ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > ミッション2018教育部の達成度

ミッション2018教育部の達成度

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

教育部のミッション

作成者

教育部長・阿部光浩
教育部は、今年度に次のミッションを掲げ、事業を推進します。

今年度のミッション概要

「塩竈市教育大綱」に基づき、未来に羽ばたく塩竈っ子の育成を目指し、子どもから大人まであらゆる世代が、ともに学び、ともに楽しみ、ともに輝く、生涯学習を目指します。
まず、すべての子どもたちに「社会をたくましく生き抜く力」を身につけさせるために、昨年度から本格実施した「塩竈市独自の小中一貫教育」について、引き続き「塩竈市学力向上プラン」として“しおがま「学びの共同体」による授業づくり”に取り組み、どの子にも「できる・分かる」喜びを味わえる授業づくりを推進することで学力向上を図ります。
また、学習環境の維持・改善を図るため、今年度から第三中学校の長寿命化事業を推進するとともに、引き続き各小中学校の図書整備の充実を図ります。
さらに昨年度、放課後における子どもたちの居場所づくりと体力増進に向け、浦戸を除くすべての小学校に拡大した「わくわく遊び隊」事業について、地域と連携しながら、自主運営できる体制づくりを推進します。
また、「勝画楼」の保存・活用に向けた詳細調査及び修繕を行い、市の文化財指定を目指すとともに、伊達綱村公遠忌三百年記念事業を行い伊達家ゆかりのまちであることを市民に周知します。
さらに、図書館のあり方を検討しながら、交流センターや美術館において文化的事業を展開し、まちのイメージアップに繋げます。
そして、スポーツ公園野球施設の環境整備を図るとともに、「平成30年度国民体育大会東北ブロック大会兼東北総合体育大会」のバドミントン競技開催都市として、市民の関心を高めながら、生涯スポーツの推進を図ります。

政策目標

  1. 次代を担う子どもたちの社会をたくましく生き抜く力の育成
  2. ”住みたいまち”に向けた学習環境の改善
  3. 地域と連携した教育活動・生涯学習の展開
  4. 定住・交流に繋がる地域資源の再生と郷土愛の醸成
  5. “住んでみたい・訪れたいまち”に繋がる文化の振興興
  6. イベント開催を生かした生涯スポーツの推進

重点事項

次代を担う子どもたちの社会をたくましく生き抜く力の育成

チャレンジNO.1

事業名

塩竈独自の小中一貫教育 チャレンジ指標
  1. 国語・算数(数学)の授業満足度
  2. 全国学力・学習状況調査の正答率
  1. 小:85%、中:85%
  2. 小:県平均値以上、中:県平均値より-3ポイント以内

チャレンジ2018

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

<塩竈市学力向上プラン事業>
市内全小中学校で「学びの共同体」による授業改善に取り組み、どの子にも「できる・分かる」喜びを味わえる授業づくりを推進します。
塩竈市学力向上プラン推進委員会を組織し、先進地域の研修視察や各中学校区での授業研究会等を実施し、「学びの共同体」による授業改善を推進します。
小中一貫教育非常勤講師を各小中学校に配置し、小・中学校での乗り入れ授業や異年齢交流活動、小中合同授業等を推進します。
市教委の指導主事2名による学校訪問指導を充実させ、各学校での「学びの共同体」の授業改善の実施状況を把握し、協同的な学びのある授業づくりや校内研究をサポートします。
協同的な学びのある授業づくりに取り組むため、教育実践発表会、市内全教職員対象の研修会、初任者層対象のしおがま至宝研修会等を実施し、教師の研修を充実させます。
<塩竈市幼保小連携事業>
小学校と保育所・幼稚園が連携し、「生活の接続」と「学びの接続」を図ります
「アプローチスタートカリキュラム・スタートカリキュラム」を活用し、小学校の学習や生活に滑らかに接続できるようにします。
特別支援教育のスーパーバイザーを小学校、保育所・幼稚園に派遣し、教員や保育士等の指導・助言を行います。
<中学校区単位の小中一貫交流活動>
授業以外の教育活動での「活躍の場」と「交流の場」を創出します
中学校区内の児童生徒間の交流活動を支援します。
中学校区内の教師間の交流活動・研修会を支援します。
学校・家庭・地域が一体となった行事や活動を支援します。

