ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > ミッション2018市民総務部の達成度

ミッション2018市民総務部の達成度

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

市民総務部のミッション

作成者

市民総務部長、小山浩幸
市民総務部は、今年度に次のミッションを掲げ、事業を推進します。

今年度のミッション概要

当部は、総務課、政策課、財政課、税務課、市民安全課の5課で構成され、第5次長期総合計画に掲げる、「安全に暮らせるまちづくり」「快適で便利なまちづくり」「協働で創るまちづくり」の目標実現に向け、次の項目に重点的に取り組みます。

  • 防災・防犯体制の充実・強化
    LED防犯灯設置助成事業
    防犯カメラ設置等に関する事業
    消防団の組織強化
  • 市内公共交通体系の充実
    市内バス運行事業
  • 市政情報の充実
    魅力的な市政情報等の発信
  • 協働環境の充実
    男女共同参画推進事業
  • 行財政基盤の構築
    職員研修事業、人材確保推進事業、体系的な文書管理体制の充実
    ふるさと納税推進事業、財務書類及び財政見通しによる職員研修
    委託業務への総合評価落札方式の試行導入、本庁舎等美化作戦
    収納率向上対策事業
    コンビニエンスストア証明書自動交付サービス事業等

政策目標

  1. 防災・防犯体制の充実・強化
  2. 市内公共交通体系の充実
  3. 市政情報の充実
  4. 協働環境の充実
  5. 行財政基盤の構築

重点事項

防災・防犯体制の充実・強化

チャレンジNO.1

事業名

LED防犯灯設置助成事業 チャレンジ指標 LED防犯灯設置灯数
400灯

チャレンジ2018

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

町内会が維持管理している防犯灯のLED化に助成金の交付をおこない、30年度から5か年で2,000灯を更新し、町内会の負担削減を図ります。
市内のLED化を推進し、夜間の通行の安全を確保し、街頭犯罪の防止を図ります。
市内のLED化を推進し、消費電力削減による二酸化炭素の排出抑制を図ります。

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

-

達成度/実績

★★★/452灯

取り組み

(1)-1防犯協会に加盟している139の町内会のうち、交付申請があった83の町内会に対して助成金(1灯につき3万円を上限)の交付を行い、452灯が更新されました。

チャレンジNO.2

事業名

防犯カメラ設置等に関する事業 チャレンジ指標 方針の決定
平成30年12月

チャレンジ2018

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

庁内各部局との情報共有を図り、今後の防犯カメラの運用・管理のあり方について検討するとともに、地域安全まちづくり推進会議において、条例制定に向けた議論を深めてまいります。
市が設置する際の条件等について、具体的に整理します。

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

-

達成度/実績

★★★/条例制定(平成31年4月1日施行)

取り組み

  1. -1地域安全まちづくり推進会議による協議やパブリックコメントを実施し、「塩竈市防犯カメラの設置及び運用に関する条例」を制定しました。
  2. -1個人のプライバシーに配慮するため、条例で規定する防犯カメラの設置者に対して、設置運用基準の作成や届出を義務付けました。
チャレンジNO.3

事業名

消防団の組織強化 チャレンジ指標 消防団員数
新入団員数10人

チャレンジ2018

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

-

(2)節約・
収入増

ゼロ予算で実施します。

(3)その他

団員募集活動を様々な手法で実施します。

被用者の加入を促進するため、事業所等への募集協力依頼を実施します。
介護などで一時的に活動に参加することが難しい団員のために休団制度の導入を検討し、団員が消防団活動を継続しやすい環境を整備します。

達成度/実績

-/2人

取り組み

(3)-1市民まつり、秋の防災フェスティバル、火災予防週間による啓発活動などにおいて、資機材の展示を行うとともに、消防団員みずからが率先して団員募集活動を実施したほか、防災情報フェイスブックでのPRやポスター掲示などを行ったものの、目標達成には至りませんでした。
一方で、消防団の活性化を図るために勉強会を実施し、休団制度・準中型免許取得費用助成制度などの導入について本格的な検討を進めております。

