ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > 予算案の概要

予算案の概要

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

これまで申し上げました市政運営の基本的な考え方に基づき、編成いたしました平成24年度予算の概要につきまして、申し上げます。

東日本大震災は、市民生活や産業基盤に甚大な被害をもたらし、本市の自主財源の大幅な減収、震災復旧・復興経費に係る一般財源の増大など、行財政運営にも多大な影響をもたらしております。

国は、被災自治体の状況を踏まえ、平成24年度の地方財政計画において、6,855億円の震災復興特別交付税を措置し、地方税などの減収分や復旧・復興事業の地方負担分の財政需要に対応することとしております。

本市におきましては、歳入の根幹をなす市税は、国の計画とは異なり、大幅な減収が見込まれております。この減収分は、普通交付税と震災復興特別交付税により、一定程度は確保される見込みでありますが、一方で、復旧・復興事業に多額の一般財源が必要となることから、本市の財政運営は、厳しい局面を迎えております。

これらの状況を踏まえ、本年度の予算編成におきましては、震災復興の早期実現と長期総合計画の実現という2つの目標を両輪として、復旧、復興事業と長期総合計画に基づく事業を最優先としております。震災復興と市民生活の安定、そして市民サービスの向上のための事業を計上した予算といたしました。

その財源確保としまして、普通建設事業の厳選や、これまで以上の経常経費の削減に努めてまいりました。さらに、地方債の積極的な活用により、財源を確保いたしましたが、なお、不足する財源については、財政調整基金を取り崩してまいりました。

各会計の予算額につきまして、一般会計は前年度予算額と比較し、85億9,000万円の増、44.2%増の280億1,000万円としております。なお、復旧・復興関連事業などの特殊要因を除きますと、前年度比3.5%減の緊縮予算としております。

特別会計につきましては、10会計の予算総額で、194億5,410万円、前年度に比較し、21.8%の増となっております。これは、下水道事業特別会計において、災害復旧事業費の計上により増となっていることや、国民健康保険事業や介護保険事業、後期高齢者医療事業特別会計で、給付費や拠出金の伸びにより増となっております。

また、水道事業と市立病院事業の企業会計の予算総額は、支出の合計で53億4,580万2千円となり、前年度から3.4%の減となっております。

水道事業会計につきましては、第6次配水管整備事業の縮小や老朽管更新事業の休止によりまして、8.0%の減となっており、また、病院事業会計につきましては、平成23年度の太陽光発電等施設整備事業の終了などにより、前年度と比較して0.2%の減となっております。

なお、病院会計につきましては、改革プランの最大の目標であります平成23年度の経常収支の黒字化が達成できる見通しとなっております。さらに、平成17年度末時点で最大24億円の不良債務につきましても、平成23年度末の見込みでは、約8,000万円まで改善しております。

このような推移の下、平成24年度の病院事業会計予算につきましては、経常収支の黒字基調の維持、そして不良債務の早期解消に向けた予算としており、今後とも安定的な病院経営の維持と市民の皆様から安心と信頼を得られる病院運営に尽力してまいります。

以下、本年度に行う事業につきまして、主なものを申し上げます。

まず、震災復旧・復興事業費では、

事業

予算額

災害廃棄物処理事業として

76億1,150万円

道路橋りょう災害復旧事業として

7億822万円

災害援護資金貸付金費として

1億5,000万円

宅地防災対策支援事業として

1億5,000万円

災害派遣職員関係費として

1億1,340万円

仮設住宅地域支え合い体制づくり事業として

4,372万円

集会所防災設備整備事業として

2,297万円

防災体制整備事業として

766万円

自主防災組織支援事業として

760万円

東日本大震災追悼式開催費として

380万円

公共下水道災害復旧費として

33億8,670万円

次に、第5次長期総合計画の実現に向けた事業といたしましては、重点戦略の「定住」のうち、「だれもが安心して暮らせるまち」の事業では、

事業

予算額

子宮頚がん等ワクチン接種事業として

5,263万円

妊婦健診事業として

3,487万円

待機児童ゼロ推進事業として

407万円

高齢者肺炎球菌ワクチン接種助成として

316万円

乳幼児医療費助成事業として

8,006万円

児童虐待・DV防止スーパービジョン事業として

250万円

NEWしおナビ100円バス運行事業として

829万円

仮設住宅交通支援事業として

2,010万円

保健センター医療救護活動拠点整備事業として

7,425万円

塩竈市浦戸いきいきふれあいサロン運営事業として

95万円

住環境整備事業として

300万円

公共下水道雨水施設整備事業として

3億9,480万円

公共下水道汚水施設整備事業として

2,910万円

第6次配水管整備事業として

3,400万円

次に、同じく「定住」のうち、「夢と誇りを創るまち」の事業では、

事業

予算額

小学校指導教員配置事業として

1,246万円

学力向上対策事業(サマースクール・ウインタースクール)として

40万円

中学校新学習指導要領武道備品整備事業として

270万円

小中学校特別支援教育支援員設置事業として

2,066万円

浦戸地区「特認校」通学費補助事業として

151万円

塩竈市学校給食運営プラン策定・推進事業として

11万円

スポーツ振興事業として

50万円

一流アスリート誘致先導事業として

100万円

次に、重点戦略の「交流」のうち、「海・港と歴史を活かすまち」の事業では、

事業

予算額

宮城県漁業協同組合預託金として

2億円

みなと産直イメージアップ事業として

50万円

水産加工業活性化支援事業として

490万円

地域ブランド及び水産物・水産加工品の販路回復事業として

355万円

塩釜水産物仲卸市場復興PR事業として

636万円

旅客ターミナル施設観光PR強化事業として

500万円

市内商店活性化促進事業(シャッターオープン・商人塾)として

342万円

中小企業振興資金等預託・信用保証料補給事業として

4億4,100万円

商工会議所商業活性化事業として

500万円

仙台・宮城DC参画事業として

229万円

次に、重点戦略の「連携」のうち、「夢と誇りを創るまち」の事業では、

事業

予算額

市民活動推進事業として

570万円

集会所整備等助成事業として

50万円

臨時災害放送局(FMラジオ)運営事業として

1,626万円

小中学校図書整備事業として

144万円

スクールガードリーダー配置事業として

33万円

えほんデビュー事業として

50万円

などを計上しております。

以上、平成24年度予算は、震災の影響を受け、厳しい状況下でありながらも、必要な事業を最大限に計上した予算といたしました。

しかし、本市の厳しい財政状況は、今後も続くことが予想されますことから、行財政改革を一層推進し、安定的で計画的な財政運営を再構築しながら、市民の皆様に本市の再生が一日も早く感じられますよう努めてまいります。

「おわりに」に続きます。

このページをシェアする <外部リンク>