ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > マリンゲート塩釜の活性化について(令和元年度)

マリンゲート塩釜の活性化について(令和元年度)

印刷用ページを表示する 更新日:2019年10月21日更新

本文

ご意見

第三セクターのマリンゲート塩釜は活気がなく、さびしい限りです。3階の素晴らしい景色が空いているのでもったいないです。今、話題になっている「海保カレー」のお店にしてはどうでしょう[令和元年9月投書箱]

商工港湾課より

マリンゲート塩釜の活性化についてご意見いただきありがとうございます。
3階のレストラン跡地の入居については、震災後、飲食店が入居しましたが、短期間の入居となり、その後も当施設を運営している塩釜港開発株式会社で、飲食業を中心に誘致活動を行ってまいりました。しかしながら、その大きさから入居を希望する事業者もいない状況が続いていました。
3階の空きテナントについては、今般、現在のハローワーク塩竈の老朽化などにより、来年を目途にマリンゲートへの入居が決まったところです。
海保カレーは、塩竈の新たな名物としてPRしており、空きテナントへの誘致にも取り組んでいきたいと思います。
なお、現在整備中の北浜緑地など、来年度で塩釜港のベイエリアの整備が完了いたしますことから、塩竈らしい魅力ある空間づくりのためマリンゲートを中心にロケーションを活かした利活用を進めてまいります。[令和元年10月]

上記の内容は2019年10月21日時点のものです。

お問い合わせ

所属課室:産業環境部商工港湾課
宮城県塩竈市本町1-1(壱番館庁舎2階)
電話番号:022-364-1124

このページをシェアする <外部リンク>