ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > 日本一早い「早採りワカメ」をいただきます!(2018年1月29日)

日本一早い「早採りワカメ」をいただきます!(2018年1月29日)

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

松島湾で全国に先駆けて収穫された「早採りワカメ」が、市内全小中学校11校の給食の食材として提供されました。

塩釜市漁業協同組合阿部組合長と佐藤副組合長が月見ヶ丘小学校を訪れ、持参したワカメを見せながら養殖の方法などを説明しました。
子どもたちは、給食に登場したワカメが入った塩釜サラダなどを食べ、地元の海の幸を楽しみました。

早採りワカメの特徴や収穫方法などの説明を学んだ子どもたちは、「地元でワカメが収穫できるとは知らなかった」「いつも食べているワカメよりやわらかく、シャキシャキしておいしい」と、笑顔でワカメをほお張りました。

市漁業協同組合によると、今シーズンの水揚げ量は順調で、生産量は東日本大震災を上回る水準まで回復しているそうです。阿部組合長と佐藤副組合長は「塩竈でもおいしいワカメが採れるのだということを知り、誇りに思ってほしい。地産地消の食材として広く知ってもらえるように、これからもPRしていきたい。」と話されました。

(1月29日月見ヶ丘小学校)

この情報に関するお問い合わせ先:教育委員会教育総務課(Tel022-355-8461)

早採りわかめ12018わかめ1

早採りわかめ32018わかめ2

このページをシェアする <外部リンク>