ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > 平成23年6月

平成23年6月

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

平成23年6月定例記者会見

市長あいさつ

3月の記者会見以来、久しぶりに開催します。長い期間空いてしまったことをお詫びいたします。復旧が厳しい中、そちらに時間を割かれて記者会見が二の次になりましたこと、お詫び申し上げます。
6月1日付けで組織変更と人事異動を行いました。平成23年4月から長期総合計画がスタートしております。長期総合計画と震災復興がかみ合った組織で、本市の復旧の促進を図ります。
環境が厳しい中、国においても自治体の立場を理解し、的確な支援をいただきたい。記者クラブの皆さまにも、様々な視点からご意見・ご指導をいただきたいと思います。

説明項目

説明項目の資料[PDFファイル/3.0MB]

総務課

東日本大震災塩竈市慰霊祭について

震災復興推進室

塩竈市震災復興計画について

商工港湾課

まちの復興に一役。「シャッターオープン・プラス事業」募集を再開!

商工港湾課

重点分野雇用創造事業(震災対応事業)について

商工港湾課

被災者支援施策説明、ワンストップ説明会

学校教育課

県内初の特認併設校制度導入から7年目

学校教育課

ひまわりスマイルプロジェクト

生涯学習課

絵本で元気を!

生涯学習課

第19回ユネスコ・コーラスの集い

市民交流センター

ココロノキンセンアワー

市民交流センター

アメリカンポップスライブ2011

市民交流センター

らっぱっぱラプソディ

経営改革室

塩竈市立病院、第11回公開セミナー

経営改革室

塩竈市立常勤医師の紹介

 東日本大震災塩竈市慰霊祭について

[総務課(内線255)](1P)[PDFファイル/3.0MB]

残念なことに、市内では25名の方がお亡くなりになり、1名の方が行方不明となっております。亡くなられた方のご家族のことを思うと、心が痛みます。震災から100ヵ日となる6月26日(日曜日)の午前10時から、塩釜ガス体育館にて慰霊祭を開催します。無宗教・献花方式で行い、亡くなられた方に弔意を表します。

 塩竈市震災復興計画について

[震災復興推進室(内線280)](2P)[PDFファイル/3.0MB]

震災復興検討委員会を設置し、復興計画について検討していきます。委員会の内訳は学識経験者5人、地元産業関係者5人、住民代表5人の計15人です。委員を依頼する際、趣旨をご理解いただくため、一人一人ご訪問し、ご説明いたしました。その際、塩竈市の目指すものについて聞かれました。そこでお答えしたのは、「旧来通りの地域社会の中で、今まで通り暮らせるような、社会を目指す」ということです。そのための安全性の確保が行政の課題と考えております。
6月8日に第1回の委員会が開催されます。塩竈は美しいまちだと自負しております。委員の皆さまにも、このまちで復興に取り組んでいただければ、嬉しいです。

記者の皆さまからのご質問

Q.第5次長期総合計画と、復興計画がかみあった形で、との話がありましたが、復興に伴って長期総合計画の見直しは行わないのですか?

A.まだ長期総合計画もスタートしたばかりでありますので、そのまま進め、実施計画を進めていくうえで見直す部分が出てきたら点検するようにいたします。

 まちの復興に一役。「シャッターオープン・プラス事業」募集を再開!

[商工港湾課(364-1124)](3P)[PDFファイル/3.0MB]

市内空き店舗の1階を活用する事業者への支援と各種団体によるまちづくり活動支援と賑わい作りのため、補助事業を行っています。補助期間は3年間、補助率は、1年目は3分の2、2年目は2分の1、3年目は3分の1となっています。募集期間は平成23年6月13日(月曜日)~24日(金曜日)です。
すでにシャッターオープン事業では6店舗がオープンしており、23年度も引き続き行うところだったのですが、震災で進めることができませんでした。ようやく落ち着いてきて、取り組むことができました。
また、国の一次補正を活用し、中小企業基盤整備機構の資金で仮設店舗と仮設工場の建設を調整中です。本格復興までの期間、仮設を十分ご活用いただきたいと考えます。

記者の皆さまからのご質問

Q.シャッターオープン・プラス事業の「プラス」とは?

A.商店会、商店街に限定せず、対象地域を市内全域に広げたのが「プラス」。

Q.仮設店舗について、具体的な場所などは決まっていますか?

A.店舗についてはくるくる広場とマリンゲートのバス駐車場西側の広場の一部を予定、もう一カ所の候補地、私有地については折衝中です。工場は新浜地区に5カ所エントリーしています。

Q.市外の企業も対象になりますか?

