ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 税務課 > 平成31年度から適用される配偶者控除・配偶者特別控除の見直しについて

平成31年度から適用される配偶者控除・配偶者特別控除の見直しについて

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

配偶者控除と配偶者特別控除の適用要件や控除額について、平成31年度(平成30年分所得)から改正となります。

改正の概要

  1. 配偶者特別控除の対象者について、配偶者の合計所得金額の上限額が76万円未満(給与収入141万円未満)から123万円以下
    (給与収入201万円以下)に拡大されます。
  2. 納税義務者の合計所得金額が1,000万円(給与収入1,220万円)を超える場合には、配偶者控除の適用を受けられなくなります。
  3. 納税義務者の合計所得金額により、配偶者控除・配偶者特別控除とも、控除額が細分化されます。

平成31年度(平成30年分所得)以降の市・県民税の控除額(単位:円)平成31年度(平成30年分所得)以降の市・県民税の控除額(単位:円)の画像

例:制度改正前と改正後のイメージ[その他のファイル/1.6MB]

※市・県民税と所得税では控除額が異なります。所得税については下記の国税庁ホームページで確認できます。

国税庁(外部サイトへリンク)<外部リンク>

このページをシェアする <外部リンク>