ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > ミッション2017教育部の政策目標

ミッション2017教育部の政策目標

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

教育部のミッション

作成者

教育部長・阿部光浩
教育部は、今年度に次のミッションを掲げ、事業を推進します。

今年度のミッション概要

  • 「塩竈市教育大綱」及び「塩竈市教育振興基本計画」に基づき、未来に羽ばたく塩竈っ子の育成を目指し、子どもから大人まであらゆる世代が、ともに学び、ともに楽しみ、ともに輝く、生涯学習を目指します。
  • まず、義務教育9年間で、すべての子どもたちに「社会をたくましく生き抜く力」を身につけさせるために塩竈市独自の小中一貫教育を本格実施いたします。
    キーワードを「活躍」と「交流」と掲げ、学力向上プラン、幼保小連携事業、中学校区単位の交流活動を展開します。
    また、学習環境の維持・改善を図るため、引き続き月見ヶ丘小学校の長寿命化事業を推進するとともに、各小中学校の図書整備の充実を図ります。
  • さらに地域と連携しながら、放課後における子どもたちの居場所づくりと体力増進に向けて、「わくわく遊び隊」事業を浦戸を除く全小学校で展開してまいります。
  • また、定住促進の一翼として、市民の郷土愛を醸成するため、塩竈学まちづくり学習事業を推進するとともに、塩竈市杉村惇美術館や図書館、遊ホールの利用を促進しながら文化的事業を展開し、まちのイメージアップと交流や連携を図ります。
  • そして、今年、本市において開催されるインターハイや全国高等学校総合文化祭を成功させ、生涯スポーツや学習の推進に繋げるとともに、市民連携によるおもてなしの心で歓迎し、本市のPRを展開しながら、「また訪れてみたいまち」となるように努めてまいります。

政策目標

  1. 次代を担う子どもたちの社会をたくましく生き抜く力の育成
  2. 住みたいまちに繋がる学習環境の維持・改善
  3. 地域と連携した様々な事業の展開
  4. 定住促進の一翼となる郷土愛の醸成
  5. まちのイメージアップに繋がる文化の振興
  6. イベント開催を契機とした生涯スポーツ・学習の推進スポーツの推進

重点事項

次代を担う子どもたちの社会をたくましく生き抜く力の育成

チャレンジNO.1

事業名

塩竈独自の小中一貫教育 チャレンジ指標
  1. 国語・算数(数学)の授業満足度
  2. 全国学力・学習状況調査の正答率
  1. 小:80%、中:70%
  2. 小:県平均値以上
    中:県平均値より-3ポイント以内

チャレンジ2017

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

<第4次塩竈市学力向上プラン
どの子にも「できる・分かる」喜びを味わえる授業づくりを推進します>
塩竈市学力向上プラン推進委員会を組織し、先進地域の研修視察、授業研究会等を実施し、小中学校での児童生徒が主体的に学ぶアクティブラーニングや視覚的にわかりやすいユニバーサルデザインの視点での授業改善を支援します。
市費非常勤講師を各校に配置し、中学校内での乗り入れ授業、異年齢交流活動、小中合同授業等を推進します。
市教委指導主事による学校訪問指導を充実させ、各学校での学力向上プランの実施状況を把握し、授業づくりや校内研究をサポートします。
教育実践発表会、しおがま至宝研修会、市内全教職員対象の研修会を実施し、教師の研修を充実させます。
<塩竈市幼保小連携事業
小学校と保育所・幼稚園が連携し、「生活の接続」と「学びの接続」を図ります>
アプローチカリキュラム・スタートカリキュラムを開発・活用し、小学校の学習や生活に滑らかに接続できるようにします。
特別支援教育のスーパーバイザーを小学校、保育所・幼稚園に派遣し、教員や保育士等の指導・助言を行います。
<中学校区単位の小中一貫交流活動
授業以外の教育活動での「活躍の場」と「交流の場」を創出します>
中学校区内の児童生徒間の交流活動を支援します。
中学校区内の教師間の交流活動・研修会を支援します。
学校・家庭・地域が一体となった行事や活動を支援します。

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

-
チャレンジNO.2

事業名

教室復帰と心のケアを目指す不登校対策
(スクールソーシャルワーカー活用事業,
青少年カウンセラー設置事業,
けやき教室運営事業,心のケアハウス運営事業)

チャレンジ指標
  1. 小学生の不登校の割合
  2. 中学生の不登校の割合
  1. 全国平均以下
  2. 県平均以下

チャレンジ2017

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

月例報告により児童生徒の状況を把握します。
学校生活アンケートにより学校生活満足度やいじめの状況を把握します。
スクールカウンセラー(心のケア)及びスクールソーシャルワーカー(福祉面の環境サポート)を配置します。
指導主事とSSWの学校訪問によって、各校の取組や今後の対応について把握します。
青少年相談センターのカウンセラー相談及び職員による電話相談を実施します。
不登校対策連絡会議を開催し、教育と福祉の情報共有や連携を一層強化します。
児童生徒の状況に応じて、塩竈市けやき教室(適応指導教室)又は、心のケアハウスへの通所を促し、学校への復帰を目指します。