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

「協同的な学びのある授業づくり」を推進し、各校での授業改善の取組を支援します。

達成度/実績

  1. ★★/小学校90%・中学校83.3%
  2. -/小学校2.5ポイント下回る・中学校5.8ポイント下回る

取り組み

<チャレンジ指標1>
平成30年度の授業満足度は、小学校が90%、中学校が83.3%であり、小学校はチャレンジ目標を達成し、中学校もほぼ達成できました。主体的・対話的で深い学びの視点やユニバーサルデザインの視点からの授業づくりに取り組んだことや、Q-U調査により、児童生徒の学級生活に対する意識を把握し、意図的・計画的な学級経営を行ったこと等により、目標の達成が図られました。

<チャレンジ指標2>
平成30年度の全国学力調査の結果は、小学校が県平均を2.5ポイント下回り,中学校も県平均を5.8ポイント下回ったことから、どちらも目標は達成できませんでした。各学校の取組に温度差が見られたため、各学校を複数回訪問し、全国学力調査に向けた取組状況及び児童生徒の実態・指導計画等について調査・指導を行っています。

チャレンジNO.2

事業名

教室復帰と心のケアを目指す不登校対策
(子どもの心のケアハウス運営事業、けやき教室設置事業、スクール・ソーシャルワーカー活用事業、
青少年カウンセラー設置事業)

チャレンジ指標
  1. 小学生の不登校の割合
  2. 中学生の不登校の割合
  1. 全国・県平均以下
  2. 全国・県平均以下

チャレンジ2018

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

学校が中心となって、不登校の児童生徒の学校復帰に向けての対応ができるように4つの事業の各機関が、学校を支える役割を果たします。
市教委とスクール・ソーシャルワーカー、コラソンスーパーバイザー、けやき相談員がチームを組み、学校訪問を実施したり、不登校対策連絡会議等の中での情報共有や指導助言を行います。
心のケアハウスでは、不登校児童生徒の学校復帰、社会的自立を図るため、スーパーバイザーが通所生の個別の支援計画を策定し、学習支援や適応支援を行います。
各校に設置している学び・適応サポートルームでは、登校はできるが教室に入れない児童生徒の教室復帰を目指し、学習支援・適応指導等を行います。
けやき教室では、通所する児童生徒が学校復帰・部分登校できるように、個別の学習支援計画を策定し、一人一人が見通しをもって学習に取り組めるようにします。
スクール・ソーシャルワーカーは、課題を有する児童生徒及びその保護者と面談し、社会的環境改善へ向けての働きかけを継続して行います。
青少年相談センターでは、課題を有する児童生徒の保護者の悩みや課題を解消するために、学校心理士によるカウンセリングや、センター職員による相談を実施します。

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

学校ごとに、不登校対応計画を作成し、未然防止及び早期発見、早期対応の3つの視点で不登校の減少に取り組みます。
中1ギャップを解消して不登校を減少させるため、小中一貫教育の推進により小学校から中学校への滑らかな接続を行います。
各学校の成功事例を集めた不登校改善事例集を作成し、各学校に配布し、各学校の取組に生かします。

達成度/実績

  1. ★★★/全国・県平均以下
  2. ★★/全国平均以上・県平均以下

取り組み

<チャレンジ指標1.2>

  • 平成29年度の不登校出現率は、小学校0.33%、中学校3.86%で、小学校が、チャレンジ目標を達成しました。小学校は、全国平均(0.54%)及び県平均(0.66%)を下回り、中学校は、全国平均(3.25%)よりは高かったものの、県平均(4.30%)を下回りました。
    平成30年度の不登校出現率は、小学校0.43%、中学校3.48%です。なお、全国・と県の数値は未発表です。
  • 学校ごとに、不登校対応計画を作成し、未然防止及び早期発見、早期対応の3つの視点で不登校の減少に取り組んでいます。また、各学校の取組について、市教育委員会とスクールソーシャルワーカー、コラソンスーパーバイザーがチームを組み、学校訪問を実施したり、不登校対策連絡会議等の中での情報共有や指導助言を実施したりしたことが不登校減少につながりました。
チャレンジNO.3

