ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > ミッション2019教育部の政策目標

ミッション2019教育部の政策目標

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

教育部のミッション

作成者

教育部長・阿部光浩
教育部は、今年度に次のミッションを掲げ、事業を推進します。

今年度のミッション概要

「塩竈市教育大綱」に基づき、未来に羽ばたく塩竈っ子の育成を目指し、子どもから大人まであらゆる世代が、ともに学び、ともに楽しみ、ともに輝く、生涯学習を目指します。

「塩竈市独自の小中一貫教育」をさらに発展させ、昨年度から本格的に取り組んでいる“しおがま「学びの共同体」による授業づくり”を加速化して、どの子も「できる・分かる」喜びを味わえる授業を展開し、課題となっている学力向上を図るとともに、コラソンなど様々な不登校対策によって児童生徒の学校復帰を実現します。

小中学校空調設備整備事業及び第三中学校長寿命化事業を推進するとともに、情報教育施設の整備を図り、快適で機能的な学習環境の改善を進めていきます。

地域や青山学院大学と連携しながら「わくわく遊び隊」の取り組みと体制づくりをさらに充実させ、放課後における子どもたちの居場所づくりと体力向上を図ります。

県指定の文化財を目指し「勝画楼」周辺の発掘調査を行うとともに、保存・活用に向け学識経験者や市民の意見を取り入れながら具体的な計画づくりに取り組みます。

中高生ワークショップ等で図書館のサービス向上を図るとともに、遊ホールや杉村惇美術館等で魅力的な事業を展開し、まちのイメージアップに繋げていきます。

スポーツ施設の環境整備を図りながら、様々なイベントをとおして生涯スポーツへの関心を高めるとともに、交流人口の拡大に繋げていきます。

政策目標

  1. 次代を担う子どもたちの社会をたくましく生き抜く力の育成
  2. ”住みたいまち”に向けた学習環境の改善
  3. 地域と連携した教育活動・生涯学習の展開
  4. 定住・交流に繋がる地域資源の再生と郷土愛の醸成
  5. “住んでみたい・訪れたいまち”に繋がる文化の振興興
  6. イベント開催を生かした生涯スポーツの推進

重点事項

次代を担う子どもたちの社会をたくましく生き抜く力の育成

チャレンジNO.1

事業名

塩竈独自の小中一貫教育
(第4次塩竈市学力向上プラン推進事業)
チャレンジ指標
  1. 国語・算数(数学)の授業満足度
  2. 外国語活動・外国語の授業満足度(乗り入れ科目)
  3. 全国学力・学習状況調査の正答率
  1. 小:85%中:85%
  2. 小:85%
  3. 小:県平均値以上中:県平均値より-3ポイント以内

チャレンジ2019

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

各学校に、しおがま「学びの共同体」推進委員会を設置し、年間を通じた授業研究会をシステム化することによって、「学びの共同体」による授業づくりを加速させます。
「学力向上マネジメント支援事業(県委託事業)」を活用し、各学校の授業研究会に専門性の高い外部講師を派遣し、教員の指導力向上を図ります。
市内に3つのパイロットスクール(一小、三小、三中)を設置し、市内全体の授業研究を牽引するとともに、本市のホームページで取り組み内容を市外に発信します。
小中一貫教育非常勤講師を各小学校(浦戸以外)に1名ずつ配置し、小学校の教員が中学校の数学の授業に乗り入れし、数学の授業の充実を図ります。
各中学校(浦戸以外)に1名ずつ配置された県からの加配教員(英語)を活用し、中学校英語科の教員が小学校の外国語活動・外国語の授業に乗り入れを行い、授業の充実を図ります。
市教委の指導主事2名による学校訪問指導を充実させ、「学びの共同体」による授業改善や校内研究をサポートします。
市内全小中学校で、標準学力調査(算数・数学)を年2回実施し、児童生徒の実態把握を行い、学力向上対策に必要な調査・分析を行います。

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

-
チャレンジNO.2

事業名

教室復帰と心のケアを目指す不登校対策
(子どもの心のケアハウス運営事業、けやき教室運営事業、スクールソーシャルワーカー活用事業、青少年カウンセラー設置事業)