市内公共交通体系の充実

チャレンジNO.1

事業名

市内バス運行事業
(しおナビ100円バス、NEWしおナビ100円バス)
チャレンジ指標 一日当たり平均利用者数
1,300人
(前年度比4%増)

チャレンジ2018

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

昨年度実施した利用需要予測やニーズ調査をもとに、安全運行への取り組みやバス停留所表示板の改善等を図ります。

(2)節約・
収入増

国、県の補助金を有効活用し、一般財源の抑制に努めます。

(3)その他

バス運行に関する積極的なPR(JR駅、みやぎ生協等)を行い、利用機会の増加を図ります。

達成度/実績

★★/1,251人(前年度比0.2%増)

取り組み

達成度はチャレンジ指標1,300人に対して実績が1,251人となり96.2%に留まりました。
平成29年度実績1,248人に対しては0.2%の増となりました。
NEWしおナビ100円バス停留所表示板のレイアウト・文字サイズを変更することで視認性を向上させ、位置情報サービスに繋がるQRコードを掲載することで待ち時間の負担軽減を図りました。

  • 国の復興交付金の決定を受けて一般財源を抑制しました。
  • バスに関するチラシをJR駅とみやぎ生協に設置・掲示するとともに、広報に折込をして全戸配布し、バス運行のPRを図りました。

市政情報の充実

チャレンジNO.1

事業名

魅力的な市政情報等の発信

チャレンジ指標 フェイスブックの1投稿あたり閲覧数:1,400件
(前年度比32%増)
インスタグラム「フォロワー」数:200件

ホームページのリピート訪問者数:45万人
(前年度比45%増)

チャレンジ2018

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

「広報に関するアンケート」結果を踏まえ、市民が読みたいテーマ記事の掲載、文字の大きさや行間を変更するなど、広報紙の読みやすさ、見やすさの改善を図ります。
ホームページ掲載版「広報紙(PDF)」の写真をカラー化します。

子ども版広報「しおがまっ子」通信の編集、発行を年2回行います。

SNSを活用した新たな行政情報発信として、インスタグラムを開設し、広報編集委員が中心となって本市の魅力を発信します。
ホームページ掲載内容の充実(魅力発信コンテンツ「しおカフェ」、観光関連ページの充実)を図ります。
子育て世代のスマートフォン利用者が多いことを踏まえ、子育て関連の紙面にQRコードを掲載し、ホームページとの連動を図ります。

(2)節約・
収入増

地元ケーブルテレビのデータ放送を活用した行政情報の発信強化を図ります。
フェイスブックの認知度アップのため、広報紙をはじめ、開設部署で発行しているチラシ等にフェイスブックの開設案内を掲載し、周知強化を図ります。

(3)その他

-

達成度/実績

  1. ―/510件(閲覧カウント仕様変更により達成度記載不可)
  2. ★★★/533件
  3. ★/318,676件(前年比2.9%増)

取り組み

  1. 平成30年5月号から「お知らせ」や「みんなの広場」の文字の大きさや行間サイズを変更し、読みやすさ、見やすさの改善を図りました。
  2. ホームページ掲載版の「広報紙(写真)」を平成30年5月号からカラー化しました。
  3. 子ども版広報「しおがまっ子通信」を平成30年7月、12月の年2回発行しました。
  4. 平成30年7月に公式のインスタグラムを開設し、広報編集委員を中心に、塩竈の食や風景など、塩竈の魅力を発信しました。
  5. 魅力発信コンテンツ「しおカフェ」内の写真を随時更新するとともに、塩竈市観光物産協会で作成した観光CM動画を季節ごとに更新するなど、掲載内容の充実を図りました。
  6. 広報紙の子育て関連紙面にQRコードを掲載し、詳細内容についてはホームページを見てもらうようホームページへの誘導を図りました。
  7. 地元ケーブルテレビの「データ放送」を活用し、納期限や各種助成制度、しおナビ100円バスの時刻表など、55項目の行政情報を発信しました。
  8. フェイスブック認知度アップのため、広報紙や開設部課で発行している月刊だより等にフェイスブックの開設の案内やQRコードを掲載し、周知を行いました。

