ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > 平成23年11月

平成23年11月

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

平成23年11月定例記者会見

市長あいさつ

さきほどまで、多賀城市の市制40周年の式典に出席してきました。隣席の大崎市長から、鳴子や鬼首の紅葉は素晴らしいですよ、という話をされ、もうそんな季節になったのか、とはっとしました。被災した市民も、四季の景色を楽しむ余裕などない生活をしています。行政としての責任を実感いたしました。

国では第3次補正を審議しているようですが、各省庁の縄張り争いではなく、被災した人が安心して暮らせるような予算であってほしいと願います。

説明項目

説明項目の資料[PDFファイル/2.4MB]

総務課

市制施行70周年記念式典プレ・イベントパネル展「塩竈の今昔」~まちなみの変遷~第二弾

政策課

しおナビ仮設住宅特別便伊保石お~らいタクシーの運行開始について

健康推進課

子育て講座「今、守りたい子どものこころとからだ」

水産振興課

塩竈市仮設水産加工場使用事業者の募集について

商工港湾課

仮設店舗での事業再開の状況について

観光交流課

駅弁『「塩竈の藻塩」付炭火焼風「牛タン弁当」』の発売について

都市計画課

「復興の鐘」の設置について

教育総務課

学校給食に「かまぼこ」贈呈

 市制施行70周年記念式典プレ・イベントパネル展「塩竈の今昔」~まちなみの変遷~第二弾

[総務課(364-1111)](1P)[PDFファイル/2.4MB]

プレ・イベントの1回めは9月に行われましたが、今回は第二弾になります。今回も同様の内容で、懐かしい写真を見て、塩竈の歴史や文化を感じ取っていただけるようなパネル展となっております。

 しおナビ仮設住宅特別便伊保石お~らいタクシーの運行開始について

[政策課(364-1111)](2P)[PDFファイル/2.4MB]

伊保石の仮設住宅からは、交通の便が悪い、買い物が不便、との声が寄せられていました。今まで交通機関はNEWしおナビバスが一日に3便だけでしたが、今日(11月1日)の朝8時から、「しおナビ仮設住宅特別便伊保石お~らいタクシー」が運行されました。往復4便の計8便が運行されます。また、NEWしおナビバスの増便についてもタクシー協会からご理解をいただき、1便増便されました。
通勤、通学や買い物、病院への足としてご利用いただきたいと思います。これも国の二次補正で予算が認められたものです。少しでも生活水準の向上になればと思います。

Q.補助金の名称を教えてください

A.「特定被災地域公共交通調査事業」です。事業費は950万円で、100%国の予算です。

Q.タクシーは一日何台くらい走りますか?

A.乗り切れないお客さんがいれば、無線で呼び出すので、全員乗れるまで何台でもきます。

 子育て講座「今、守りたい子どものこころとからだ」

健康推進課(364-4786)](3P)[PDFファイル/2.4MB]

震災や放射能汚染など、子どもの健康に不安を投げかける状況が多いこの時期に、子どものこころとからだについての講座を行います。第2回の「放射能を知る」は、よくわからない放射能のことについて、行政も勉強させていただきたいと思います。第3回の「あそびうたコンサート」は、あきらちゃんとラーメンちゃんの、楽しいコンサートで親子で笑いころげていただければと思います。

 塩竈市仮設水産加工場使用事業者の募集について

[水産振興課(364-2222)](4P)[PDFファイル/2.4MB]

「しおがま・みなと復興市場」はすでにオープンし、本町くるくる広場の仮設店舗もまもなくオープンします。加えて、中小企業基盤整備機構が仮設水産加工場を建設することになりました。場所は独立行政法人水産総合研究センター東北区水産研究所南側に2箇所、塩釜市団地水産加工業協同組合敷地内に2箇所の計4工場です。スケジュールは、使用申請締切が11月10日、その後選考委員会を開催し、12月中旬には入居できる予定です。

記者の皆さまからのご質問

Q.加工場の中はどうなるのですか?