チャレンジ指標
  1. 小学生の不登校の割合
  2. 中学生の不登校の割合
  1. 全国・県平均以下
  2. 全国・県平均以下

チャレンジ2019

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

学校が中心となって、不登校の児童生徒の学校復帰に向けての対応ができるように、4つの事業の各機関が、学校を支える役割を果たします。
市教委とスクール・ソーシャルワーカー、コラソンスーパーバイザー、けやき相談員がチームを組み、学校訪問を実施したり、不登校対策連絡会議等の中での情報共有や指導助言を行います。
心のケアハウスでは、不登校児童生徒の学校復帰、社会的自立を図るため、スーパーバイザーが通所生の個別の支援計画を策定し、学習支援や適応支援を行います。
各校に設置している学び・適応サポートルームでは、登校はできるが教室に入れない児童生徒の教室復帰を目指し、学習支援・適応指導等を行います。
けやき教室では、通所する児童生徒が学校復帰・部分登校できるように、個別の学習支援計画を策定し、一人一人が見通しをもって学習に取り組めるようにします。
スクール・ソーシャルワーカーは、課題を有する児童生徒及びその保護者と面談し、社会的環境改善へ向けての働きかけを継続して行います。
青少年相談センターでは、課題を有する児童生徒や保護者の悩み・課題を解消するために、学校心理士によるカウンセリングや、センター職員による相談を実施します。

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

学校ごとに、不登校対応計画を作成し、未然防止及び早期発見、早期対応の3つの視点で不登校の減少に取り組みます。
中1ギャップを解消して不登校を減少させるため、小中一貫教育の推進により小学校から中学校への滑らかな接続を行います。
各学校の成功事例を集めた不登校改善事例集を作成し、各学校に配布し、各学校の取組に生かします。

“住み続けたいまち”に向けた学習環境の改善

チャレンジNO.1

事業名

小中学校情報教育施設整備事業 チャレンジ指標 パソコン配置台数
小学校191台
中学校149台

チャレンジ2019

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

児童・生徒の情報活用能力の育成や主体的・対話的で深い学びの実現に向け、各学校において児童が使用する教育用パソコン、タブレットなど教育用周辺機器の整備・機能向上を図ります。
授業のICT化を目的に、普通教室に無線LAN環境の整備を図ります。

(2)節約・
収入増

導入後の消耗品等を含むランニングコストの軽減を踏まえた周辺機器の選定を行います。
国の整備方針を踏まえ学校と調整しながら、学習に必要な機能を吟味した仕様とし、イニシャルコストの軽減を図ります。

(3)その他

新機器の運用について、速やかな授業展開ができるよう、各学校の担当者と情報共有し、連携を深めます。
チャレンジNO.2

事業名

中学校長寿命化改良事業 チャレンジ指標 工事完成による施設満足度
80%

チャレンジ2019

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

7月末までに渡り廊下、10月末ごろまでに1階および特別教室を整備し、段階的に一部提供を行うなど、全体完成を待たずに施設の早期利活用を図ります。
障がいのある子どもを含むすべての子供を対象とするインクルーシブ教育に配慮した施設整備を行います。
校庭部分の工事範囲は、部活動及び行事を考慮し、最小限の範囲で実施します。

(2)節約・
収入増

電燈設備をLED化することで、ランニングコストの削減を図ります。
校舎の断熱性能の向上など、省エネルギー化を図ります。
工事に伴う引っ越し作業は、職員による共同作業や学校・生徒に協力を得ることにより、経費の削減に努めます。

(3)その他

公共施設マネジメントの観点から、施設面積の削減を意識した工事を実施します。
チャレンジNO.3

事業名

学校空調設備整備事業 チャレンジ指標 工事完成による施設満足度
80%

チャレンジ2019

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

浦戸小中学校については7月末までに、その他の学校については、年度内の早期に順次利用可能となるように整備を行います。
工事にあたっては、可能な限り学校教育活動に支障の無いように実施します。

(2)節約・
収入増

地球温暖化防止のため、空調器機は最新の省エネルギー製品を採用します。
空調設備の性能の維持を図りながら、初期費用及び運転費用の縮減に務めます。

(3)その他

-

地域と連携した教育活動・生涯学習の展開

チャレンジNO.1

事業名

アフタースクール事業(わくわく遊び隊) チャレンジ指標 参加者の満足度
90%

チャレンジ2019

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

市内6校で継続した活動を行えるよう、受託者と連携の強化に努めます。
児童を飽きさせないための新メニュー(親子参加型や青山学院大学ボランティアとの連携など)を受託者に提案します。

(2)節約・
収入増

新たな補助金など、財源の確保に努めます。

(3)その他

各運営委員会の自立に向け、受託者・学校・地域との協議を進めます。

定住・交流に繋がる地域資源の再生と郷土愛の醸成

チャレンジNO.1

事業名

勝画楼保存・活用推進事業 チャレンジ指標 中長期的保存・活用方針の決定
2019年度

チャレンジ2019

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

中・長期的な勝画楼の保存・いつの時代を再現するか等の活用方針を決定します。
市民参加型イベントやボランティアガイドを活用した見学会などを開催します。
県指定文化財への登録に向けた建物痕跡に係る発掘調査を実施します。
これまでの調査結果を調査報告集にまとめ、文化財関係機関に対する勝画楼の認知度を高めます。

