ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > ミッション2017市立病院の達成度

ミッション2017市立病院の達成度

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

市立病院事務部のミッション

作成者

市立病院事務部長・荒井敏明

市立病院事務部は、今年度に次のミッションを掲げ、事業を推進します。

今年度のミッション概要

平成28年度においては、宮城県地域医療構想が策定され、病院機能の方向性が示されましたほか、平成30年度においては、診療及び介護報酬の改定が予定されているなど、病院の経営を取り巻く環境は、大きく変化してきております。
このような状況において、収益に結びつかない公立病院として果たすべき医療も提供しながら、安定した経営基盤の構築が強く求められています。
平成29年度は、引き続き地域の皆様の命と健康を守り、信頼される病院を目指しますとともに、28年度に策定いたしました「塩竈市立病院新改革プラン」に基づきまして、市立病院の役割をしっかりと果たしながら、持続可能で安定的な経営基盤の構築に努めてまいります。
以上を踏まえ、平成29年度は次の事項を実施してまいります。

新改革プランに基づきまして、次の役割を果たしてまいります。

  1. 急性期医療の維持と積極的な救急患者の受け入れ
  2. 地域包括ケア病棟の運用による在宅復帰支援
  3. 療養病棟による慢性期医療の提供
  4. 在宅医療の充実

安心して受診いただけるよう、次の環境づくりに努めてまいります。

  1. 患者に寄り添った思いやりのある対応
  2. 質の高い医療の提供
  3. 医療施設・設備の充実
  4. 患者、家族、地域住民満足度の向上
  5. 地域における病院や福祉施設との連携強化

持続可能な経営体質の向上と強化に向けて、次の事業を実施してまいります。

  1. 病床利用率の向
  2. 外来患者の増患
  3. 人間ドックや健康診断などの受入増加
  4. 診療材料や薬剤等の費用削減

政策目標

  1. 塩竈市立病院新改革プランの実施
  2. 受診・療養環境の向上
  3. 経営体質の向上と強化

重点事項

塩竈市立病院新改革プランの実施

チャレンジNO.1

事業名

新市立病院改革プランの実施

チャレンジ指標 経常収支
黒字化

チャレンジ2017

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

院内各種会議において経営状況を報告するとともに、課題解決策を協議するなど、情報の共有化を図りながら、進行管理を徹底します。(医局会・管理者会議・経営健全化会議・運営会議)
外部評価委員会での評価を実施します。(有識者・医師会代表などで構成する改革プラン評価委員会でH28年度の評価を受けます。)
市民公開セミナーを開催します。(4回程度セミナーを開催し、当院の診療内容やプランの取り組みなどをお知らせします。)

(2)節約・
収入増

医業収益のプラン目標を達成します(入院収益16億426万6千円、外来収益7億2,813万9千円)
地域に根ざした公立病院として、救急患者を積極的に受け入れます。(目標:年間1,000件)

(3)その他

-

達成度

-

取り組み

  • 経常収支は約6,000万円の黒字化の見込みとなりましたが、一般会計からの1億1,700万円の追加の繰入金によるものであり、依然として厳しい経営状況でありますので、医業収益と定められた繰入金での目標達成に取り組んでいます。
  • 月2回開催する管理者会議や月1回開催する経営健全化会議、運営会議等において毎月の患者数、収益状況を報告し進行管理を実施しました。
  • 8月には平成28年度の病院事業を外部評価委員に評価いただくための評価委員会を開催しました。
  • 入院収益の実績見込みは14億9,551万2千円、外来収益の実績見込みは6億7,059万5千円となり、入院・外来を合わせて収益目標を1億6,627万3千円下回る見込みとなりました。
  • 救急患者の受入件数については、前年度より50件増加し、受入実績が878件となりましたが、年間1,000件の目標を達成できませんでした。

受診・療養環境の向上

チャレンジNO.1

事業名

療養環境向上事業 チャレンジ指標 施設整備実施率
100%

チャレンジ2017

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

エレベーターの新設・改修工事と合わせて、4階病棟と5階病棟の患者休憩室の環境整備を図ります。

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

エレベーターの新設・改修工事を行います。(28年度繰越事業)