事業名

豊かな心を育む小中学校図書整備事業 チャレンジ指標

児童生徒一人
当たりの貸出冊数


各学校前年実績
○小学校+3割
○中学校+2割

チャレンジ2018

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

学校における学校図書館活用計画を踏まえ、学校図書の量的充実並びに配架や選書などの質的充実を図ります。また、図書資料として小中学生新聞を購読することにより、政治経済など社会情勢に関心を持ち、情報を読み解く力の向上を図ります。
豊かな心を育む取組として、学校図書を活用した更なる読書指導の推進を行います。
市民図書館との連携を図ります。市民図書館員等の高度なスキルを学校の図書担当教諭が学べる場を設けます。

(2)節約・
収入増

図書管理システムを採用し、蔵書管理及び貸出等の効率化を目指します。

(3)その他

学校図書館の環境整備(書架、蔵書等)を行い、児童、生徒が本に親しみやすい環境を整備します。
各小中学校で実施している読書推進活動の情報を共有するため、学校の図書担当教諭の連絡会議を開催します。

達成度/実績

  1. -/3.6%増
  2. ★/12.3%増

取り組み

  • チャレンジ指標の貸出冊数について、小学校は昨年度比3.6%増の17.1冊、中学校は昨年度比12.3%増の6.4冊でいずれも増加しましたが、目標達成は出来ませんでした。
    小学校平成28年度:16.3冊、平成29年度:16.5冊、平成30年度:17.1冊
    中学校平成28年度:5.7冊、平成29年度:5.7冊、平成30年度:6.4冊
  • 図書管理システムは、2校のシステムをバージョンアップしました。また、小学校において寄附金を活用し、学校から希望のあった多数の書架や大型本棚などを購入し、ハード面でも図書環境を整えることが出来ました。
  • 学校司書教諭と市民図書館司書との実務を含めたワーキング会議を年2回開催しました。実際の業務にすぐ活用できるスキルを習得する場として大いに有用でした。
チャレンジNO.4

事業名

ティーンズブックリーダー事業 チャレンジ指標 ティーンズ利用者数
前年度比2%増

チャレンジ2018

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

市内中学校と高校を対象に「ティーンズブックリーダー」を募ります。
情報交換やアイディアを集約するためワークショップ等を開催します。
市民図書館の書架の一部に「ティーンズブックリーダーコーナー」を設け、学校ごとに一定期間提供します。
準備作業に創作室を開放します。
POP作成や展示方法などは職員がサポートします。

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

極力制限を設けず、中高生の自由な発想での取組とします。
必要物品や道具などは提供します。

達成度/実績

★★★/前年度比31.1%増

取り組み

  • 指標としていた利用者数は約31%の増と、前年を大きく上回る結果となりました。
  • ティーンズブックリーダー及び市内中学校の協力により、市民図書館の中に、各中学校お勧めの本をコーナーとして設け、現在も展示をしています。
  • 中高生向け書籍の利用冊数は前年より約10%の増であり、ティーンズブックリーダーの参加によって、大きな宣伝効果があったと考えられます。
  • 他に、関連した事業として「ティーンズブックカフェ」も実施しました。

“住み続けたいまち”に向けた学習環境の改善

チャレンジNO.1

事業名

第三中学校長寿命化改良事業 チャレンジ指標 工事完成による
施設満足度
満足度80%

チャレンジ2018

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

年内に西校舎2階、3階の部分供用を目指します。
残る1階の工事を年度末までに完成、使用開始を目指します。
障がいのある子どもを含むすべての子どもを対象とするインクルーシブ教育に配慮した施設整備を行います。

(2)節約・
収入増

電灯設備をLED化することで、ランニングコストの削減を図ります。
校舎の断熱性能の向上など、省エネルギー化を図ります。
工事に伴う引っ越し作業は、用務員等による共同作業や学校側と生徒達の協力をもらいながら、経費の削減に努めます。

