ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 健康福祉部 > 保険年金課 > 平成30年4月から国民健康保険制度の一部が変わりました

平成30年4月から国民健康保険制度の一部が変わりました

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

塩竈市と宮城県が協力して国民健康保険を運営しています!

国民健康保険都道府県単位化の目的と概要

国民健康保険(以下、「国保」という。)は、勤務先の健康保険などほかの医療保険に加入していない人が加入する医療保険です。これにより、国民皆保険制度が実現されています。
しかし、国保は、勤務先の医療保険などと比べると、高齢者の割合が高く、加入者の所得水準が低いといった、構造的な課題を抱えています。
今後も国保制度を維持していくために、宮城県も保険者に加わり、市町村とともに国保事業のさらなる安定化を目指します。

塩竈市と宮城県の主な役割

塩竈市と宮城県は、次のように役割分担して国保運営に当たります。

 

塩竈市の役割

宮城県の役割

財政運営

国保事業費納付金を宮城県に納付

財政運営の責任主体
 ・市町村ごとの国保事業費納付金を決定
 ・財政安定化基金の設置・運営

資格管理

地域住民と身近な関係の中、資格を管理
(被保険者証の発行など)

国保運営方針に基づき、事業の効率化・標準化・広域化を推進

保険税の決定
賦課・徴収

宮城県が算定した標準保険税率などを参考に国民健康保険税率を決定

国民健康保険税の賦課・徴収

市町村ごとの標準保険税率を算定・公表

保険給付

保険給付の決定・支給

保険給付に必要な費用を全額、市町村に対して支払い

市町村が行った保険給付の点検

保健事業

加入者の特性に応じたきめ細かい保健事業の実施

市町村に対し、必要な助言・支援

変わること

国保の資格の取得・喪失は都道府県単位になりました

同一都道府県内で他市町村へ住所が変わった場合でも、国保の資格の取得・喪失は生じません。他の都道府県へ住所が変わった場合には、国保の資格の取得・喪失が生じます。
ただし、被保険者証(保険証)はこれまでどおり市町村ごとに交付されるため、市町村へ転入・転出の届け出をお願いします。

保険証などの様式が変わります

都道府県も国保の保険者となるため、被保険者証(保険証)などの様式が変わります。被保険者証(保険証)は平成30年9月末、高齢受給者証は平成30年7月末に新しい様式でお送りします。
なお、現在使用中の被保険者証(保険証)などは、有効期限まで引き続き使用できます。

高額療養費の多数回該当の該当回数が都道府県単位で通算され、負担が軽減されます

医療費には自己負担限度額が設けられており、これを超える高額な負担になった場合、申請して認められれば、限度額を超えた分が高額療養費として、後から支給されます。さらに、過去12カ月以内のうちで高額療養費に4回以上該当した場合には、限度額が引き下げられます。これを「多数回該当」といいます。
これまで市町村をまたいで転居した場合、国保の資格喪失となるため高額療養費の該当回数は通算できませんでした。しかし、平成30年4月以降は、都道府県内の市町村国保であれば、住所異動による資格喪失とならないため、該当回数が通算できるようになります。

多数回該当の通算

 

変わらないこと

国民健康保険のしくみが変わっても、身近な窓口はこれまでどおり市町村です。

  • 医療の受け方は変わりません。
  • 国民健康保険税も、これまでどおり、お住まいの市町村に納めます。
  • 各種申請や届け出なども、これまでどおり、お住まいの市町村の窓口で行います。
  • 現在お持ちの被保険者証の切り替えなどの新たな手続きはありません。
  • 特定健康診査などの保健事業も変わりません。

加入者の皆さんにとっては、これまでと変わらないでおじゃる!

資料

関連リンク

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページをシェアする <外部リンク>