ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > 平成24年3月

平成24年3月

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

市長あいさつ

3月の定例記者会見の開催が、議会などの関係で遅れてしましました。お詫び申し上げます。昨日、3月11日は追悼式を挙行いたしました。約850人の市民にご参加いただきました。私も式事を述べさせていただき、多くのご来賓の方々にも、追悼の言葉を頂戴しました。心に残ったのは、式典の間中、聞こえる被災者のすすり泣きでした。震災で家族を亡くされた方にとって、1年は短いのだと改めて感じました。

復興元年と言うのであれば、被災者の思いを受け止め、原点にかえって、しっかりがんばっていかなければなりません。本日の8時30分から開かれた災害対策本部会議でも職員に対し、ご遺族の方々、被災者の方々の思いを原点にかえって受け止めるよう、話したところです。ややもすると、国が、県がと言いがちですが、市が何をするか、ということを、職員一人一人の心の中に持ったうえで復興という大変な事業を推進していってもらいたい、と話しました。

説明項目

財政課

「震災復興推進局」の新設について

観光交流課

しおがまイケ麺オリンピック

観光交流課

観光物産案内所のリニューアルオープンについて

浦戸振興課

浦戸で復興凧揚げ

定住促進課

塩竈市災害公営住宅用地測量・土質調査着手式

生涯学習課

学びCafe~好きを仕事に~

生涯学習センター

長井勝一漫画美術館主催事業江戸川乱歩×丸尾末広の世界パノラマ島綺譚

-資料提供項目-

健康推進課

メンタルヘルス講演会~笑いのエクササイズラフターヨガを体験しよう

 「震災復興推進局」の新設について

[財政課(内線296・364-1111)](1P)

現在、「震災復興推進室」で、復興・復旧に取り組んでまいりました。まだまだ行政の分野が遅れているので、4月1日から「震災復興推進局」を立ち上げます。「震災復興推進局」は「部」相当の組織であり、中に「復興推進課」を設け、係を4つ設置します。
そのうち、総務係は復興事業の企画調整、広報や事業にかかる国庫補助申請などを行います。

都市基盤復興係は、今一番の課題としてある高台移転や土地区画整理などを担当します。
住宅基盤復興係では、一時も早く住環境を整えるよう、作業のスピードを上げていく課題に対し、UR都市機構を活用しながら公営住宅の建設にすでに動きだしています。現在、災害査定を受けているところです。半壊以上で家を取り壊した場合にも、災害公営住宅に入れるようになりましたので、350戸くらいの住家を建設するよう提案していきます。
産業基盤復興係は、被災地の喫緊の課題である産業の活性化に取り組みます。港湾の復旧・強化をはかってまいります。
復興推進を、総合的・複合的に、他市からの支援や任期付き職員なども含め、29人程度の組織で取り組んでまいります。

記者の皆さまからのご質問

Q.場所は、市役所のどこになるのでしょうか。

A.庁舎の後ろにプレハブを建てて対応します。

Q.人事の発表はいつになりますか?

A.一週間前に内示する、というルールがありますので、23日に夕方くらいに内示になります。

 しおがまイケ麺オリンピック

[観光交流課(364-1165)](2P)

塩竈は「おいしさと笑顔がつどうみなとまち」で、以前から、お寿司など水産関係の食べ物が有名でしたが、最近ではスイーツなども取り上げられるようになりました。しかし、実はめん類のお店も多い、ということで今回めん類を取り上げました。次は、他の食材とのコラボなども考えています。

3月12日~19日(月曜日)の8日間、参加いただいた市内18店舗のラーメン屋さんをそれぞれ食べ歩いていただき、スタンプラリーでスタンプを2個もらった人は抽選で賞品がもらえます。賞品はオリンピックにちなんで金・銀・銅とあります。参加店で使える商品券ですので、ぜひ多くの方にご参加いただきたいと思います。

 観光物産案内所のリニューアルオープンについて

[観光交流課(364-1165)](3P)

東日本大震災で本塩釜駅が壊滅的な被害にあい、なかなかリニューアルできずにいた「塩竈観光案内所」ですが、駅から出て「塩竈観光物産案内所」としてリニューアルオープンすることになりました。
3月17日(土曜日)には、オープニングセレモニーが行われます。地酒のふるまいや復興袋の販売が行われますので、ぜひおいでください。

記者の皆さまからのご質問

Q.観光客数の推移はどうなっていますか?