(3)その他

公共施設マネジメントの観点から、施設面積の削減を意識し、将来的に解体予定の校舎の機能移転を計画します。
生徒数の将来予測から校舎規模の適正化を意識した計画とします。

達成度/実績

-/平成31年度の全体竣工後に満足度調査を実施予定

取り組み

西校舎は、平成31年1月に一部供用を開始し、3月に全体が完成しました。インクルーシブ教育に配慮して、スロープ新設などの合理的配慮をするとともに、電灯のLED化、外壁やサッシの断熱性能の向上を図るなど省エネルギー化を図っております。
第三中学校長寿命化改良事業は平成31年度の北校舎改修により全体が竣工するため、その後、満足度調査を行い達成度評価を行います。

地域と連携した教育活動・生涯学習の展開

チャレンジNO.1

事業名

アフタースクール事業(わくわく遊び隊) チャレンジ指標 参加者の満足度
80%以上

チャレンジ2018

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

市内6校で継続した活動を行います。
全6校による合同運動会等を開催します。

(2)節約・
収入増

利用者の理解を得ながら受益者負担(参加費徴収)を継続します。

(3)その他

指導者研修による活動メニューの充実(講師のスキル向上)を図ります。
全校で「運営委員会」を立ち上げ、地域住民の関わりを強化します。

達成度/実績

★★★/87.5%

取り組み

  • 昨年度に引き続き体育協会に委託し、市内6校で開催しました。
  • 開催にあたっては、指導講師、指導支援員、見守り隊の方として、66人の地域の方の協力を得ました。
  • スポーツフェスティバルやチームワークスポーツ大会の場を通して、わくわく遊び隊の学校間交流を図りました。
  • より楽しく安全な活動ができるよう、指導者や支援員の技術力向上を目的に、外部有識者を招いた研修会を2回開催し、計76名の参加を得ました。

定住・交流に繋がる地域資源の再生と郷土愛の醸成

チャレンジNO.1

事業名

勝画楼保存・活用推進事業 チャレンジ指標 市文化財指定
平成30年度

チャレンジ2018

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

応急修繕により、歴史的文化遺産としての価値を維持します。
調査・修繕等の進捗状況をホームページ等でお知らせします。
NPO等と連携し、環境整備(清掃)を実施します。

(2)節約・
収入増

維持管理費確保のため、寄付等に関して市民等への理解に努めます。

(3)その他

職員や外部有識者で構成する「勝画楼保存・活用検討委員会」を設置し、適切な保存・活用について検討します。

達成度/実績

★★★/10月指定

取り組み

  • 庁内及び外部有識者による「勝画楼保存・活用検討委員会」を立ち上げ、今後のあり方についての議論を開始しました。内部検討部会、外部検討部会をそれぞれ2回開催しました。
  • 本年度は建物の痕跡調査や古文書等を活用した詳細調査を行い、新たな知見を確認しました。
  • 建物の劣化や損壊を防ぐための応急修繕工事を行い、安全性を確保しました。
  • 記者会見や広報誌等において積極的な情報発信に努めました。
  • 歴史的建造物価値、本市の景観的価値がある重要な建造物であることから、市の有形文化財(建造物)に指定しました。
チャレンジNO.2

事業名

市民図書館サービスの向上と充実 チャレンジ指標
  1. 利用者アンケート満足度
  2. 利用者数
  1. 70%以上
  2. 前年度比2%増

チャレンジ2018

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

エスプ、美術館、市民図書館との交流を密にし、情報共有と連携を図ります。
各世代向けの図書館利用を促進する事業を展開します。
小学校の総合学習活動や一般利用者などの壱番館屋上展望台の活用を促進し、併せて図書館との連携を図り、読書活動の推進と図書館利用を高めます。
小・中学校への「おはなし出前講座等」を活発に実施します。
移動図書館のステーション検討に伴い、大型スーパーでの社会実験を継続します。
臨時開館を拡大します。(年間11日)
利用者の満足度を把握するため利用者アンケートを実施し、事業に反映させます。
市内中高生を対象に「ティーンズブックリーダー事業」を実施します。(別掲)

