ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 市民安全課 > 住民票・戸籍に関する証明書が必要なとき

住民票・戸籍に関する証明書が必要なとき

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

窓口での本人確認

証明書発行の際、不正防止のため、窓口に来た方の本人確認を行います。

戸籍証明書:以下の1の本人確認書類から1点または、2の本人確認書類から2点をご提示願います。
住民票:以下の1.・2.の内1点をご提示願います。

1.顔写真付きの公的な身分証明書 運転免許証・マイナンバーカード
住民基本台帳カード・身体障害者手帳・パスポート等
2.顔写真の付いていないもの 健康保険証・介護保険証・年金手帳
年金証書・学生証等

※有効期限内のものに限ります。

お手続きの内容によっては、コピーを取らせていただく場合もございます。

請求することができる方

戸籍証明書

(身分証明書・受理証明書を除く)

  1. 戸籍に記載されている本人・配偶者・父母・祖父母・子・孫・その他直系血族の方
  2. 自己の権利の行使または義務の履行のために必要な方(例:亡くなった兄弟姉妹の相続人となった方が、兄弟姉妹の戸籍謄本を請求する場合等)
  3. 国または地方公共団体の機関に提出する必要がある方
  4. その他戸籍に記載された事項を利用する正当な理由がある方(例:成年後見人であった者が、死亡した成年被後見人の遺品を相続人である遺族に渡すため、成年被後見人の戸籍謄本を請求する場合等)
身分証明書
(戸籍証明書)

 本人のみ

受理証明書(戸籍証明書)

 該当証明書に関する届出人本人のみ

住民票

 本人もしくは同一世帯員のみ

印鑑登録証証明書

 本人または代理人で、印鑑登録証をお持ちいただいた方のみ。

ご注意ください。

上記(A)の方が請求するときは、請求された戸籍に請求者の名前が載っていない場合、直系親族であることを証明できる資料(戸籍謄本等)の提出を求める場合があります。
上記(B)(C)(D)の方が請求するときは、使用目的を詳しくお聞きしたり、請求事由を示す書類の提示などをお願いする場合があります。
印鑑登録証を提示していただかなかった場合、証明書をご用意することができません。紛失等の場合、印鑑登録をし直していただく必要がございます。
請求できる方以外の方が来庁する場合は委任状が必要となります。また、請求理由を詳しく記載していただいたり、請求理由を示す書類を提出していただく場合があります。
申請書に押印いただきますので認印の用意をお願いいたします。
詳しくは窓口係にお問い合わせください。

手数料

各証明書の交付手数料は下表のとおりとなります。

戸籍 戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)
戸籍抄本(戸籍一部事項証明書)
1通あたり450円
除籍謄本・抄本
改正原戸籍謄本・抄本
1通あたり750円
戸籍附票
改正原戸籍附票
1通あたり200円
身分証明書 1通あたり200円
受理証明書 1通あたり350円
住民票 住民票の写し(住民票謄本・抄本)  
  4人まで 1通あたり200円
5から8名まで 1通あたり400円
以降4名増す毎 200円加算
住民票記載事項証明 1通あたり200円
住民票除票 1通あたり200円
印鑑登録証明書 1通あたり200円

マイナンバーカードを利用してコンビニエンスストアで証明書を取得する場合にのみ住民票についての料金加算が無く一律1通あたり200円となります。
戸籍附票について、平成14年3月2日以前の住所履歴が必要な場合等、複数の証明書が必要となることがあります。

関連のリンク

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページをシェアする <外部リンク>