ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > 平成22年11月

平成22年11月

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

平成22年11月定例記者会見

市長あいさつ

塩竈市では秋にふさわしい行事・イベントを開催しておりました。多くの方々にご参加いただいております。
週末には台風が東北を直撃する可能性があり、シーズン中の養殖カキ・ノリへの影響が心配されましたが、チリ中部沿岸地震津波を契機に補強を行なっており、4メートルの台風波が発生いたしましたが被害はありませんでした。
今年のカキ・ノリの出来具合は猛暑の影響で心配しておりましたが、ノリは色艶が良くカキも成長が遅れていましたが、10月頃から大きくなり大粒で美味しいカキも出荷されており安堵しております。
食欲の秋、塩竈のすばらしい食材を存分に堪能していただきたいです。

説明項目

説明項目の資料[PDFファイル/1.2MB]

産業部

イメージアップキャラクターの名前が決まりました

産業部

「塩竈私の好きなお店大賞」シンポジウムを開催します

教育委員会教育部

Web博物館等作成事業についてホームページ開設

教育委員会教育部

「第五回塩竈市教育フェスティバル」について

教育委員会教育部

学校給食にかまぼこを贈呈

教育委員会教育部

えほんデビュー

教育委員会教育部

音楽の魔法でハッピーに新崎誠実ピアノコンサート

市立病院

第3回塩竈市立病院改革プラン評価委員会の開催について

-資料提供項目-

市民生活部

挑戦、ノリつくり・カキむき

健康福祉部

赤ちゃんふれあい交流のお知らせ

産業部

しおがま蔵出し新酒まつり限定列車

産業部

しおがま寿司クルーズ

イメージアップキャラクターの名前が決まりました

[水産課(364-2222)](1P)[PDFファイル/1.2MB]

浦戸産のカキ・ノリ・ワカメは、これまで松島産や三陸産の商品名で出荷しておりました。浦戸海産物ブランドの強化、イメージアップを目指し四種類のキャラクターを作成しました。今年の夏に「イメージアップキャラクターネーミング」と題し市内の小中学生を中心に名前の募集を行いました。

900点のネーミングの中から「かきたん」「なのっちー」「わかりん」「のりた」のキャラクター名に決定いたしました。
今後は浦戸産直品の美味しさ、すばらしさをキャラクターと共に発信していきたいと考えております。

記者の皆さまからのご質問

Q.主体はどこですか

A.浦戸産イメージアップ事業実行委員会が主体ですが、宮城県漁協塩竈市浦戸支所が窓口です

Q.ホームページは完成しているのですか

A.商品の選別等を行っており12月位に公開いたします。

「塩竈私の好きなお店大賞」シンポジウムを開催します

[商工観光課(364-1124)](2P)[PDFファイル/1.2MB]

昨年の定額給付金の支給時期に併せ一割増し商品券を発行いたしました。平成22年度も21年同様に商品券を発行してほしいとの要望が一部の商店主からありましたが、今回は商店主の方に経営意識を強く持っていただくため「私の好きなお店大賞」事業を始めました。

市内100以上の店舗を対象に、1000人のお買い物モニターがそれぞれ覆面アンケート調査を行いました。
11月21日にアンケート結果により選ばれた評価の高い店を「お店大賞」で表彰いたします。表彰式と合わせまして、今回の調査で見えてきた各商店経営の課題をシンポジウムのテーマ「お客さまに選ばれるお店」に沿って講評いたします。
今回の試みが塩竈市商店街の活性化の原動力になることを願っております。

記者の皆さまからのご質問

Q.大賞には何店舗選ばれるのですか

A.9店舗です。ベスト8店舗を決定する他にベスト動員賞(投票が多かった店舗)を含め9店舗を表彰します。

Web博物館等作成事業についてホームページ開設

[生涯学習課(362-2556)](3P)[PDFファイル/1.2MB]