A.震災前の観光客数が年間230万人くらいだったのが、去年は133万人で57%程度にとどまっていました。昨年の暮れあたりから、大型バスでの観光が戻ってきましたので、現在は60%くらいに回復しています。

Q.今、駅前に仮設の建物に入っている案内所が商店街に移るということですか?

A.そうです。平日は2人、土日や繁忙期は3人のスタッフが常駐します。オープニングでは、藻塩の重さあてクイズなどもやっております。こちらも豪華賞品のプレゼントがありますので、ぜひご参加ください。

 浦戸で復興凧揚げ

[浦戸振興課(369-2240)](4P)

先週の土曜日も、浦戸で「水仙サミット」が開催され、100人近くの方にご参加いただきました。今回は「復興凧揚げ」ということで、多くの方に島を訪れていただき、島の方々を激励していただければと思います。3月17日(土曜日)です。午前8時30分にマリンゲートに集合し、9時発の市営汽船で野々島のブルーセンターに向います。午前中はブルーセンターで凧作りを行い、昼食をとって、午後から渡船で桂島に渡り、凧揚げを行います。桂島から、午後2時39分発の市営汽船で戻ってくる予定です。

 塩竈市災害公営住宅用地測量・土質調査着手式

[定住促進課(364-1126)](5P)

UR都市機構に受注いただいた災害公営住宅について、測量のための杭打ちを行います。3月21日(水曜日)午前9時からセレモニーを行います。これをきっかけに、できるだけ早い工事の着工をお願いしたいと思います。

 学びCafe~好きを仕事に~

[生涯学習課(362-2556)](6P)

市内に新しい風を吹き込む商店があります。おしゃれなチョコレート店と、マカロンが人気のお店です。このお店の方をお招きして、3月17日(土曜日)10時から「学びCafe」を開催します。参加費500円で、定員は30人です。まちの活性化に結びつくものと期待しています。
この企画は、生涯学習推進事業として計画されたものです。生涯学習推進事業は、これまで、60代以上の団塊の世代を対象とした事業を行ってきましたが、30・40代が、あまり生涯学習に取り組んでいない、とのデータから、昨年からその世代に向けた事業を行っています。話し手は、藻塩をご縁にスイーツを作っているかたがたです。この機会に、「仕事」について考え、自分の仕事を好きになっていただければと思います。

 長井勝一漫画美術館主催事業江戸川乱歩×丸尾末広の世界パノラマ島綺譚

[生涯学習センター(362-1023)](7P)

市制70周年記念事業です。3月17日(土曜日)午後2時からエスプホールでトークショーがありますので、おいでください。
また、今年の10月、東日本大震災で多くの支援をいただいた三重県名張市の申し出があり、遊ホールで狂言を開催することになりました。名張市は乱歩生誕の地であることから、乱歩作品を狂言にして上演しています。塩竈でも乱歩の狂言を上演するきっかけとなるイベントと考えられます。

 メンタルヘルス講演会~笑いのエクササイズラフターヨガを体験しよう~

[健康推進課(364-4786)](8P)

笑い・笑顔を切り口に、健康を考えます。笑いをとおしたエクササイズで、自分から笑って、呼吸法なども取り入れてストレスを解消するものです。

  1. 3月の日程[市民総務部政策課(内線251)]
  2. 窓口取扱時間延長・土日開庁のお知らせ[市民総務部市民安全課(内線207)]
  3. メンタルヘルス講演会~笑いのエクササイズラフターヨガを体験しょう[健康福祉部健康推進課(364-4786)]
  • 本の杜・プクちゃんつうしん・しおかぜ定住促進課[教青委員会教育部市民交流センター(365-4343)]
  • WAY・KID'S[教育委員会教育部生涯学習センター(367-2010)]
このページをシェアする <外部リンク>