ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 健康福祉部 > 健康推進課 > 「適塩のコツ」ご紹介!

「適塩のコツ」ご紹介!

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

始めよう!適塩習慣

 生活習慣病の1つでもある「高血圧」を予防するためには、「適塩」の習慣を身につけることが大切です。

 今回は、みなさんが「適塩習慣」に一歩でも近づくことができるよう、調味料の使い方のポイントについてご紹介いたします。

適塩ポイント:とりあえず 何にでもしょうゆをかけないこと!

まずはそのまま食べてみる!

 食べる前からしょうゆやソースをかけてしまうのではなく、まずはそのまま食べてみて、足りないときには少しずつ足すようにしましょう。

適塩ポイントの画像1

 また、お弁当についてくるしょうゆやソースも、最初からすべてかけてしまうのではなく、加減しながら少しずつ使うことで、過剰な塩分摂取を防ぐことができます。

適塩ポイントの画像2

 食べ終わったとき、お弁当箱やお皿の底にしょうゆやソースが溜まっている場合は、「使いすぎ」の傾向です!

食卓に調味料を置かない!

 しょうゆやソースが食卓に置いてあると、ついつい手が出てしまいます。
 しょうゆやソースをすぐに手が届かない場所(台所など)に置くことも適塩習慣への第一歩です。

 今回は、適塩習慣に向けてのポイントをご紹介しました。

 日ごろからの小さな積み重ねが、適塩習慣につながります。無理なくできることから始めてみましょう!!

このページをシェアする <外部リンク>