ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 市民安全課 > 塩竈市地域防災計画

塩竈市地域防災計画

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

新着情報

  • 平成26年9月29日「資料編」を追加いたしました。
  • 平成26年9月10日「第1編地震災害対策編」および「第3編風水害等災害対策編」を更新しました。
  • 平成26年9月4日塩竈市地域防災計画を掲示しました。

塩竈市地域防災計画とは

塩竈市地域防災計画は、災害対策基本法(昭和36年法律第223号)第42条の規定に基づき、塩竈市防災会議が市域の災害対策全般に関して、塩竈市が処理すべき事務または業務を定める計画です。

目的と内容

塩竈市地域防災計画では、災害による市民の生命、身体および財産への被害を可能な限り軽減することを目的とし、災害を防ぐために平常時から行う予防対策や、災害発生時の応急対策、さらには復旧・復興期において実施すべき対応などを定めています。

構成

塩竈市地域防災計画は、地震、津波、風水害等および原子力災害の4編から構成されています。

基本理念

塩竈市地域防災計画の基本理念を、次のように定めています。

防災計画

『自らの命、安全・財産を自ら守る「自助」、地域の安全等を自分たちで守る「共助」、そして行政等が行う「公助」を基本とし、それぞれの責務・役割そして連携を明確にしながら、誰もが安全で安心な生活がいつまでも送れる地域社会の構築を基本理念とする。』

第1編地震災害対策編[PDFファイル/5.8MB]

市民生活の各分野にわたり重大な影響を及ぼす恐れのある地震災害に対処するため、市域での地震災害に係る災害予防対策、災害応急対策、災害復旧・復興対策に関し、市・県・指定地方行政機関・指定公共機関・指定地方公共機関等が処理すべき事務または業務の大綱を定めています。

  • 第1章総則(はじめに)
  • 第2章災害予防対策(いつか必ず起こる災害に備えるために)
  • 第3章災害応急対策(災害発生時の被害を最小限におさえるために)
  • 第4章災害復旧・復興対策(被災者等の生活再建のための支援)

第2編津波災害対策編[PDFファイル/7.0MB]

津波災害対策において特有な施策について、市域での災害予防対策、災害応急対策、災害復旧・復興対策に関し、市・県・指定地方行政機関・指定公共機関・指定地方公共機関等が処理すべき事務または業務の大綱を定めています。

  • 第1章総則(はじめに)
  • 第2章災害予防対策(いつか必ず起こる災害に備えるために)
  • 第3章災害応急対策(災害発生時の被害を最小限におさえるために)
  • 第4章災害復旧・復興対策(被災者等の生活再建のための支援)

第3編風水害等災害対策編[PDFファイル/5.7MB]

暴風、豪雨、高潮、地滑りなど、風水害等対策において特有な施策について、市域での災害予防対策、災害応急対策、災害復旧・復興対策に関し、市・県・指定地方行政機関・指定公共機関・指定地方公共機関等が処理すべき事務または業務の大綱を定めています。

  • 第1章総則(はじめに)
  • 第2章災害予防対策(いつか必ず起こる災害に備えるために)
  • 第3章災害応急対策(災害発生時の被害を最小限におさえるために)
  • 第4章災害復旧・復興対策(被災者等の生活再建のための支援)

第4編原子力災害対策編[PDFファイル/2.4MB]

原子力発電所に事故が発生した場合には広域に影響がおよび可能性があるという認識に立ち、原子力災害が発生した際の放射性物質の影響に対する市がとるべき措置を定め、総合的かつ計画的な原子力防災事務または業務の遂行によって市民の生命、身体および財産を原子力災害から保護することを目的としています。

  • 第1章総則(はじめに)
  • 第2章災害事前対策計画(原子力災害に備えるために)
  • 第3章緊急事態応急対策計画(原子力災害発生時の被害を最小限におさえるために)
  • 第4章災害復旧・復興対策(被災者等の生活再建のための支援)

資料編[PDFファイル/33MB]

  • 第1編地震災害対策資料編
  • 第2編津波災害対策資料編
  • 第3編風水害等災害対策資料編

関連リンク

平成26年9月10日「第1編地震災害対策編」および「第3編風水害等災害対策編」を更新しました。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページをシェアする <外部リンク>