ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 総務部 > 危機管理課 > 津波避難マップ

津波避難マップ

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

津波避難マップをご活用ください

東日本大震災の津波被害、浸水区域などを踏まえ、津波が発生した場合に避難を要する津波避難エリアや、避難に適した場所、避難所などを示した「津波避難マップ」を作成いたしました。自宅、職場などにおける適切な避難場所の確認などにご活用いただきますようお願いいたします。
A1サイズに印刷したものを広報しおがま2017年6月号と併せて配布させていただいております。

本市では、令和4年5月10日に宮城県が津波浸水想定の設定公表を行ったことを受け、令和4年度中に津波避難計画やハザードマップ等の見直しを行います。

津波避難マップ[PDFファイル/4.0MB]

宮城県津波浸水想定の設定公表について

宮城県では、「津波防災地域づくりに関する法律(平成23年12月27日施行)」に基づき、外部の専門家や学識者から構成する検討会を設置し、助言・指導を受けながら津波浸水想定の検討を進めてきました。

津波浸水想定については、法の理念である「なんとしても人命を守る」という考えのもと、最大クラスの津波が悪条件下で発生した場合に想定される浸水の区域および水深を宮城県が設定したものです。

【悪条件とは】
(1)地震発生とともに地盤が沈下(地震モデルによる地盤沈下量を考慮)
(2)津波発生時の潮位が満潮(朔望平均満潮位)
(3)津波が越流すると防潮堤が破壊される(防潮堤を津波が越えた場合即時に破壊する)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページをシェアする <外部リンク>