ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > 児童生徒が安心して生活できるまちに(2018年11月7日)

児童生徒が安心して生活できるまちに(2018年11月7日)

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

11月7日(水曜日)に、塩竈市教育委員会と塩竈市内郵便局が「児童生徒の見守り活動に関する協定」を締結しました。
市町村教育委員会と郵便局が児童生徒の見守りに目的を絞って協定を締結するのは、県内で初めてで、日本郵便東北支社管内でも初めてのことです。

同日に行われた協定締結式では、塩釜郵便局の千葉均局長から「地域をよく知っている配達員が、業務のほかにも通勤時間も見守り、安心・安全に暮らせる地域づくりに協力したい」とお話いただきました。

市内11の郵便局の配達員約120人が、配達業務を行いがなら、児童生徒を見守ります。
児童生徒がこれまで以上に安心・安全な登下校ができることを目指していきます。

協定の概要

(1)市内11の郵便局は、日常業務の範囲内で、児童生徒に何らかの異変を察知した場合には、速やかに教育委員会へ連絡する
(2)児童生徒が不審者による被害に遭っていたり、郵便局に保護を求めて避難してきたりするなど、緊急を要する場合に救急要請や警察署への通報を行う

(11月7日)

この情報に関するお問い合わせ先:教育委員会教育部学校教育課(Tel022-365-3216)

児童見守り協定締結1児童見守り協定締結2児童見守り協定締結3児童見守り協定締結4

このページをシェアする <外部リンク>