協働環境の充実

チャレンジNO.1

事業名

男女共同参画推進事業

チャレンジ指標 審議会などにおける女性の割合
35%

チャレンジ2018

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

中学生を対象に男女共同参画社会に関する講演会を実施します。
審議会での意見を踏まえ低年齢層を対象とした男女共同参画推進の啓発活動を行います。
家庭における男女共同参画の促進に向けた啓発活動を行います。
女性の活躍推進に向けたセミナー等、啓発活動を実施します。
基本計画における成果指標の達成状況や事業の実施状況を市ホームページで公開します。

(2)節約・
収入増

「しおがま男女平等・共同参画基本計画」の周知を図ります。
インターネットや情報誌の常設展示等により男女共同参画に関する情報を市職員や市民団体等へ積極的に提供します。
塩竈市における審議会等での女性委員の登用を促進します。また、今後も達成した目標値の継続に向け、さらに関係部課に働きかけていきます。

(3)その他

「しおがま男女平等・共同参画基本計画」の達成状況を「しおがま男女共同推進審議会」に報告し、改善策等を検討、実施します。

達成度/実績

★★/33.5%

取り組み

(1)-1昨年度から市内全ての中学校で男女平等・共同参画に関する講演会(生徒参加のべ計409名)を実施し、若年層への浸透を図りました。
(1)-3・4県との共催などにより、働く女性、地元企業、官公署、市職員、市民団体及びNPO、子育てパパ等を対象に講演会やワークショップ等を4回実施し、のべ89名の参加がありました。
(2)-1「第2次しおがま男女・共同参画基本計画」や関連事業等を市のホームページで公開するとともに、市施設での情報誌等の常設展示、関連団体への定期送付などにより、きめ細かな情報提供に努めました。
(2)-2市職員の意識向上のため、関連する情報等を積極的に提供しました。
(2)-3市条例等で設置されている審議会等での女性委員比率は、目標値35%に対して95.7%の達成率でした。
(3)-1「しおがま男女共同推進審議会」の答申を踏まえ、今年度実施した講演会やワークショップなどの3事業に子育て中の方も安心して参加できるよう、託児できる環境を整えました。

行財政基盤の構造

チャレンジNO.1

事業名

職員研修事業 チャレンジ指標 研修受講者数
400名
(庁内研修講師4名)

チャレンジ2018

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

職務経験・役職等に応じた階層別研修を通じ、政策形成能力向上など人材育成を推進します。
本市重点施策の実現のために必要な人材を育成するため、派遣研修を拡大実施します。
庁内研修講師を育成し、組織の人材育成力の向上を図ります。
各課の要請に応じた実務研修への派遣、能力向上のためのステップアップ研修への派遣を推進します。
職員の服務や非常勤職員の雇用など、直近の制度改正等を踏まえ、理解を深める庶務担当者研修を実施します。

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

-

達成度/実績

  1. ★★★/593名
  2. ★★★/4名

取り組み

平成30年度受講者数は593名で、前年度に比べ144.3%でした。(平成29年度受講者数411名)

  • 様々な階層別研修を通して、政策形成能力等人材の育成が図られました。
  • 指導者養成研修に派遣することにより、庁内研修講師の育成を行い、組織として人材育成力の向上が図られました。
  • 各課の要請に応じて、引き続き全国市町村国際文化研修所での政策実務研修への派遣を実施しました。
チャレンジNO.2

事業名

人材確保推進事業

チャレンジ指標 受験者数(事務)
200名

チャレンジ2018

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

塩竈市「しごと説明会」や出張「しごと説明会」を実施し、本市及び業務の周知を図ります。
職員募集パンフレットを作成し、「しごと説明会」や市内施設に配布し、PR効果を高めます。
広報誌への掲載とともにHPなどインターネットを活用した広報拡充を図ります。

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

-

達成度/実績

★★/166名

取り組み

平成30年度の受験者数は166名であり、前年度比106.4%でした。(平成29年度受験者数156名)