A.応募はできますが、選定基準としては、「市内で営業していた企業であること」「仮設期間が終わっても市内に残る予定であること」ということが優先されます。

 重点分野雇用創造事業(震災対応事業)について

[商工港湾課(364-1124)](4P)[PDFファイル/3.0MB]

国の制度を利用し、震災で職を失った方々に、就業の機会を創出し、雇用を促進するものです。平成23年度は152,130千円が交付されます。
震災対応等臨時職員など、約130人の方々に就業の機会を創出します。

 被災者支援施策説明、ワンストップ説明会

[商工港湾課(364-1124)](5P)[PDFファイル/3.0MB]

6月16日(木曜日)、塩釜商工会議所会議室において、13時30分から施策説明、14時30分から個別相談を行います。
災害救助法で、市民には手厚い支援がありますが、事業所に対しては厳しい状況であります。政府、経済産業省などには、もっと事業者へ目を向けていただかないと、地域の活気が戻ってこないので、産業振興にもっと予算を投入してほしい、と伝えました。この施策が地域の経済活動を展開している方の支援になればと思います。

記者の皆さまからのご質問

Q.この説明会で、シャッターオープン・プラス事業や仮設店舗などの説明も行うのですか?

A.シャッターオープン・プラス事業や仮設店舗については別になります。国の一次補正による中小企業者向けの施策の中身がわかりにくいので、国の機関に内容の説明をお願いしました。

 県内初の特認併設校制度導入から7年目

[学校教育課(365-3216)](7P)[PDFファイル/3.0MB]

浦戸の学校を特認併設校にしたきっかけは、生徒数が減り、学校の存続が懸念されたためでした。特認校をスタートさせると、学区外の児童・生徒が増えてきました。子どもたちは、豊な離島の文化を堪能し、学業にしっかりといそしんでいます。機会があれば、ぜひ足を運んでみてください。

 ひまわりスマイルプロジェクト

[学校教育課(365-3216)](8P)[PDFファイル/3.0MB]

寄贈されたひまわりのタネを市内各小・中学校に配布します。6月6日(月曜日)9時30分に塩竈市立第二小学校において贈呈式を行います。教育の現場でも、様々な支援をいただいております。

 絵本で元気を!

[生涯学習課(362-2556)](9P)[PDFファイル/3.0MB]

6月18日(土曜日)10時30分からふれあいエスプ塩竈エスプホールにて、チャリティー絵本ライブを行います。絵本作家の長谷川義史さんの絵本ライブです。売上の収益は義援金となります。

 第19回ユネスコ・コーラスの集い

[生涯学習課(362-2556)](10P)[PDFファイル/3.0MB]

もともと3月13日に開催を予定していましたが、震災で中止になっていました。塩竈近隣の10団体が出演予定です。震災復興の一助にしたいと、7月3日(日曜日)に開催することになりました。13時30分から、遊ホールで開催します。ぜひご参加ください。

 ココロノキンセンアワー

[市民交流センター(365-4343)](11P)[PDFファイル/3.0MB]

県内各地のイベントホールが被災し、再開できないと言われている中、遊ホールではすでに5月3日に第一回目のイベントを開催しました。6月5日(日曜日)14時00分から第3回が行われます。今後も開催し、塩竈から元気を発信していきたいと考えています。

 アメリカンポップスライブ2011

[市民交流センター(365-4343)](12P)[PDFファイル/3.0MB]

アメリカ空軍太平洋音楽隊には、毎年来ていただいております。素晴らしい音楽で、小中学校でブラスバンドをしている子どもたちが楽しみにしています。6月8日(水曜日)18時30分から、遊ホールで行われます。

 らっぱっぱラプソディ

[市民交流センター(365-4343)](13P)[PDFファイル/3.0MB]

楽しいピエロの舞台です。子どもたちに楽しい時間を過ごしていただければと思います。6月19日(日曜日)13時30分から遊ホールで行われます。

 塩竈市立病院、第11回公開セミナー

[経営改革室(364-5521)](14P)[PDFファイル/3.0MB]

多くの自治体の病院は経営が苦しく、塩竈市立病院も平成20年までは赤字経営でしたが、改革プランの取り組みにより平成21年に黒字となり、震災の影響などもありましたが、何とか平成22年度も黒字決算の見込みです。経営改革の一環として、地域医療の果たす役割や経営の実態などを市民の皆さんに知ってもらうために平成20年度から公開セミナーを行い、今回で11回目になりました。毎回、100人くらいの市民が参加しています。今回も多くの市民に参加していただきたいと思います。

 塩竈市立常勤医師の紹介

[経営改革室(364-5521)](15P)[PDFファイル/3.0MB]

内科に新しい医師が着任され、今まで常勤医師がいなかった麻酔科・整形外科に、常勤医師が着任いたしました。これで、常勤医師16名の体制となり、より充実した医療を提供してまいります。

  1. 6月の目程[総務部政策課(内線251)]
  2. 平成23年ジュニア・リーダー初級研修会[教育委員会教育部生涯学習課(362-2556)]
  • しおかぜ・プクちゃんつうしん・本の杜[教育委員会教育部市民交流センター(365-4343)]
  • WAY・KID'S[教育委員会教育部生涯学習センター(367-2010)]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページをシェアする <外部リンク>