(2)節約・
収入増

講師などは、NPO団体や県図書館などへ依頼し、経費の節減に努めます。

(3)その他

創作室の利用を促進するため、ボランティアや読書会、コラソンに解放するとともに、リニューアルの検討を行います。
職員向けに読書案内や図書館見学などを実施することにより、職員の利用を促進します。
センターあり方検討会により、今後の図書館のあり方の検討を進めます。

達成度/実績

  1. ★★★/73.7%
  2. ★★★/23.2%増

取り組み

  • 指標にしていた利用者アンケート満足度は73.7%の満足度になりました。利用者の方には一定程度ご満足いただけていると考えます。
  • 図書館の利用者数は、昨年度と比べ飛躍的に伸び、前年度比23.2%増になりました。昨年度から進めてきた、市民向け、職員向けなどのPRが実を結んできたと思われます。
  • 昨年度は、学校へ出向いて実施した出前おはなし会のほか、大人向けの新規事業を多数行い、読書教育の普及に努めました。

“住んでみたい・訪れたいまち”に繋がる文化の振興

チャレンジNO.1

事業名

塩竈市杉村惇美術館管理運営事業
【ひと・まち・暮らしを文化でつなぐ-つなげる・ひろげる美術館】
チャレンジ指標

来館者数


23,000人

チャレンジ2018

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

行政機関や公共施設、公共美術館との情報共有と連携を推進します。
杉村画伯の他館所蔵作品をパネル化します。
各世代に対する美術に関する教育普及につながる事業に取り組みます。
「暮らしの市」など、市民と協働企画しながら、さらなる充実を図り、多くの市民に文化芸術活動への参加機会を提供します。

(2)節約・
収入増

指定管理者制度導入による効率性の向上・人件費等の軽減を図ります。
各種補助金・助成金、文化支援制度・プログラムなどの活用による事業費の拡充を図ります。

(3)その他

指定管理者との情報共有のため、定期的に連絡会議を開催します。
指定管理者の事業評価を行うため、有識者を交えた運営検討委員会を開催します。
美術館に対するニーズを把握し、事業に反映させるため、来館者及び事業参加者アンケートの調査(満足度調査)を実施します。

達成度/実績

★★★/26,988人

取り組み

  • 月例会と年3回の運営検討会で指定管理者と教育委員会が情報共有や協議を行い、指定管理者の強みを活かした美術館運営ができました。
  • 杉村惇特別企画展は、名誉館長の助言を得て、普段は目にすることができない仙台市所蔵作品を展示し、多くの方に杉村惇画伯とその作品を紹介しました。
  • 平成27年度から実施している「若手アーティスト支援プログラムVoyage」については、本年度から参加者を公募し、その参加者拡充を図りました。
  • 来館者数は前年度から3,985人増の26,988人となりました。
チャレンジNO.2

事業名

遊ホールにおける文化・芸術活動の機会の充実と支援事業 チャレンジ指標
  1. 来場者アンケート満足度
  2. 遊ホール集客率
  1. 85%以上
  2. 70%以上

チャレンジ2018

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

月曜日や年末年始など臨時開館を拡大します。(臨時開館56日、年間開館351日)
事業ごとのターゲットを明確にし、各世代が楽しめる事業を展開します。
客用エレベーターの改修工事及び5階男子トイレを一部洋式化します。
学校や地域でアウトリーチコンサートを実施します。(2事業)
市民が参加できるミュージカルやコンサートなどを実施します。

