ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 健康福祉部 > 健康推進課 > 塩竈市食生活改善推進員会

塩竈市食生活改善推進員会

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

塩竈市食生活改善推進員会(愛称:ヘルスメイト塩竈)

知事褒章をいただきました
知事褒章を頂きました

食生活改善推進員(ヘルスメイト)とは

「私たちの健康は私たちの手で!」を合い言葉に、健康の基本である食生活の改善を主なテーマとして活動しているボランティア団体です。

塩竈市食生活改善推進員会は昭和60年に発足し、30年を超えて活動しています。「健康しおがま21プラン」や「塩竈市食育推進計画(おいしおがま推進プラン)」とともに、市民の健康づくりや食育推進の担い手として活動の輪を広げています。

主な活動

家族や地域の皆さんの健康を願い、食に関する啓発や普及のための講習会を開催したり、各種イベントへの協力や会場での試食、展示など、健康づくりの案内役として活動を続けています。

写真左)【しおがま市民まつり・ジャンボ鉄火巻き】写真右)【骨密度検診会場での試食提供風景】

しおがま市民まつり骨密度検診会場での試食提供

食生活改善推進員になるには

毎年保健センターで開催している「健康を考える栄養教室」を受講し修了することが条件になります。

栄養教室では、食改の皆さんと交流をとおして活動の様子を知ることが出来ます。

この写真は食改が普及している「ひじきの煮物を、5種類にアレンジするアイディア」の紹介です。

ひじきの煮物を使って

このページをシェアする <外部リンク>