ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > 平成23年2月

平成23年2月

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

平成23年2月定例記者会見

市長あいさつ

連日厳しい寒さが続いており憂慮しています。国会では平成23年度予算案の審議が始まりました。混迷続きで先行き不安ではありますが、しっかり審議を行ない、スムーズに新年度がスタートできることを願っております。また国債の格付けが1ランク下がったニュースを耳にしました。世界における日本の総体的な地位が低下していくことに危機感を感じております。日本が世界をリードしていく立場を維持していくには、何が必要なのか改めて考えなければいけないと思います。隣国中国との尖閣諸島関連のニュースも最近目にすることがなく憂慮される事項だと思います。

年が明けて1カ月経ちましたが、鳥インフルエンザや北陸地方の大雪、宮崎・鹿児島県境にある霧島連山新燃岳の火山噴火など自然災害が猛威を振るう大変な幕開けとなりました。被害に遭われている方々には心からお見舞い申し上げます。地方自治体にとって大変厳しい1年になりそうですが、塩竈市は市民の皆様に不安を与えず、信頼を頂ける行政サービスを提供していきたいと考えております。

説明項目

説明項目の資料[PDFファイル/2.3MB]

総務部

中高年者雇用などの実施について

産業部

うらと海の子オンラインショップ開設のお知らせ

教育委員会教育部

塩竈学シンポジウム「塩竈の歴史的建造物~その保存と活用」

教育委員会教育部

しおがま酒学入門

教育委員会教育部

塩竈夢ミュージカル「ゴメンナサイが言える時2011」

産業部

仙台宮城【伊達な旅】キャンペーン~塩竈市の取り組み

産業部

第11回記念塩釜甚句全国大会

産業部

塩竈deひなめぐり

 中高年者雇用などの実施について

[総務課(367-3124)](1P)[PDFファイル/2.3MB]

雇用促進が国の重要課題の一つですが、塩竈市では中高年者を非常勤職員として一年間雇用いたします。市内在住の45歳以上から60歳未満の方で、勤務期間は平成23年4月から一年間です。募集職種は不動産の管理、ホームページ等の行政情報管理、電気設備の統括管理(電気技師)の3名です。勤務時間は一日6時間の週4日、社会保険・雇用保険あり、通勤費も一部負担いたします。
高卒未就職者雇用(ワークシェアリング)についてですが、就職が内定しない高校生(二市三町の5つの高等学校に在籍の方)を塩竈市の非常勤職員として一年間雇用いたします。平成23年度は5名の募集を行います。

記者の皆さまからのご質問

Q.中高年者雇用は今年からの取り組みですか

A.昨年からの取り組みで、3名の方を採用しました。

 うらと海の子オンラインショップ開設のお知らせ

[水産課(364-2222)](2P)[PDFファイル/2.3MB]

浦戸振興活性化策(浦戸産イメージアップ事業)に取り組んでおりますが、事業の一環として、浦戸産の海産物商品の購入・情報発信を行うインターネットショップ「浦戸海の子オンラインショップ」を開設(平成23年2月1日)いたしました。パソコンまたは携帯電話からアクセスが出来ます。主な商品は焼きのり、生食用かき、加熱調理用かき、白魚、あさり等々をネット販売いたします。

記者の皆さまからのご質問

Q.インターネットショップでのネット決済はできますか

A.クレジットカードでの決済や銀行振込等も可能です。

Q.ホームページの運用はどこが行うのですか

A.宮城県漁業協同組合塩竈市浦戸支所の職員(3人)がおこなっております。

 塩竈学シンポジウム「塩竈の歴史的建造物~その保存と活用」

[生涯学習課(362-2556)](3P)[PDFファイル/2.3MB]

塩竈市内には数多くの歴史的建造物が残されており、観光振興や交流事業などさまざまな形で利用しております。今回はさらに深く知っていただくためのシンポジウムを開催いたします。
第1部の基調報告は東北芸術工科大学の宮本武典氏から「歴史を担う人づくり、まちづくり-大学と地域をつなぐアートの現場」の講演をしていただきます。
第2部は「地域の歴史的建造物の保存と活用を考える」をテーマに、高橋幸三郎氏(NPOみなとしほがま理事)、関口重樹氏(県文化財保護課の技術主査)、基調講演の宮本武典氏をパネラーに迎え、渡辺誠一郎(塩竈市教育部長)がコーデネイターを務めます。塩竈の貴重な建造物への想いを討論していただきます。開催日は2月20日(日曜日)13時から16時までの3時間、ふれあいエスプ塩竈2階ホールで行います。

 しおがま酒学入門

[生涯学習課(362-2556)](4P)[PDFファイル/2.3MB]