(2)節約・
収入増

新たな補助金など、財源の確保に努めます。
市民、民間、行政等が一体となって取り組む視点に立ち、ふるさと納税制度などの活用を検討します。

(3)その他

発掘調査、調査報告集の作成にあたっては、県や東北歴史博物館等と幅広く連携を図りながら助言・協力を求めます。
勝画楼を文化財資料としてだけでなく、今後のまちづくりにおいて活用するため、建設部、産業環境部との連携を図るとともに、NPOみなとしほがま等の民間団体との協力体制を構築します。

“住んでみたい・訪れたいまち”に繋がる文化の振興

チャレンジNO.1

事業名

市民図書館サービスの向上と充実

チャレンジ指標

  1. 利用者アンケート満足度
  2. 利用者数
  1. 70%以上
  2. 100,000人

チャレンジ2019

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

市内中学校と塩釜高校を対象に「ティーンズブックリーダー」を募ります。
情報交換やアイディアを聴取するためワークショップ等を開催します。
学校ごと一定期間で書架の一部に「ティーンズブックリーダーコーナー」を提供し、準備作業に創作室を開放します。
図書館利用者へ駐車場1時間無料券を発行し、利用者拡大に努めます。
小・中学生への「おはなし出前講座等」を活発に実施します。
移動図書館のステーション検討に伴い、大型スーパーでの社会実験を継続します。
臨時開館を拡大します。(年間15日)
利用者の満足度を把握するため利用者アンケートを実施し、事業に反映させます。
3階男子及び女子トイレの洋式化及び温水洗浄化を図ります。

(2)節約・
収入増

講師などは、NPO団体や県図書館などへ依頼し、経費の節減に努めます。

(3)その他

創作室の利用を促進するため、ボランティアや読書会、各種事業に開放するとともに、リニューアルの検討を行います。
今年度もセンターあり方検討会により、今後の図書館のあり方の検討を進めます。
チャレンジNO.2

事業名

遊ホールにおける文化・芸術活動の機会の充実と支援事業 チャレンジ指標
  1. 来場者アンケート満足度
  2. 遊ホール稼働率
  1. 85%以上
  2. 70%以上

チャレンジ2019

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

月曜日や年末年始など臨時開館を拡大します。(臨時開館56日、年間開館351日)
事業ごとのターゲットを明確にし、各世代が楽しめる事業展開を行います。
学校や地域でアウトリーチコンサートなどを実施します。(2事業)
市民が参加できるミュージカルやコンサートなどを実施します。

(2)節約・
収入増

文化事業に対する助成制度を積極的に活用し、自主事業の充実を図ります。

(3)その他

学校や商工会議所との連携により学校や事業者などへのPRを強化します。
今度の管理運営の在り方について検討を進め、方向性を確認します。
チャレンジNO.3

事業名

塩竈市杉村惇美術館管理運営事業 チャレンジ指標

来館者数

27,000人

チャレンジ2019

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

行政機関や公共施設、公共美術館との情報共有と連携を推進します。
各世代に対する美術に関する教育普及につながる事業に取り組みます。
市民と協働企画しながら、さらなる充実を図り、多くの市民に文化芸術活動への参加機会を提供します。
第3期指定管理者の選定に取り組みます。

(2)節約・
収入増

各種補助金・助成金、文化支援制度・プログラムなどの活用による事業費の拡充を図ります。

(3)その他

指定管理者との情報共有のため、定期的に連絡会議を開催します。
指定管理者の事業評価を行うため、有識者を交えた運営検討委員会を開催します。
指定管理者事業の充実に繋がるよう第3期指定管理者の選定委員を幅広い分野から選任します。
第3期指定管理者の運営検討委員会の充実を図ります。

イベント開催を生かした生涯スポーツの推進

チャレンジNO.1

事業名

スポーツ施設整備事業 チャレンジ指標 利用者の満足度
90%

チャレンジ2019

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

交流人口の拡大に繋がる大会を誘致しやすい施設に更新します。

(2)節約・
収入増

施設の利用状況を把握し、将来的な受益者負担を検討します。
スポーツ施設の新たなネーミングライツの活用を検討します。

(3)その他

-
このページをシェアする <外部リンク>