A.何を加工するかによって、機械なども変わってくるので、それは入居者が手配することになります。
建物は現在建設中で、形ができあがるのは12月10日ごろ、中旬には入居でき、実際に稼働するのは年明けくらいからと思われます。

 仮設店舗での事業再開の状況について

[商工港湾課(364-1124)](5P)[PDFファイル/2.4MB]

10月23日に開催された「がんばっぺ!塩釜産業福幸市」では、多くの人が集まりました。20店舗を出来る限り埋めて、このような集客が毎日展開されるようにしていきたいと思います。

 駅弁『「塩竈の藻塩」付炭火焼風「牛タン弁当」』の発売について

[観光交流課(364-1165)](6P)[PDFファイル/2.4MB]

すでに藻塩のお弁当としては「塩むすび」「塩彩」の2種類が出ていますが、今回は藻塩付牛タン弁当が発売されます。仙台駅での販売になりますので、多くの旅行客に食べていただきたいと思います。

 「復興の鐘」の設置について

都市計画課(364-2510)](7P)[PDFファイル/2.4MB]

塩釜ロータリークラブ60周年記念事業の一環として「復興の鐘」が港町公園の一角に建設・寄贈されます。鐘を吊るすバーの高さが今回の津波の高さを表しています。
マリンゲートの駐車場にも、現在県から示されている防潮堤の高さを表す表示をしています。3メートル30センチと、余裕高1メートルを含む4メートル30センチのどちらかで、今後防潮堤が整備されるとなりますので、それがどのくらいの高さなのか、実際に市民の方にもご覧いただき、ご意見を賜りたいと考えております。

 学校給食に「かまぼこ」贈呈

[教育総務課(362-7744)](8P)[PDFファイル/2.4MB]

11月15日は「かまぼこの日」ということで、毎年「かまぼこの日」にちなんで、塩釜蒲鉾連合商工業協同組合から、市内の小中学校の学校給食にとかまぼこが贈呈されています。塩竈の学校給食については、地産地消の取組みを行っております。現在は塩竈産の食材は全体の45~6%ですが、今後70~80%くらいに増やし、モデル地区にと考えています。寄贈されたかまぼこは、当日の給食で「おでん」となって提供されます。

  1. 11月の日程[[市民総務部政策課(内線251)]
  2. 権利擁護講演会「地域でささえる高齢者の人権」[健康福祉部長寿社会課(364-1204)]
  3. 第30回収穫まつり[産業環境部水産振興課(364-2222)]
  4. 第5回かれい釣り全国大会IN塩釜[産業環境部観光交流課(364-1165)]
  5. しおがま海辺の町の物語2.小野寺純一展覧会[産業環境部観光交流課(364-1165)]
  6. 震災復興チャリティー公演東北浪曲会[産業環境部観光交流課(364-1165)]
  7. OH~エンすまいる情報発信11月号「秋のしおがまきらめき通信」[産業環境部観光交流課(364-1165)]
  8. 市政施行70周年記念「第6回塩竈市教育フェスティバル」について[教育部学校教育課(365-3216)]
  9. しおがま"何でも"体感団「市場へ行こう!」[教育部生涯学習課(362-2556)]
  10. コーディネーショントレーニング体験会・学ぶ会[教育部生涯学習課(362-1023)]
  11. 第48回宮城県芸術祭絵画・書道展塩竃展[教育部生涯学習センター(367-2010)]
  12. 菅野潤&ザルツブルガー・ゾリステン震災復興祈念コンサート[教育部市民交流センター(365-4343)]
  13. 新崎誠美&高橋正典クリスマス・デュオコンサート[教育部市民交流センター(365-4343)]
  • O本の杜・プクちゃんつうしん・しおかぜ・だいちゃん文庫がやってくる!!話題の本棚[教育部市民交流センター(365-4343)]
  • OWAY・KID'S[教育部生涯学習センター(367-2010)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページをシェアする <外部リンク>