地酒のまち塩竈のキャッチフレーズも徐々に定着しつつあります。阿部勘酒造店、公民館を会場に生涯学習講座・酒学入門を開催します。講座内容は「酒造りを学ぶ・食を学ぶ・味わう」の3講座です。2月27日(日曜日)13時30分からです。阿部勘酒造店の酒仕込みの現場見学など、塩竈の酒文化に触れる内容が盛りだくさんとなっております。
対象は市民の方15名(20歳以上)です。参加費1,600円

 塩竈夢ミュージカル「ゴメンナサイが言える時2011」

[市民交流センター課(365-5000)](5P)[PDFファイル/2.3MB]

毎年市民によるミュージカルを開催しており今回は7回目になります。毎年新しい演題に挑戦してきましたが、今回は一昨年に開催した演劇「ゴメンナサイが言える時」をリニューアルしての開催となります。開催日は2月12日(土曜日)は14時と18時の2回公演、13日(日曜日)は14時の1回公演です。入場料は一般が当日1,300円・前売り1,000円、高校生以下は当日800円・前売り500円です。
84名のスタッフ・出演者(5歳の子供から65歳の一般の方)が一生懸命練習を重ね、公演日には素晴らしい演劇を見せてくれます。作・演出は丹野久美子氏(I・Q150劇団を主宰)です。丹野さん演出の演劇は今回で4度目になります。ぜひ足を運んでいただき演劇をお楽しみ下さい。

記者の皆さまからのご質問

Q.衣装の準備はどうしているのですか

A.衣装は出演する子供のお母さんやご家族の方が手作りで作ります。

 仙台宮城【伊達な旅】キャンペーン~塩竈市の取り組み

[商工観光課(364-1124)](6P)[PDFファイル/2.3MB]

塩竈の魅力を広く知っていただく為のキャンペーンです。
塩竈市の観光客入込数ですが、平成22年度は108.1%の553,949名、平成21年度は109.7%の512,472名で、いずれも100%を突破する入込客数であり、「伊達な旅キャンペーン」を最大限に活用した結果だと思います。期間中の10月から12月は毎週さまざまな行事を開催いたし、多くの来訪客から大変良い評価をいただきました。平成25年度夏のデスティネーションキャンペーンへ向けて、平成23年度以降も積極的に参加し、来訪客に満足していただけるイベントを多数用意していきたいと考えております。

記者の皆さまからのご質問

Q.来訪客が増えた要因はなんですか

A.JR東日本さんと連携して、時代のニーズにあったさまざまな旅行商品開発を、地域が一丸となって取り組んでおり、また、水産加工品や藻塩などを活用した新商品開発などにより、客数が増えたのではないかと考えております。

 第11回記念塩釜甚句全国大会

[商工観光課(364-1124)](7P)[PDFファイル/2.3MB]

塩竈で開催する全国的にも有名な大会(午前9時から午後5時頃まで)で、壱番館には三味線の音色が響きわたります。参加出場者は200人位で愛知県からの参加者もおります。
毎年優勝を目指して熱い歌合戦が繰り広げられます。開演は2月26日(土曜日)・入場は無料です。

 塩竈deひなめぐり

[商工観光課(364-1124)](8P)[PDFファイル/2.3MB]

2月26日(土曜日)から3月3日(木曜日)に開催する「塩竈deひなめぐり」は、旧亀井邸で開催するイベントの中でもっとも人気がある展示会です。江戸時代から受け継ぐ伝統あるひな人形から最近の新しい飾りひなまで展示いたします。その他、「もてなしカフェ」でお茶やスイーツも楽しむことができます。

  1. 2月の日程[総務部政策課(内線251)]
  2. 自殺予防講演会「こころといのちを支え合う地域づくり」[健康福祉部健康課(364-4786)]
  3. 仙台宮城【伊達な旅】キャンペーン~塩竈市の取り組み[産業部商工観光課(364-1124)]
  4. 第18回塩竈市観光物産展「塩竈の醍醐味」について…[産業部商工観光課(364-1124)]
  5. 第11回記念塩釜甚句全国大会[産業部商工観光課(364-1124)]
  6. 第47回観光のしおがま写真コンクール入選作品展[産業部商工観光課(364-1124)]
  7. 塩竈deひなめぐり[産業部商工観光課(364-1124)]
  8. 逢坂剛「わたしのスペイン体験」[教育委員会教育部市民交流センター(365-4343)]
  • しおかぜ・プクちゃんつうしん・本の杜[教育委員会教育部市民交流センター(365-4343)]
  • WAY・KID'S[教育委員会教育部市民交流センター(367-2010)]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページをシェアする <外部リンク>