

旧盐竈市公民馆

由昭和25年建成的行政楼(一层为钢筋水泥,二层为木造)和昭和32年建成的主礼堂(木造)组成。
建筑物在外观设计上采用了盐竈石作为柱子和外墙,主礼堂的特点是采用了层叠木结构(集成材),创造了一个美丽的拱形(倒悬曲线)大空间,建筑形式与施工实属罕见。
经过部分改造后,于平成26年11月重新开放,成为盐竈市杉村惇美术馆,同时附属于公民馆。

구 시오가마시 공민관

쇼와25년(1950)에 준공된 관리동(1층은 철근콘크리트 구조, 2층은 목조)과 쇼와 32년(1957) 준공된 대강당(목조)으로 구성되어 있다.
기둥과 외벽에 시오가마석을 이용한 외관 디자인과 함께 대강당의 목골 편판(編板) 구조(집성재)로 아치형(역현수곡선)의 아름다운 대공간을 구현한 보기 드문 건축형식, 공법 등이 특징이다.
일부 개수를 거쳐 헤이세이26년(2014) 11월에 <시오가마시 스기무라 준 미술관>으로 새롭게 활용되어 공민관의 병설 시설이 되었다.

舊塩竈市公民館

兩棟建築物。分別ため昭和25年完工的管理棟(1樓ため鋼筋水泥,2樓ため木造),與昭和32年完工的大講堂(木造)。
建築物外壁和柱子採用塩竈石經過設計加工而成。大講堂内的天板設計,則由木骨編板構造(集成材)來構成美麗的拱形(逆懸垂曲線)大空間,建築形式與工法皆屬罕見。
建築物一部分經過翻修後,於平成26年11月成立塩竈市杉村惇美術館,與公民館並設使用。

ศาลาประชาคมเมืองชิโอกามะเดิม

ประกอบด้วย อาคารที่ทาการหลังแรกที่สร้างเสร็จในปี ในปี ค.ศ. 1950 (ชั้นแรกน้าด้วยคอนกรีตเสริมเหล็ก และ ชั้นที่สองทาด้วยไม้) และ อาคารหอประชุมขนาดใหญ่ (สร้างด้วยไม้) แล้วเสร็จในปี ค.ศ. 1957
ภายนอกออกแบบโดยใช้หินชิโอกามะสาหรับทาเสาและผนังด้านนอก และ ด้านในหอประชุมที่โค้งสวยงาม (คล้ายกรงคว่า) เกิดจากกาใช้โครงไม้ถัก (ไม้ลามิเนต) ซึ่งเป็นสถาปัตยกรรมที่หาได้ยาก
หลังจากที่ได้มีการปรับปรุงบางส่วน ได้ถูกพัฒนาให้กลายเป็นหอศิลป์สุกิมุระ จุน แห่งเมืองชิโอกามะ ในเดือนพฤศจิกายน 2014 และได้กลายเป็นอาคารเสริมที่มีห้องโถงสาธารณะ

このページをシェアする <外部リンク>