ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > 子育て支援について

子育て支援について

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月17日更新

本文

(ご意見)短時間保育について

子育て支援センターについて提案させていただきたいと思い、メールしました。私は週に2日程度、仕事をしています。仕事のある日は近所の保育所に預けています。その保育所では仕事が理由ではなくても預かってくれる一時保育もあり、大変助かっています。ただ、30分~1時間程度で済む用事などの時は、保育所にわざわざ預けていません。子育て支援センターで短時間預かるということはできないのでしょうか?他の自治体で、ボランティアのお年寄りや、お母さん達に協力してもらって子供を預かったりしている支援センターもあるようですが・・・。銀行に行ったり買い物したりすると、子供は飽きて泣いたりダダをこねたりと、何かと大変です。そのようなとき便利な場所にあるセンターで30分でもみてもらえたら、といつも思います。子供を預かるというのは、そんなに簡単にできることではないかもしれませんが、どうかご検討ください。宜しくお願いします。 [メール]

社会福祉事務所より

メールありがとうございます。また日頃より「一時保育」をご利用いただくとともに、本市の子育て支援事業に関してご提案をいただきまして、感謝申し上げます。

市では、平成17年度から、壱番館内に「しおがま子育て支援センター」を開設し、全市的な規模での子育て支援事業の企画運営や市民同士で子育ての援助活動を行うファミリー・サポート事業の事務局としての役割も兼ね備えた、子育て中の親子が気軽に交流できる場として広く開放してきました。現在、多くの親子連れの皆様にご利用いただいており、年間の来館者数も3,000人に近い状況となっております。さて、ご提案がありました「当支援センターでの短時間の一時預かりの実施」についてですが、ご趣旨は十分理解いたしました。しかし当支援センターは、現在もすでに多くの方が日頃訪れているとともに、基本的には誰でも自由に入れる開放されたスペースとして位置づけられているため、こうした場所に市が責任をもって、安全にお子さんをお預かりすることは難しいものと考えております。

さらに、ご承知のとおり、当支援センターは大変狭いため、中に別室の専用スペースを設けてお子さんを預かるというのも困難な状況にありますが、短時間でのお子さんの預かりとしては、先に述べましたファミリー・サポート事業を利用していただくことにより可能となりますので、担当事務局(363-3631)まで気軽にご連絡いただきたいと思います。今後とも子育て中のお母さんたちや市民の皆様と一緒に子育て支援の輪を広げたいと考えておりますので、どうぞこれからもたくさんのご意見をお寄せください。 [平成19年2月]

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部子育て支援課
宮城県塩竈市本町1-1
電話番号:022-353-7797

このページをシェアする <外部リンク>