ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > 職員の昼食場所と職員のユニホームについて(平成30年度)

職員の昼食場所と職員のユニホームについて(平成30年度)

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

  1. お昼頃に市民が書類を取りにくるとき、職員が事務机で昼食しているのを見て、あまり良くないように見えました。職員の昼食場所を作ったらよいと思います。
  2. いくら夏季でも簡べんな服装でも見栄えがよくないように思います。職員のユニホームを作った方が統一がとれてよいと思います。

(総務課より)職員の昼食場所と職員のユニホームについて

この度は、市政ホットラインへの貴重なご意見ありがとうございます。

早速ではございますが、まず、職員の昼食場所についてでございます。

「職員が事務机で昼食しているのは、あまり良くないように見える」とのご意見をいただいたところですが、本市の一部の部署においては、別室で職員が昼食をとることができるものの、庁舎の広さの関係がございまして、全部署の職員が別室で昼食をとることができるようなスペースを確保することが難しい状況にございます。このことから、やむを得ず、職員が席で食事をとる場合がございますこと、ご理解いただきますようお願いします。

また、職員のユニホームについてでございます。職員向けの被服につきましては、安全管理・衛生管理等の観点から必要性を総合的に考慮して、作業着やゴム長靴等については、該当する職員に貸与することとしております。

ご指摘のユニホームとして、全職員向けに事務服を貸与することについては、費用対効果等を踏まえて、行っていないところでございます。一方で、「見栄えが良くないように思う」とのご意見でございますので、夏季軽装の実施にあたっては、地方公務員としての信用と品位が失われないよう留意する旨、職員向け周知に努めてまいりますのでご理解をいただきますようお願いします。[平成30年7月]
*上記の内容は2018年7月13日時点のものであり、現在とは異なる場合があります。

このページをシェアする <外部リンク>