11月15日より開館するWeb博物館のサイト名称は「文化の港シオーモ」です。
宮沢賢治の著書「ポラーノの広場」の中に塩竈を表現する言葉として「シオーモ」が使用されており、「シオーモの小径(こみち)」により、市民に親しまれている言葉です。
博物資料が約300点・美術資料が約80点・文学資料が約200点を掲載し、その中には保存等の関係で展示閲覧できない資料も画像にして提供させていただきます。
Web博物館として博物・美術・文学を総合的に扱ったWebサイトは全国でも例がなく、塩竈市が最初ではないかと考えています。市内外の方に活用いただき「文化歴史のまち塩竈」の評価を高めていきたいと考えております。

記者の皆さまからのご質問

Q.開館時より博物300点・美術80点・文学200点の資料が見られるのですか

A.見られます。さらに展示物を増やしていきます。

Q.展示閲覧できない資料も掲載とあるが、どのようなものがありますか

A.市指定文化財の「塩竈村風土記」、江戸時代に日本で初めて世界一周をした寒風沢出身の津太夫らの見聞をまとめた県指定文化財「環海異聞」などです。

Q.過去に塩竈村風土記などは一般公開されたことはありますか

A.市の文化財指定になっていますが、個人所蔵なので展示はしておりませんでした

Q.Web博物館事業の費用等を教えてください

A.国の緊急雇用創出事業を活用し業務を委託し、委託を受けた業者が4名の方(カメラマン・Webデザイナーなど)を新たに雇用してホームページを制作しました。事業費は2,215千円です。

「第五回塩竈市教育フェスティバル」について

[学校教育課(365-3216)](5P)[PDFファイル/1.2MB]

教育現場の課題を認識していただくと共に、情報公開として学校教育や社会教育の取り組みについて展示会・ステージ発表などを行っています。様々な視点から家庭・地域社会と学校の連携の必要性について理解を深めるため実施するフェスティバルです。

学校給食にかまぼこを贈呈

[学校教育課(365-3216)](6P)[PDFファイル/1.2MB]

毎年、塩竈蒲鉾連合商工業協同組合は市内小中学校の給食にかまぼこを贈呈しています。
今年度同組合は「みやぎ食育活動優良実践者表彰」で最優秀賞を受賞されまた、贈呈も30回目を迎えます。今回は11月15日の午前8時より玉川小学校の体育館で子供達に感謝を込めた贈呈式がおこなわれます。
当日の献立は、ご飯が主食の献立はおでん、麺が主食の献立はみそおでん、パンが主食の献立は洋風おでんです。

えほんデビュー

[市民交流センター(365-4343)](7P)[PDFファイル/1.2MB]

えほんの読み聞かせを通して親子のふれあいを強め、本に親しむ環境づくりの手助けになればと考えております。
対象は平成22年4月1日以降生まれの赤ちゃんとその保護者です。7ヶ月健康相談時に絵本を選んでいただき、後日図書館で受け取ります。可愛いバックもプレゼントいたします。

記者の皆さまからのご質問

Q.詳しく教えてください

A.今年生まれた7ヶ月の赤ちゃんを対象とします。今月の17日に保健センターで健康相談が実施されます。そこで好みのえほんを選んでいただき、10月24日に図書館で贈呈式を行います。

Q.選べる本は何種類ありますか

A.五種類です。

Q.えほんデビューのイベントは今年から始まったのですか

A.今年からです。正式名称はブックスタートです。各自治体に働きかけの活動をされている方がおられ、全国的にも積極的に導入する自治体が増えてきておりましたので、塩竈市もブックスタートに関しての調査を行い今回実施いたしました。

音楽の魔法でハッピーに新崎誠実ピアノコンサート

[市民交流センター(365-4343)](8P)[PDFファイル/1.2MB]

塩竈市遊ホール開館20周年を記念してピアニスト新崎誠実さんに演奏していただきます。その他、地域派遣コンサート(アクティビティプログラム)を行ないます。音楽などのコンサートを通して地域と交流するプログラムです。
新崎誠実さんには今回、浦戸小中学校・市立病院でコンサートを行っていただきます。また、えほんデビューのときには、市民図書館で読み聞かせと新崎さんのピアノ演奏のコラボを行います。