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

小中一貫教育の推進により、小学校から中学校へのなめらかな接続を図り、中一ギャップを解消して不登校の減少を目指します。
学級づくりや授業づくりに向けた取組を充実させ、不登校を未然に防ぐよう各校に依頼します。
スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカーへの情報提供を積極的に行うよう、各校に依頼します。
子育て支援課等の関係機関への情報提供を積極的に行うよう、各校に依頼します。
不登校改善の事例を集約した事例集を作成・配布し、各校の取組に生かすよう依頼します。
青少年相談センターやけやき教室、心のケアハウスの周知徹底を各校に依頼します。
心のケアハウスを本塩釜駅前と東塩釜駅前の2箇所に設置し、児童生徒の利便性を向上させます。
心のケアハウスに特別支援教育の専門家をスーパーバイザーとして配置し、支援・相談・家庭訪問を統括させます。
塩竈市内各小中学校(浦戸を除く)に「学び・適応サポートルーム」を設置し、選任のサポーターが学校不適応の児童生徒へ学習支援を行います。
チャレンジNO.3

事業名

豊かな心を育む小中学校図書整備事業 チャレンジ指標

児童生徒一人
当たりの貸出冊数


前年度比1割増

チャレンジ2017

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

学校における学校図書館活用計画を踏まえ、学校図書の量的充実並びに配架や選書などの質的充実を図ります。
豊かな心を育む取組として、学校図書を活用した読書指導の推進を行います。
市民図書館との連携を図ります。市民図書館員等の高度なスキルを学校の図書担当教諭が学べる場を設けます。

(2)節約・
収入増

図書管理システムを採用し、図書の貸出の効率化を目指します。

(3)その他

学校図書館の環境整備(書架、蔵書等)を行い、児童、生徒が本に親しみやすい環境を整備します。
各小中学校で実施している読書推進活動の情報を共有するため、学校の図書担当教諭の連絡会議を開催します。

住みたいまちに繋がる学習環境の維持・改善

チャレンジNO.1

事業名

月見ヶ丘小学校長寿命化改良事業 チャレンジ指標 3・4号校舎の
供用開始時期
2学期中

チャレンジ2017

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

3号校舎、4号校舎について、工事全体としては年内に竣工します。
施工済施設の早期有効活用を図るため、4号校舎と3号校舎1階部分については、夏休み明けに供用を開始します。
障害のある子どもを含むすべての子どもを対象とするインクルーシブ教育に配慮した施設整備を行います。

(2)節約・
収入増

工事中の学校運営については、隣接する玉川中学校との連携を図りながら円滑な運営を行います。
引っ越し作業は、用務員等による共同作業やPTAの協力をもらいながら、経費の削減に努めます。

(3)その他

-

地域と連携した様々な事業の展開

チャレンジNO.1

事業名

「わくわく遊び隊」事業
(アフタースクール連携事業)
チャレンジ指標 会場校の拡充
6校

チャレンジ2017

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

地域指導者の掘り起しと、会場となる小学校の拡充に努めます。
子育て支援課の「アフタースクール事業」と連携し、支援を受けて事業の拡大、充実を図ります。

(2)節約・
収入増

受益者負担の観点から、指導者謝金及び必要経費等の負担について、参加者に対して理解を求めます。

(3)その他

対象となる小学生の参加者数の増加に努めます。

定住促進の一翼となる郷土愛の醸成

チャレンジNO.1

事業名

日本遺産を生かした塩竈学
まちづくり学習事業
チャレンジ指標 体感団参加児童の拡充
前年度比10%増

チャレンジ2017

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

平成28年度に開催したワークショップの検討を踏まえた塩竈学問所において、市内の文化財を「面」で楽しむための「文化財イラストマップ」を作成します。
残されている数多くの歴史写真を生かし、今と昔の写真探険会を開催し、記録として保存していきます。
「しおがま何でも体感団」の一環として、小中学生を対象とする「港町しおがまガイド研修会」や「海水からの塩づくり」など普段の生活では経験できない学習機会を提供します。

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

平成28年度、近隣市町とともに日本遺産として認定された「政宗が育んだ伊達な文化」を市民や観光客にPRし、新たな本市の歴史・文化の魅力を発信します。
チャレンジNO.2

事業名

市民図書館サービスの向上と充実 チャレンジ指標
  1. 利用者アンケート満足度
  2. 来館者数
  3. 新規利用登録者数
  1. 70%以上
  2. 前年度比2%増
  3. 前年度比5%増

チャレンジ2017

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

エスプ、美術館、市民図書館との交流を密にし、情報共有と連携を図ります。
各世代向けの図書館利用を促進する事業を展開し、新規利用登録など利用を高めます。
小学校の総合学習活動の場として、「図書館探検隊」を開催し、授業において壱番館展望台の活用や図書館での学習活動により、読書活動の推進と図書館利用を高めます。
中高生を対象に「夢★応援未来塾」など参加型の事業や交流の機会を設け、意見を反映します。
利用者の満足度を把握するため、利用者アンケートを実施し、事業に反映させます。