  • しごと説明会を2回実施し、周知を図ることができました。仕事説明会には合計31名が参加し、参加者のうち26名が採用試験に受験しました。
  • 職員情報パンフレットを作成し、しごと説明会時や、近隣の学校及び市内施設等に配布することで、PR効果を図れました。
  • 広報誌、ホームページ,フェイスブック等のSNSを活用し、広く周知することができました。
チャレンジNO.3

事業名

体系的な文書管理体制の充実

チャレンジ指標 研修受講者数
30名

チャレンジ2018

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

-

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

保存文書の集約化により、文書の散逸を防ぎ、文書活用時の検索性、利便性の向上を図ります。
文書管理事務に係る職員研修を実施し文書管理の全庁的なレベルアップを図ります。
永年保存文書を保存するみのが丘書庫屋上の漏水対策の調査を行います。

達成度/実績

★★/27名

取り組み

港町文書庫の利用を廃止し、本庁地下書庫及びみのが丘書庫に集約しました。

  • 文書取扱規程の全面的な見直しを行うとともに、平成14年に作成した「文書の手引き」の改訂を行い、併せて庁内研修会の開催により文書管理事務の全庁的なレベルアップに努めました。
  • みのが丘書庫の屋上漏水対策については、参考見積を取得しました。修繕は令和2年度の実施計画に計上する予定としております。
チャレンジNO.4

事業名

ふるさと納税推進事業

チャレンジ指標 ふるさと納税受付件数
1,600件
(前年度比2.3倍)

チャレンジ2018

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

ふるさと納税でいただいた寄付を活用して実施する事業をホームページ等で発信し、本市の取組を積極的にPRします。
ふるさと納税の御礼品について、人気商品の傾向の分析などにより事業者へのフィードバックを行い、地域産業の活性化を図ります。

(2)節約・
収入増

これまで職員が担っていたふるさと納税の事務を一括して業務委託することにより、行政運営の効率化を図ります。
本市の魅力をPRすることにより新たな「塩竈ファン」を獲得し、事業の財源として活用する寄付金を増やします。

(3)その他

ふるさと納税でいただいた寄付金を活用して実施する事業について、職員一人一人が創意工夫して事業を検討し、実施できる仕組みを作ります。

達成度/実績

★★★/1,805件(前年度比2.62倍)

取り組み

平成30年8月からふるさと納税の事務を一括して民間業者へ業務委託し、民間のノウハウを活用しながら、寄附者情報の一元化や配送管理システムの導入、コールセンターの設置など、寄附者の満足度の向上に努めました。
9月に事業者説明会を開催し、市内の事業者から広く公募しました。委託業者と連携して本市の魅力ある地場産品を多数御礼品として登録し、御礼品数を69品から195品に増やしました。
平成31年3月に、平成30年度寄附者に対して寄附を活用した事業の報告書を送付し、寄附者とのつながりを深めました。

チャレンジNO.5

事業名

財務書類(統一基準)及び財政見通しによる職員向け財政状況研修会の開催

チャレンジ指標 職員向け研修会受講者
各課管理職・担当職員70人以上

チャレンジ2018

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

「統一的な基準に基づく財務書類」及び「中期的財政見通し」を作成し、本市の財政状況の分析を行います。
上記の資料をもとに職員向けに研修会を開催し、公会計の知識向上と本市の財政状況の周知を行います。
財務書類の分析資料をホームページに掲載します。

(2)節約・
収入増

財務書類及び財政見通しによる課題等を新年度予算編成方針に反映させ、課題解決への取り組みを踏まえた予算編成を行います。
歳入確保策の模索と歳出抑制策の検討により、財政見通しにおける財源確保策の質の向上を図ります。
施設維持管理に係る経費を捕捉し、コストを意識した施設管理の励行と、必要となる財源の確保に努めます。

(3)その他

-

達成度/実績

★★★/93人

取り組み

「統一的な基準に基づく平成29年度決算の財務書類」を作成し、公表しました。
「中期的財政見通し」を作成し、財政見通しによる課題や財源確保策について新年度の予算編成方針に盛り込みました。
「統一的な基準に基づく財務書類」及び「中期的財政見通し」による職員向け財政状況研修会を開催し、93人が出席しました。

