ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > ミッション2017水道部の政策目標

ミッション2017水道部の政策目標

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

水道部のミッション

作成者

水道部部長・高橋敏也
水道部は、今年度に次のミッションを掲げ、事業を推進します。

今年度のミッション概要

今年度のミッション概要

水道部では、市民の皆さまの健康で豊かな生活環境を支えるライフラインとしての水道を、将来も変わらず、安定供給していくため、水道施設の耐震化などにより災害に強い水道を目指してまいります。

給水人口と水使用量の減少により、将来の水道料金収入の減少が見込まれる一方、水道施設の老朽化が進み、維持管理経費の増加が懸念されることから、運営基盤を強化して、これからも低廉な水の供給を継続してまいります。また、応急給水体制を強化し、災害時にも迅速に水をお届けしてまいります。さらに、お客様視点のサービスを提供するため、広報広聴機能を強化してまいります。

  1. 安定給水の確保
    水道老朽施設の計画的な更新・改良による安定的な水の供給
    1. 災害に強い水道の整備
    2. 水道施設復旧・復興事業
  2. 運営基盤の強化と低廉な水の供給
    長寿命化対策による運営基盤の強化と維持管理経費の低減
    梅の宮浄水場長寿命化対策事業(排水処理施設更新事業及び電気計装類更新事業)
  3. 災害対策の充実
    応急給水体制の強化
    応急給水体制構築事業
  4. お客様サービスの充実
    広報広聴機能の充実によるお客様の視点に立ったサービス提供改善
    水道事業情報発信強化事業

政策目標

  1. 安定給水の確保
  2. 運営基盤の強化と低廉な水の供給
  3. 災害対策の充実
  4. お客さまサービスの充実

重点事項

安定給水の確保

チャレンジNO.1

事業名

災害に強い水道の整備

チャレンジ指標 最優先耐震化路線耐震化率
(梅の宮浄水場から各配水池)
67%

チャレンジ2017

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

耐震構造を備えた長寿命管への布設替えを進め、災害リスクの低減を図ります。
梅の宮浄水場と市内配水池を結ぶ送水管を最優先耐震化路線と位置づけて地震対策を行い、平成28年度では耐震化率が60%となりました。
平成29年度は67%達成を目指して取り組んでいきます。

(2)節約・
収入増

国庫補助事業を有効に活用します。
耐震構造を備えた長寿命管を採用し、ライフサイクルコストの縮減を図り、安心・安全・低廉な水の供給を図ります。

(3)その他

公共施設総合管理計画に基づき次期管路整備計画を策定します。
チャレンジNO.2

事業名

水道施設復旧・復興事業

チャレンジ指標

進捗率

60%

チャレンジ2017

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

復旧・復興事業にあわせ、耐震構造を備えた長寿命管への布設替えを進め、災害リスクの低減を図ります。
復旧・復興事業については、各復興事業の進捗に合わせて平成32年度完了を目標とし、平成29年度は進捗率60%達成を目指して取り組んでいきます。

(2)節約・
収入増

災害復旧(国庫補助)事業を活用します。
(東日本大震災による沿岸部の水道施設等災害復旧の特例)
耐震構造を備えた長寿命管を採用し、ライフサイクルコストの縮減を図り、安心・安全・低廉な水の供給を図ります。

(3)その他

他部署所管の復興事業と共に管路整備を実施し、地域振興を後押しします。

運営基盤の強化と低廉な水の供給

チャレンジNO.1

事業名

梅の宮浄水場長寿命化対策
(排水処理施設及び電気計装類更新事業)

チャレンジ指標 排水処理施設稼働
1月

チャレンジ2017

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

梅の宮浄水場の老朽化した機械・電気設備の更新を行い、施設の機能維持と長寿命化を図ります。
既存施設を最大限活用し、必要最低限の更新を行うことで安全・安心・低廉な水の供給を図ります。

(2)節約・
収入増

最新機器の導入により、使用電力量の低減を図ります
施設更新により経年劣化による修繕費用の縮減及び保守点検サイクルを見直し、最新機器を採用することで、電力量削減等ライフサイクルコストの低減を図ります。

(3)その他

電気計装設備の更新にあたり、配水系統の見直し・更新施設の絞り込みを行い、施設全体のダウンサイジングを図ります。
浄水場の保全管理を検証し、安全対策を図ります。

災害対策の充実

チャレンジNO.1

事業名

応急給水体制構築事業

チャレンジ指標 応急給水訓練実施回数
5回

チャレンジ2017

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

町内会向けに、仮設水槽の組立て方や給水活動状況、新たな給水拠点などを掲載した独自広報を作成し周知を図ります。
迅速な給水を行うため、可搬式水槽から仮設水槽に移すためのエンジンポンプ等を4台購入し、災害用資機材の拡充を図ります。

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

自主防災組織や避難所開設員を対象に仮設水槽を利用した応急給水訓練を実施します。
清水沢公園と第一小学校の耐震性貯水槽を利用した訓練を実施します。

お客さまサービスの充実

チャレンジNO.1

事業名

水道事業情報発信強化事業 チャレンジ指標
  1. 水道教室等開催回数
  2. フェイスブック・ホームページ閲覧数
    (入札情報除く)
  1. 10回
  2. 2万アクセス

チャレンジ2017

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

水道に関する手続きを円滑にするため、「水道ガイド帳」を見直し、お客様満足度の向上を図ります

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

小学校や町内会などお客様を対象とした水道教室や出前講座、浄水場見学会を開催します。

フェイスブックやホームページを活用し、積極的な情報発信を行います。

このページをシェアする <外部リンク>