ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > 平成23年7月

平成23年7月

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

平成23年7月定例記者会見

市長あいさつ

7月になり、今月から電気の使用制限が始まりました。市内の企業の方々にも、しっかりと取り組んでいただきたいところです。
先週の日曜日には、慰霊祭を開催いたしました。ご遺族や一般の方など、約520人に参加いただきました。昨日が震災から111日め、今日が112日めとなります。もっと震災復興の具体的な道筋を示さなければと思いますが、国の復興計画、県の復興計画の第一次案などは高台への移転を強く打ち出されています。しかし、その財源はどうなるのか、土地の買い上げなど、一番気がかりなところが明らかにされておりません。

7月5日に第2回塩竈市震災復興計画検討委員会が行われますが、そういう疑問が多く出されるかと思います。かつてだれもが経験したことのない震災です。国・県・市町村が一体となって同じ方向に向かっていかなければなりません。
我々は地域住民にとって一番身近な存在として認知されています。災害対策本部会議でも、常に市民の目線で仕事を行うよう言っていますが、限定的な部分でしかできない市町村の立場があります。例えば、高速道路無料化のための被災証明書の発行申請に、毎日500人近い方々が市役所を訪れます。もちろん、大切に対応しておりますが、その事務に謀殺され、本来急がなくてはならないことが遅れてしまうことがあります。国は切実な問題と、余裕が出てから行う問題とのメリハリをつけてほしいと希望します。

説明項目

説明項目の資料[PDFファイル/5.0MB]

政策課

「第5次塩竈市長期総合計画」市民版について

財政課・環境課

節電対策の強化について

市民安全課

塩竈市の放射線測定について

市民安全課

全国瞬時警報システムの運用を開始します!

商工港湾課

「り災商店再生支援事業」を始めます

商工港湾課

塩竈市仮設店舖等整備事業について

観光交流課

第64回塩竃みなと祭

観光交流課

OH~エン!すまいる情報発信、第1弾塩竃みなと祭ウィーク

商工港湾課

新卒者・障害者就職拡大企業訪問

生涯学習課

夏休みに保育体験しませんか

生涯学習課

塩竈市・兵庫県高砂市との文化スポーツ交流事業について

生涯学習課

塩釜ガス体育館省エネ改修事業について

生涯学習センター

よみがえれ!「子どもの笑顔・元気展」

 「第5次長期総合計画」市民版について

[政策課(内線295)](1P)[PDFファイル/5.0MB]

「第5次長期総合計画」は、平成23年4月1日からスタートしております。今回、市民向けにダイジェスト版をつくり、全戸配布いたしました。都市像を市民の皆さまに身近に感じていただくために、車用のステッカーもつくりました。

 節電対策の強化について

[財政課(内線237)、環境課(365-3377)](2P・3P・4P)[PDFファイル/5.0MB]

6月1日の大臣通知では、本市で電気の使用制限対象となるのは壱番館だけですが、他の対象外の施設も、積極的に節電に取り組んでまいります。
また、市民の方々にもチラシを配って注意を呼びかけております。この時期の消費電力で大きいのはエアコンと冷蔵庫で、合わせると全体の4分の3になります。チラシには節電方法なども書いてありますので、地域ぐるみで節電に取り組んでいただくよう、ご理解をいただきたいと思います。

 塩竈市の放射線測定について

[市民安全課(内線245)](5P・6P)[PDFファイル/5.0MB]

7月1日から当分の間、市内の小・中学校、保育所、保育園、幼稚園で放射線の測定を行います。各地は1週間に1回程度の測定になりますが、各地区から1ヵ所、週6日測定します。市役所は毎日測定します。この結果を公表し、市民の不安を解消します。

 全国瞬時警報システムの運用を開始します!

[市民安全課(内線245)](7P)[PDFファイル/5.0MB]

かなり前から導入していたのですが、システムの整備が遅れており、ようやく運用開始となりました。国民保護関係情報や緊急地震速報、大津波警報などが自動放送されます。24時間対応しているので、職員がいないときでも放送されます。防災に大きく貢献するものです。

記者の皆さまからのご質問

Q.防災無線は、浦戸地区はまだ津波で壊れたままだったと思いますが、このシステムは使えるのでしょうか

A.市内4カ所、浦戸5ヵ所の無線が津波で被災し聞こえづらい状態ですが、デジタル化に伴い、予算が認められたので一緒に改修する予定です。

 り災商店再生支援事業」を始めます

[商工港湾課(364-1124)](8P)[PDFファイル/5.0MB]

今回の震災で、一般市民には手厚い保護がなされていますが、商店主は、低金利の貸付くらいで何も支援制度がない、とよく言われます。県や東北、全国の市長会で商店主への手当てを求める声明を出していますが、なかなか進みません。そこで、市独自で始めることにいたしました。再び店をあけてほしい、との思いから支援金を支給します。6月の定例会では8千万円弱の予算が認められました。地方都市としてできる小さな支援ですが、再興の一助になれば幸いです。

 塩竈市仮設店舗等整備事業について

[商工港湾課(364-1124)](9P)[PDFファイル/5.0MB]

被害にあわれ再興の見通しがたたない方に、中小企業基盤整備機構の制度を活用し、一刻も早く再興していただきたく、仮設店舗を設置いたします。仮設店舗をみなと広場と本町くるくる広場、仮設工場を水産加工団地と浦戸に建設計画中です。6月15日から、会議所ニュースと市のホームページで公募を開始します。