達成度

★★★

取り組み

エレベーター新設・改修工事及び休憩室環境整備は平成29年12月に完了し、目標を達成しました。

チャレンジNO.2

事業名

患者満足度向上事業 チャレンジ指標 患者満足度調査
前年度結果以上

チャレンジ2017

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

患者満足度調査(患者対応、会計待ち時間等)を実施し、患者の意向把握に努めるとともに、調査結果を踏まえて改善活動に取り組みます。
28年度に全面リニューアルしたホームページを、5月を目標にスマートフォンにも対応出来るようにリニューアルし、利用者にわかりやすい情報発信に努めます。
院内イベントとして、ピアノコンサートを年2回(七夕とクリスマスの時期)に開催します。
職員の接遇研修を実施し、サービスの向上に努めます。

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

-

達成度

★★★

取り組み

  • 今年度の満足度調査の平均点は4点満点中3.62点となり、昨年度の平均点3.42点から0.2点向上し、目標を達成しました。
  • 8月28日から9月1日の5日間に患者満足度調査を実施し、調査結果を院内の健全化会議に報告の上、部署ごとに対応策を提出し患者満足度の向上に努めました。
  • 特に、外来の採血開始時間の繰り上げ、ホームページ等の案内地図の見直し、スマートフォン対応にする等、利用者の利便性を向上しました。
  • 院内イベントとしてピアノコンサートを7月と12月の2回実施しました。

経営体質の向上と強化

チャレンジNO.1

事業名

費用削減に向けた取り組み チャレンジ指標 費用削減額
300万円

チャレンジ2017

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

-

(2)節約・
収入増

新たに設置した診療材料等検討委員会を定期的に開催し、採用する診療材料の品目見直し等を行うことによって診療材料費の削減に取り組みます。
薬品の全国における仕入れ状況の把握に努めるとともに、値引き交渉の研修会に参加することなどにより、薬品費の削減に取り組みます。

(3)その他

部門別原価計算を継続して行い、業務フローの見直しを行います。

達成度

★★★

取り組み

下記の取組により、目標を大きく上回る費用の削減を図ることができました。

  • 診療材料の見直しにより年間594万円の削減、電気料金の契約内容の見直しにより年間165万円の削減、医薬品の適正な在庫管理、値引き交渉等により年間245万円の削減
  • 検体検査委託の自主運営方式への変更により、年間約1,039万円の削減
  • 業務フローの見直しにより、次年度の読影費用の削減に向けて、CT、MRIの画像読影の委託先の変更を行いました。
チャレンジNO.2

事業名

医業収益増加に向けた取り組み チャレンジ指標 人間ドック受入件数
2,600件/年

チャレンジ2017

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

-

(2)節約・
収入増

高度急性期病院等からの転入院患者の受入強化のため、院内での体制づくりを推進するとともに、病院訪問や情報発信に努め、入院患者の増加を図ります。
人間ドック、身体検査の再検査に該当した方に対する受診勧奨を実施するなど、二次検査の受入強化に取り組み、外来患者の増加を図ります。
人間ドックの受検者数2,600件/年の維持を目指し、企業訪問を積極的に行っていきます。
地域における医療機関や介護施設等との連携を強化するため、医療機関等を対象とした「地域医療連携の集い」を年1回開催するとともに、介護施設等を対象とした「地域連携サロン」を年3回程度開催します。

(3)その他

-

達成度

★★★

取り組み

  • 入院患者数は前年度から1日平均で1.1人減少しましたが、転入院患者の受入強化に努め、前年度の131件から203件に増加しました。
  • 外来患者数は、再検査の受診勧奨、二次検査の受入強化、胃・大腸カメラ受診者等の定期フォローに取り組み、前年度より1日平均で0.5人増加しました。
  • 人間ドック受検者数は積極的な受検紹介を勧めた結果、2,748人となり目標数値を達成しました。
  • 「地域医療連携の集い」は二市三町の開業医や介護施設のほか、平成29年度からは市外の高度急性期病院からも出席するなど約100名が参加し、連携強化が図られました。
このページをシェアする <外部リンク>