(2)節約・
収入増

文化事業に対する助成制度を積極的に活用し、自主事業の充実を図ります。

(3)その他

学校や商工会議所との連携により学校や事業者などへ広くPRします。
今後の管理運営の在り方について検討を進め、方向性を確認します。

達成度/実績

  1. ★★★/96.4%
  2. ★★★/通常開館日稼働率72.2%

取り組み

  1. 主催10事業の平均満足度は96.4%でした。
  2. 目標に対する稼働率の実績は61%でした。これは、臨時開館56日を含めての稼働率であり、本来の通常開館である295日の稼働率は72.2%と目標を達成しています。
  • ホール事業実績は15事業22公演、集客数4,509人であり、1公演あたりの集客数は205人となり前年度275人に対し25.5%減少しています。
  • 来場者アンケートの満足度は96.4%と高い水準を維持しています。
  • 月曜日及び臨時開館が56日間あり、ホール利用件数が6件、利用者数が160人でした。
  • ホームページ、フェイスブック、ツイッターのほか、イベント情報を毎月発行し、近隣の他ホールとの交流やダイレクトメールの送付など、情報発信を行い事業PRに努めました。また、施設の空き状況をホームページ上で毎月公開し、利用者の利便性の向上を図りました。
  • 3事業において文化団体等の助成を受け、質の高い公演を実施することができました。
  • 佐藤かん山氏などの地元出身芸術家や、しおがま文化大使等の協力を得て、5事業を実施しました。
  • 市民参加企画として、「市民ミュージカル」や「映画上映会」などを実施しました。
  • アウトリーチ事業として、小学校1校、中学校2校、集会所1ヶ所、医療機関1ケ所の2事業5公演を行い、参加者は458人となりました。
  • 5階男子トイレの和式便器2台を、洋式便器及び温水洗浄便座に改修しました。

イベント開催を生かした生涯スポーツの推進

チャレンジNO.1

事業名

肯山公遠忌300年記念行事 チャレンジ指標 関連事業への参加者数
1000人

チャレンジ2018

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

伊達家に関わる団体等との関係を構築しながら、塩竈発展の恩人肯山公に関するシンポジウムを開催します。
鹽竈海道に、肯山公の功績を刻んだ顕彰碑を建立します。
肯山公の事蹟をたどるまち歩きコースを設定し、リーフレットを作成します。

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

東園寺碑をはじめ、肯山公関連の史料を多数所蔵する関係団体に協力を仰ぎながら、史料展示や座禅体験会などの関連事業を実施します。
みなと塩竈・ゆめ博と連携しながら、各種イベントの活性化を図ります。
東北歴史博物館による特別展「伊達綱村展」との連携を検討します。

達成度/実績

★★★/4,138人

取り組み

  • 民間事業者等とともに『肯山公三百年遠忌記念顕彰碑建立実行委員会』を立ち上げました。実行委員会が中心となり、仙台伊達家御当主泰宗氏ご揮毫による「報恩顕彰碑」を神社境内に、肯山公が詠んだ「五言律詩碑」を北浜沢乙線の歩道に建立したほか、肯山公に対する子供たちの関心を得るきっかけとなるよう、全校に「伊達綱村公解説パネル」を寄贈しました。
  • 本市主催の『遠忌記念シンポジウム』として、「御当主泰宗氏による講演」及び「有識者によるパネルディスカッション」を開催し、市内外から約180名の参加を得ました。
  • 肯山公にゆかりのある東園寺の遠忌記念冊子「お殿様のまちおこし」の作成に協力し、市内小中学校の全児童生徒(約3,600人)に配布しました。
  • 東北歴史博物館の「伊達綱村公特別展」や「ゆめ博」を通して事業PRをしました。
チャレンジNO.2

事業名

スポーツ施設整備事業 チャレンジ指標 利用者満足度
80%

チャレンジ2018

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

交流人口の拡大に繋がるよう、軟式野球やソフトボール大会の誘致しやすい施設に更新し、施設の活用が促進される環境整備に努めます。
供用開始にあわせ活用されるよう、ホームページ等で情報発信を行います。

(2)節約・
収入増

施設の利用状況を把握し、将来的な受益者負担を検討します。
清水沢野球場施設のネーミングライツの活用を検討します。

(3)その他

中の島中央公園を所管する県(仙台塩釜港湾事務所)と連携を図ります。

達成度/実績

★★/71%

取り組み

  • 清水沢グラウンドのバックネットの更新、ワイヤレスマイクの設置等を図り、施設が有効に活用されるようになりました。
  • 中の島公園については、災害復旧工事を実施する県港湾事務所と連携しながら、野球施設外周ネットを整備し、本市のスポーツ施設の充実を図りました。
  • 竣工後の利用者アンケートの結果、71%の利用者から満足が得られました。
このページをシェアする <外部リンク>