ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > ミッション2016建設部の達成度

ミッション2016建設部の達成度

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

建設部のミッション

作成者

建設部長・阿部徳和
建設部は、今年度に次のミッションを掲げ、事業を推進します。

今年度のミッション概要

震災復興計画の後期に突入する平成28年度を建設部は「完遂する。させる」のスローガンのもと業務遂行のために自己管理と同時に遅延を容認しない「進行管理」に取り組み、業務を確実に進捗します。そのために「工事履行報告」「早期の方針合意形成」「事業調整」「関係機関協議」「住民説明」「財源確保」など部を挙げて機動的な解決を図ります。これらにより、本市の定住、交流、連携を下支えする良好な都市基盤形成の早期発現を目指す。さらに事業を実施する際、部内で横断的に連携するための建設行政推進計画の作成を検討していきます。
また都市マスタープランなど本市の発展、持続のプラットフォームとなる計画策定及び長年の都市課題の解決に向けた見通しをつけ施政方針の「復興創生の年」に貢献します。

定住を促す都市基盤の形成

  1. 道路、下水道、雨水対策、住宅基盤などの整備に邁進
    • 工事発注上半期100%(補正予算分を除く)
    • 工事履行報告の徹底=進捗をフォローアップし工期内の完成
  2. 既存ストックの計画的マネジメント
    • 橋梁、市営住宅、優先順位上位の市道の計画にそった予防保全事業実施
    • 停電時の電源の確保(第一中央貯留管、越の浦汚水中継ポンプ場)

都市課題解決への挑戦

  1. 長期的な都市課題を抽出し整理、解決への計画
    • 都市マスタープラン、景観計画の策定
    • まちづくり懇談会、景観条例、都市再生整備計画事業の推進
    • 効果的な下水道溢水対策の検討
  2. 短期的な都市課題の整理、解決、情報提供
    • 建設部ニュースのSNS化促進
    • 市民苦情要望へのワンデーレスポンス
    • 木造住宅耐震化の増進
  3. コンパクトな魅力あふれる塩竈の未来を模索
    • 立地適正化計画の策定に向けた検討

将来のための備えを講じる

  1. ハード
    • 架橋など重要都市インフラの点検
    • 移管などで将来、建設部での維持管理を前提とした整備内容・維持・運用等の検討
    • 人的体制を想定した雨水ポンプ場遠隔監視システムの導入
  2. ソフト
    • 公共下水道地方公営企業会計法適用への移行事務
    • 公園管理方針、リノベーションなど資産の有効活用を検討
    • 災害公営住宅の新たなコミュニティーへの定着支援

政策目標

  1. 定住を促す都市基盤の整備
  2. 都市課題解決への挑戦
  3. 将来のための備えを講じる

重点事項

定住を促す都市基盤の形成

チャレンジNO.1

事業名

市道整備事業 チャレンジ指標 上半期発注率
100%

チャレンジ2016

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

復興交付金事業で取り組んでいる新浜地区、北浜地区、藤倉地区の道路整備については、上半期内の完成を目指します。
第二小学校、第三中学校への避難路整備(3か所)を図ります。
海岸通再開発事業に併せて周辺道路環境整備が図れるよう準備を進めます。
老朽化している道路・側溝等の更新・整備を年次計画に基づいて進めます。
道路等のデータベースとなる台帳整備を進めます。

(2)節約・
収入増

近接する路線を一括して発注することにより、経費節減を図ります。

(3)その他

工事発注予定件数:18件(事業費:147,660千円)
第一四半期(4~6月)の発注率:50%以上を目指します。

達成度

取り組み

新浜地区では、5工事中、2工事が予定した上半期内の竣工となりましたが、3工事は地下埋設物等の調整により発注が遅れ、年度内の竣工となりました。北浜・藤倉地区は、天候による延期や増工により年内竣工、避難路は年度内竣工となりました。
海岸通再開発事業に伴う周辺地区の環境整備については、効果促進事業での採択に見通しがつき、新年度実施に向け準備を進めてきました。
上半期発注率は、関係者協議に時間を要し、一部で発注時期が遅れたため、18件中13件で72%となりましたが、年間発注率では18件中18件で100%となりました。

チャレンジNO.2

事業名

橋りょう整備事業 チャレンジ指標 上半期発注率
100%

チャレンジ2016

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

一本松大橋の大規模修繕工事の早期発注を図ります。
塩釜陸橋の伸縮部補修工事を引き続き実施し、地域住民への騒音・振動の軽減を図ります。
跨線橋3箇所(石堂2、越の浦1)を含む13橋の定期点検を実施し、橋りょうの安全性の向上を図ります。
橋りょう等のデータベースとなる台帳整備を進めます。

(2)節約・
収入増

複数年契約を締結することにより、経費節減を図ります。

(3)その他

工事発注予定件数:2件(事業費:337,000千円)
第一四半期(4~6月)の発注率50%以上を目指します。

達成度

取り組み

一本松大橋は計画どおり上半期に発注しましたが、塩釜陸橋は関係機関との調整により発注時期が遅れたため、上半期発注率は2件中1件の50%に止まりました。
塩釜陸橋は、伸縮装置の付替え工事を行うことで、地域住民への騒音・振動の軽減を図りました。