チャレンジNO.6

事業名

委託業務への総合評価落札方式の試行導入

チャレンジ指標 制度の試行導入
年度内実施

チャレンジ2018

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

入札価格だけではなく、価格以外の評価項目を加えて総合的に評価することにより、総合的な評価による優れた業者を選定する仕組みを構築します。
入札者の技術提案等を適正に評価できるよう、落札者決定基準を作成します。

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

入札価格の提示と同時に技術提案等を求めることにより、従来のプロポーザル方式と比較して、契約事務の効率化を図ります。
技術提案等を求めることで品質の向上が見込まれる業務に対して、積極的に適用します。

達成度/実績

★★★/7件実施

取り組み

平成30年度は7件の委託業務を総合評価落札方式で発注することが出来ました。プロポーザル方式を検討していた案件についても、総合評価落札方式に切替えることで価格面において競争性が確保されました。

チャレンジNO.7

事業名

本庁舎等美化作戦

チャレンジ指標 環境改善
年度内実施

チャレンジ2018

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

1階、2階の窓口カウンターについて、事務用品やパンフレットを整理するラックや、ポスター掲示用のボードを設置するなど、統一的な整備を図ります。
1階フロアの案内サインを刷新し、来庁者の利便性向上を図ります。

(2)節約・
収入増

広告付総合案内板の広告収入を原資として、1階の内装等を改修します。
本庁舎等の空きスペースを活用した広告掲載など、美化作戦のための財源確保策を検討します。

(3)その他

-

達成度/実績

未実施

取り組み

窓口カウンターや1階フロアの案内サインについては、執務レイアウトの見直しなど、全庁的な検討が必要なことから着手に至りませんでした。

事業名

収納率向上対策事業

チャレンジ指標 収納率
市税97.3%
国保(現年)93%

チャレンジ2018

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

-

(2)節約・
収入増

口座振替加入を促進します。
現年度未納者に対する一斉催告(年5回以上)を実施します。
宮城県地方税滞納整理機構に参加し、徴収を委託します。
国税OB等の徴収指導員を活用し、徴収ノウハウの充実を図ります。
国税や県税との連携強化を図ります。
不動産公売を実施します。
滞納整理の充実強化、具体的には承継や相続財産管理選任等の相続関係の整理徴収等を図ります。

(3)その他

-

達成度/実績

  1. ★★★/97.5%
  2. ★★★/93.9%

取り組み

口座振替での納付のしやすさの説明に努めましたが、コンビニでの納付が主流となっていることから、平成30年度の口座振替件数は36,785件となり、平成29年度と比較すると2,115件の減少となりました。

  • 現年度未納者に対する一斉催告を10月、12月、2月、3月、4月の5回行い、一斉催告延べ件数は4,465件でした。
  • 宮城県地方税滞納整理機構へ参加し、滞納額の縮減を図りました。移管金額38,454,493円のうち徴収額は17,582,949円であり、徴収率は45.73%でした。
  • 国税OBを雇用し、多方面にわたり納税手法の指導を受けることにより、職員の徴収技術の向上に繋がりました。
  • 2市3町で構成する塩釜地区税務協議会徴収部会に参加し、共通の案件に対して情報交換をしました。
  • 不動産公売を1件実施しました。売却金額は28,440,100円であり、749,900円を税滞納額に、351,000円を滞納処分費に充て、残額は法定相続割合で相続人に配当しました。
  • 国税OBを活用し、相続関係を調査をすることで、承継等を実施しました。その結果が、上記の公売や相続財産管理人の申請に繋がりました。(相続財産管理人申請件数は2件であり、申請金額:698,900円、配当金額374,500円でした。
    なお、2件中1件はいまだ続行中です。)