記者の皆さまからのご質問

Q.仮設の工場は、市外の事業者も対象となりますか

A.加工場であることから、仕様の検討にあったっては事前に市内の事業者と協議して進めており、市外の事業者までの公募という形にはなりません。

Q.仮設店舗の建物の構造はどのようになりますか

A.みなと広場は10区画、2棟の平屋の建物が向い合わせに建つ予定です。くるくる広場は検討中ですが、4区画を2階建てのプレハブの予定です。

 第64回塩竈みなと祭

[観光交流課(364-1165)](8P)[PDFファイル/5.0MB]

第64回塩竈みなと祭が、今年も7月18日の「海の日」に開催されます。前夜祭の花火大会・ひかりピアは、観客席の足場が悪く、安全が確保できないため断念いたしました。本祭も時間などが例年と変わっていますが、復興の旗印として、盛り上げてまいりたいと存じます。
山形県の村山市からは100人ほどが応援に来てくれる予定です。企業からもボランティアの申し出があり、多くの方のご支援をいただいております。

 Oh~エン!すまいる情報発信、第1弾塩竈みなと祭ウィ~ク

[観光交流課(364-1165)](11P)[PDFファイル/5.0MB]

イベントなど、さまざまな情報を掲載したチラシを作成いたしました。第1弾は「塩竈みなと祭ウィ~ク」として、7月9日(土曜日)から18日(月・祝)までの情報を掲載しております。「しおがま門前町商店街(おもてなし会)」や、「みやぎ寿司海道塩竈寿司めぐり」など、皆さまに楽しんでいただける情報が掲載されております。

 新卒者及び障害者の雇用拡大に係る企業訪問について

[商工港湾課(364-1124)]「第5次塩縮市長期給合計画」市民版について[PDFファイル/5.0MB]

市長・市議会議長・ハローワーク塩釜所長で地元の企業を訪問し、二市三町の地元高校生の新規卒業者の雇用拡大についてお願いしております。毎年行っているものですが、今年は特に東日本大震災により雇用情勢に深刻な影響があるため、13社を訪問し、一人でも多くの雇用をお願いしてまいります。併せて、障害者についても各種支援制度を紹介しながらお願いしてまいります。

記者の皆さまからのご質問

Q.新卒者の雇用情勢について、現状はどうなっていますか

A.6月初旬の数字ですが、昨年と比べて15%くらい求人が減少しています。その後回復して昨年並みになったとのことです。企業訪問は毎年行っておりますが、今年は特に震災復興もあり、企業にお願いします。

 夏休みに保育体験しませんか?

[生涯学習課(362-2556)](11P)[PDFファイル/5.0MB]

市内在住・在学の中学生と高校生を対象に、保育体験を行います。赤ちゃんをだっこし、父親の話を聞くことで、自分がここにあることの意味を感じ、保育の大切さを体感してもらいます。

 塩竈市・兵庫県高砂市との文化スポーツ交流事業について

[生涯学習課(362-2556)](13P)[PDFファイル/5.0MB]

塩竈市と兵庫県高砂市とは、塩竈市鹽竈神社境外末社「御釜神社の塩竈」・兵庫県高砂市「生石(おうしこ)神社石の宝殿」・宮崎県「霧島東神社天の逆鉾」の日本三奇となっている共通点があること、古くから塩づくりが盛んな地で知られていること、震災復旧支援で宮城県を訪れた高砂市職員が塩竈市に宿泊していたこと、などの縁で、今回の交流事業が提案されました。期間は8月7日(日曜日)~10日(水曜日)で、塩竈市と高砂市のスポーツ少年団員による親善野球試合や、生石神社見学、ホームステイによる交流などが計画されています。

 塩釜ガス体育館省エネ改修事業について

[生涯学習課(362-2556)](14P)[PDFファイル/5.0MB]

塩釜ガス体育館の省エネ改修事業は、東日本大震災により工期を延期しておりましたが、6月に設置が終了しました。
屋上に太陽光パネルを53枚設置し、トレーニング室などの照明をLED照明に変えました。このことで、1年間で7.7%の電気量削減効果があります。

 よみがえれ!「子どもの絵顔・元気展」

[生涯学習センター(367-2010)](15P)[PDFファイル/5.0MB]

6月22日(水曜日)~7月10日(日曜日)の期間、ふれあいエスプ塩竈のアートギャラリーで絵本作家の方々の原画展を行います。出展した作品は、後日オークションを行い、震災復興のための支援金とさせていただきます。同時に、エスプホールで7月5日(火曜日)~7月10日(日曜日)の期間で「絵本カーニバル」を開催します。カーニバル期間中は、トークやお話し会などのイベントも随時開催されます。

  1. 7月の日程[市民総務部政策課(内線251)]
  2. 奉納塩竈神楽『釜社宵まつり』[産業環境部商工港湾課(364-1124)]
  3. 平成23年度塩竈市生涯学習センター要覧[教育委員会教育部生涯学習センター(367-2010)]
  4. "塩竃夢ミュージカル"出演者等募集[教育委員会教育部市民交流センター(365-5000)]
  5. 東日本「復興」祈念イベント「世界から塩竈こ」[教育委員会教育部市民交流センター(365-5000)]
  6. 東日本大震災復興祈念ライブJimButlerJAZZNIGHTINSHIOGAMA[教育委員会教育部市民交流センター(365-5000)]
  • しおかぜ・プクちゃんつうしん・本の杜・話題の本棚[教育委員会教育部市民交流センター(365-4343)]
  • WAY・KID'S[教育委員会教育部生涯学習センター(367-2010)]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページをシェアする <外部リンク>