記者の皆さまからのご質問

Q.市民図書館で読み聞かせと新崎ピアノ演奏について詳しく教えてください

A.11月12日に図書館で7ヶ月の赤ちゃんと母親対象に1時間のミニコンサートを行います。

Q.ミニコンサートには何組の母親と赤ちゃんが来るのですか

A.6組の申し込みがあります。

Q.図書館のどこで行うのですか

A.図書館の視聴覚室です。

Q.朗読は誰が行うのですか

A.ボランティアの元アナウンサーの方で、大きな本を使い新崎さんのピアノ演奏に合わせて朗読します。

Q.新崎さんと塩竈市との関係はありますか

A.公共ホール音楽活性化事業を行っている。財団法人地域創造が共催になっています。全国市町村が持っているホールでのコンサートを実施するための支援団体です。新崎さんはこの団体に登録しているアーティストです。塩竈市での演奏は今回が初めてです。

第3回塩竈市立病院改革プラン評価委員会の開催について

[経営改革室(364-5521)](9P)[PDFファイル/1.2MB]

病院事業会計決算は平成21年度5200万円の黒字を計上いたしました。
今年度は2年連続の黒字決算を目指して取り組みを進めていますが、平成22年度上半期分の市立病院改革プランの進行状況につきまして、11月24日(水曜日)に評価委員会を開催し、改革プランで設定した病院運営の基本方針や各種数値目標の達成状況についてご報告いたします。委員長は東北大学医学部教授の本郷先生です。委員会は傍聴できますので、議論の様子をご覧ください。

資料提供項目

挑戦、ノリつくり・カキむき

[市民生活部浦戸交通課(369-4786)](10P)[PDFファイル/1.2MB]

浦戸産ノリ・カキは今年大変豊漁です。塩竈市浦戸野々島で浦戸食材のすばらしさを実感・体感できるイベントです。11月28日(日曜日)、12月5・12日(日曜日)に開催いたします。定員45名お早めにご応募下さい。

赤ちゃんふれあい交流のお知らせ

[健康福祉部健康課課(364-4786)](11P)[PDFファイル/1.2MB]

塩竈市保健センターで開催している行事です。市内の中学生を対象に、赤ちゃんの抱っこ・人形を使用した産湯(うぶゆ)体験・妊婦のお腹を触るなど、親から受けた愛情や命の重みを改めて考える機会にしていただきたいと実施しております。

しおがま蔵出し新酒まつり限定列車

[産業部商工観光課(364-1124)](12P)[PDFファイル/1.2MB]

豪華お座敷列車で新酒を堪能する旅です。
浦霞醸造元佐浦さんと阿部勘酒造さんからは、今年の酒は大変おいしいとの言葉をいただいております。限定70名様ですのでお早めに応募してください。料金はお一人様・仙台駅発着は4,600円、塩釜駅発着は4,300円です。

しおがま寿司クルーズ

[産業部商工観光課(364-1124)](13P)[PDFファイル/1.2MB]

毎年高い評価をいただいている秋の季節にマッチしているイベントです。海をみながら日本有数のまぐろ水揚げ高を誇る塩竈の寿司を味わう旅です。平成22年11月11日(木曜日)10時からです。

  1. 11月の日程……………………………………………………………[総務部政策課(内線251)]
  2. 挑戦、ノリつくり・カキむき……………………………………………[市民生活部浦戸交通課(369-4786)]
  3. 赤ちゃんふれあい交流のお知らせ…………………………………[健康福祉部健康課課(364-4786)]
  4. 第29回収穫まつり……………………………………………………[産業部水産課(364-2222)]
  5. しおがま蔵出し新酒まつり限定列車…………………………………[産業部商工観光課(364-1124)]
  6. 第4回かれい釣り全国大会IN塩竈…………………………………[産業部商工観光課(364-1124)]
  7. しおがま寿司クルーズ………………………………………………[産業部商工観光課(364-1124)]
  8. 春風亭小朝独演会…………………………………………………[教育委員会教育部市民交流センター(365-4343)]
  • しおかぜ・プクちゃんつうしん・本の杜………………………………[教育委員会教育部市民交流センター(365-4343)]
  • WAY・KID'S…………………………………………………………[教育委員会教育部生涯学習センター(367-2010)]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページをシェアする <外部リンク>