平成30年度見込収納率
市税97.5%(平成29年度97.4%、平成28年度96.4%、平成27年度95.6%、平成26年度93.9%、平成25年度93.7%)
国保税・現年93.9%(平成29年度93.8%、平成28年度90.3%、平成27年度89.4%、平成26年度87.6%、平成25年度・85.7%)
コンビニ収納やゆうちょ銀行での納付環境の整備や、滞納整理の体制を強化し、積極的な納税相談や滞納処分を行った結果、目標の収納率を達成しています。

チャレンジNO.9

事業名

コンビニエンスストア証明書自動交付サービス事業

チャレンジ指標 マイナンバーカード交付率
15%

チャレンジ2018

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

マイナンバーカードのメリット等を説明し、市民への普及推進に努め交付率を11.9%から15%に向上させます。
本市転入者を中心として、マイナンバーカード申請説明書を配布します。
住基カード交付者にマイナンバーカードへの切り替えを促します。

(2)節約・
収入増

マイナンバーカードの普及により窓口業務の効率化を図ります。
自動交付機の廃止を検討します。

(3)その他

マイナンバーカードの申請に係る内容について、ホームページに分かりやすく表示します。
マイナンバーカード普及のため窓口で必要なサービスを模索します。
マイナンバーカード普及のため市広報等に、記事を掲載します。

達成度/実績

★★/交付率14.3%

取り組み

(1)-1交付率は14.3%であり、目標とする交付率15%には及ばなかったものの、全国平均(13.1%)及び宮城県平均(12.0%)を上回り、県内で2番目に高い交付率であったことから、一定の成果はあったと考えます。
(1)-2マイナンバーカードのメリットについて、転入者・転居者を中心に説明を行い、マイナンバーカード交付申請書を積極的に配布しました。
(3)-1ホームページにマイナンバーカード交付申請に関する説明を掲載するとともに、広報による周知等を実施し、マイナンバーカードの普及啓発に努めました。

チャレンジNO.10

事業名

各課会計事務担当職員養成事業

チャレンジ指標 例月出納検査における監査指摘事項件数
前年比15%減

チャレンジ2018

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

「会計事務の手引き」、「財務会計事務処理の手引き」、そして2017チャレンジ指標として作成した「会計Q&A」を有効に活用しながら、会計事務に関する各課への支援・指導を行います。また、各課からの問い合わせをもとに、「Q&A」の項目を順次追加して充実させていきます。
会計実務研修会を本年度も実施しますが、会計事務だけにとどまらず、関連する業務担当部局(監査・人事・契約部門等)と連携し、会計事務担当職員に対する総合的な実務習得の場となるよう研修会のバージョンアップを図ります。
会計事務処理のなお一層の適正化を図るため、各課の指導に努め、監査委員が実施する例月出納検査における監査指摘事項の件数を減らしていきます。
〔平成28年指摘件数512件、平成29年指摘件数451件〕

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

-

達成度/実績

★★★/前年比40%減(272件)

取り組み

  • 「会計Q&A」の内容の充実を図り、有効に活用して、会計事務に携わる職員への支援・指導に努めました。
  • これまで会計課単独で実施していた会計実務研修会を、監査事務局・総務課(人事給与係)と合同で開催し、会計事務担当職員の総合的な実務習得の場になるよう設定しました。(10月30日37人参加、10月31日29人参加〕
  • 監査委員が実施する例月出納検査の監査指摘事項がなくなるよう、会計事務処理の適正化に努めました。
チャレンジNO.11

事業名

選挙啓発事業の推進

チャレンジ指標 出前講座等の開催回数
3回

チャレンジ2018

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

-

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

新有権者へバースデイカードを送付します。
小中高校で出前講座を実施します。
常時啓発及び選挙時啓発活動の充実を図ります。

達成度/実績

★/2回

取り組み

  • 年4回の選挙人名簿登録の時期に合わせて、新有権者(18歳到達者)540人に選挙権を得たことをお知らせする選挙啓発はがきを送付しました。
  • 民間団体及び選挙啓発団体の研修会において、出前講座を2回実施しました。
  • 明るい選挙啓発ポスターコンクールを実施し、市内小中学生に参加を呼びかけて83品の出品をしていただきました。
このページをシェアする <外部リンク>