(2)節約・
収入増

講師はNPO団体や県図書館などへ依頼し、経費の節減に努めます。

(3)その他

創作室の利用促進を図るため、ボランティアや読書会などの文化活動団体へ解放し、図書館利用者の増加につなげます。
管理運営の在り方を含め、あるべき方向性を示す「図書館運営方針及び事業計画」を策定します。

まちのイメージアップに繋がる文化の振興

チャレンジNO.1

事業名

塩竈市杉村惇美術館管理運営事業
【ひと・まち・暮らしを文化でつなぐ-つなげる・ひろげる美術館】
チャレンジ指標
  1. 来館者数
  2. 来館者満足度

 


  1. 20,000人
  2. 80%

チャレンジ2017

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

行政機関や公共施設、公共美術館との情報共有と連携を推進します。
杉村画伯の人と作品に関する調査研究及び成果を発信するため、インタビュー調査、小冊子を発行します。
各世代に対する美術に関する教育普及につながる事業に取り組みます。
「暮らしの市」など、市民と協働企画しながら、多くの市民に文化芸術活動への参加の機会を提供します。

(2)節約・
収入増

指定管理者制度導入による効率性の向上・人件費等の軽減を図ります。
各種補助金・助成金、文化支援制度・プログラムなどの活用による事業費の拡充を図ります。

(3)その他

指定管理者との情報共有のため、定期的に連絡会議を開催します。
指定管理者の事業評価を行うため、有識者を交えた運営検討委員会を開催します。
美術館に対するニーズを把握し、事業に反映させるため、来館者及び事業参加者アンケートの調査(満足度調査)を実施します。
チャレンジNO.2

事業名

遊ホールにおける文化・芸術活動の機会の
充実と支援事業
チャレンジ指標
  1. 来場者アンケート満足度
  2. ホール稼働率
  1. 85%以上
  2. 70%以上

チャレンジ2017

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

試行的に実施してきた臨時開館を拡大し、月曜日開館にも取り組みながら、利用者のニーズに応え、ホールの稼働率増加につなげていきます。
事業ごとのターゲットを明確にし、各世代が楽しめる事業展開を行います。
老朽化する施設の維持管理に努め、利用しやすい環境維持に努めます。
学校や地域に出向くアウトリーチコンサートなど、市民の身近なところで文化芸術を楽しむ機会を提供します。
市民が参加できるミュージカルやコンサートなどを企画・実施し、自己実現と生きがいづくりなどを図ります。

(2)節約・
収入増

文化事業に対する助成制度を積極的に活用し、自主事業の充実を図ります。

(3)その他

新たな地元出身芸術家の活躍を紹介し、市民の方々へ周知広報に努めるとともに盛り上がりを醸成します。
今後の管理運営の在り方について検討を進めるとともに、方向性を確認します。

イベント開催を契機とした生涯スポーツ・学習の推進

チャレンジNO.1

事業名

平成29年度全国高等学校総合体育大会事業 チャレンジ指標 しおがまおもてなし満足度
80%

チャレンジ2017

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

大会のPRを図るため、横断幕やのぼり旗、ポスター等を作成し、広く啓発活動を実施します。
市民一体となってのおもてなしにより、地元の活性化を促進する機会とします。
インターハイの開催を契機とし、競技スポーツの普及・振興を図ります。

(2)節約・
収入増

企業やスポーツ関係団体に幅広く協賛を求めます。
地元の高校生の協力により、経費の削減に努めます。
競技会場として使用する施設・設備は、既存の施設・設備を有効に活用します。
競技用具や備品については、既存の施設や競技団体が現有している備品を有効に活用します。

(3)その他

大会終了後、本市の印象、また期間中の本市のおもてなし満足度を、出場校にアンケート調査を行い、今後のイベントに活かします。
チャレンジNO.2

事業名

第41回全国高等学校総合文化祭事業 チャレンジ指標 しおがまおもてなし満足度
80%

チャレンジ2017

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

大会のPRを図るため、横断幕やのぼり旗、ポスター等を作成し、広く啓発活動を実施します。
創作室の利用促進を図るため、ボランティアや読書会などの文化活動団体へ解放し、図書館利用者の増加につなげます。
文化祭の開催を契機とし、開催競技種目(小倉百人一首かるた)の普及・振興を図ります。

(2)節約・
収入増

企業やスポーツ関係団体に幅広く協賛を求めます。
地元の高校生の協力により、経費の削減に努めます。
競技会場として使用する施設・設備は、既存の施設・設備を有効に活用します。
競技用具や備品については、既存の施設や競技団体が現有している備品を有効に活用します。

(3)その他

大会終了後、本市の印象、また期間中の本市のおもてなし満足度を、出場校にアンケート調査を行い、今後のイベントに活かします。
このページをシェアする <外部リンク>