ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 財政課 > 禁煙(注意の仕方・言葉遣い)について(令和元年度)

禁煙(注意の仕方・言葉遣い)について(令和元年度)

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

ご意見

吸いかけのタバコを正面玄関入口に捨てるところがあるのかと思っていたら、掃除をしていた人に大声で注意されました。
自分の不注意かもしれませんが、正面入り口付近に注意喚起の看板も見当たりませんでした。いかにも悪人を注意するような物の言い方でした。
市役所は公の場所です。目立つ禁煙の看板と優しい注意の仕方があると思います。[令和元年8月投書箱]

財政課より

このたびは職員の言葉使いや注意の仕方等により不快な気分にさせてしまい、誠に申し訳ございませんでした。

市役所敷地内の全面禁煙につきましては、健康増進法の改正に伴い令和元年7月1日より実施しております。まだ実施から日が浅く、来庁者への周知期間も十分ではない中、今回の職員の言動は大変配慮を欠く内容であったと認識しております。今後、このような対応がないよう職員への指導を徹底してまいります。

また、全面禁煙を周知するポスターにつきましては、正面玄関を含め複数個所に掲示しておりますが、初めて来庁者される方でも一目で確認できるよう、設置場所や掲示内容等を再度検討してまいりますので、ご理解の程お願い申し上げます。[令和元年9月]

上記の内容は2019年9月9日時点のものです。

このページをシェアする <外部リンク>