チャレンジNO.3

事業名

都市計画道路八幡築港線
関連市道整備事業
チャレンジ指標 工事竣工
9月

チャレンジ2016

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

仙台土木事務所など関係機関との協議により、事業実施の支障となる点を早期に解決します。
早期竣工を目指し、市民生活への影響が最少となるように努めます。
既存施設を供用しながらの工事であり、利用者への周知と事故対策を徹底します。
雨水排水については、十分に留意しながら施工を進めます。

(2)節約・
収入増

工事に支障となる事象を速やかに把握し、期日内の竣工を目指します。

(3)その他

きめ細かい情報提供に努め、事業の進捗を図ります。
避難誘導のサイン整備を行います。

達成度

★★

取り組み

八幡築港線に接続する市道舟入二号線の整備により、津波発生時の避難ルートを確保しました。
現地調査の結果、施工箇所の一部に岩盤があることが判明し、工種の追加や上下水道の埋設管の移設等が必要となり、不測の時間を要したため、竣工が延びて12月になりました。

チャレンジNO.4

事業名

公共下水道雨水事業 チャレンジ指標 上半期契約率
100%

チャレンジ2016

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

中央第2ポンプ場(中央第2貯留管、中央放流渠含む)、越の浦雨水ポンプ場の早期供用を目標として整備します。
越の浦雨水ポンプ場放流渠及び中の島雨水枝線について、第1四半期での契約を目指します。
北浜一丁目中通線について、災害復旧事業との調整を行い、第1四半期での契約を目指します。
停電時の対策として、第一貯留管の自家発電機整備について、第2四半期での契約を目指します。
中央第2ポンプ場及び越の浦雨水ポンプ場の遠方監視装置について、第2四半期での契約を目指します。
本物の身近な建設現場を体験し、学習する子ども現場見学会を開催します。

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

履行確認報告書の活用を図り、工事の確実な進捗を図ります。
(参考)当初予算における契約予定件数:6件

達成度

取り組み

復興事業については、平成29年度の竣工を目標に施工中ですが、越の浦雨水ポンプ場放流渠と中の島雨水枝線は第1四半期に、第一貯留管の自家発電機整備は第3四半期に発注したことから、契約予定件数6件に対して上半期の発注は2件に止まり、上半期発注率は33.3%でした。
また、6月27日には「こども現場見学会」を開催し、第三小学校4年生の児童のみなさんに中央第二貯留管の工事現場を案内しました。

チャレンジNO.5

事業名

公共下水道災害復旧事業 チャレンジ指標 上半期契約率
100%

チャレンジ2016

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

北浜地区災害復旧事業(調整池及び管渠)について、早期着工を目指します。
  • 全体工事費:約39億円(期間:H28~H30)、延長:約3.6km
  • 調整池V=5,000立方メートル
    ポンプφ300mm45kw4台、φ100mm0.75kw1台

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

発注者支援を活用し、円滑な工事進捗を図ります。
履行確認報告書の活用を図り、工事の確実な進捗を図ります。
(参考)当初予算における契約予定件数:4件

達成度

取り組み

北浜地区災害復旧事業(調整池及び管渠)については、9月に契約し、上半期での契約目標を達成することができました。しかしながら、当初予算における契約予定件数4件に対して3件の契約となり、上半期契約率は75%となりました。
今後は、市、請負者、設計者、受託者の4者で連携を図りながら、平成30年度の完成を目指します。

チャレンジNO.6

事業名

市営住宅改修事業 チャレンジ指標 10ヶ年計画(H22~31)
改修達成率
75%(事業費ベース)

チャレンジ2016

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

桜ヶ丘住宅2号棟30戸の手摺設置により、居住性を向上します。
貞山通住宅3号棟16戸のガス管更新改修を実施し、長寿命化を図ります。

(2)節約・
収入増

国の予算を活用しながら、10ヶ年計画の見直しを行い、事業費ベースで75%を達成するよう改修計画を推進します。

(3)その他

-

達成度

★★★

取り組み

桜ヶ丘住宅2号棟30戸について、居住性向上のため手摺を設置しました。
貞山通住宅3号棟16戸について、長寿命化のためガス管を更新改修しました。
以上の取組みにより、事業費ベースで517,584千円を執行し、平成31年度までの全体計画688,824千円に対して、75%の改修達成率となりました。

都市課題解決への挑戦

チャレンジNO.1

事業名

都市マスタープラン改定事業 チャレンジ指標 将来を見据えた
地区ごとの提案
5ヶ所以上

チャレンジ2016

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

塩竈市都市マスタープラン有識者懇談会を開催し、市内の各分野の有識者からの意見を計画に反映させます。
地域別構想を策定するために、地域別懇談会を開催し、市民と協働したまちづくりが進められるような計画を策定します。
塩釜高校の生徒と連携してワークショップを開催し、市民のまちづくりへの関心を高めます。
都市機能集約を目的とした立地適正化計画の策定を見据え、コンパクトなまちづくりを目指す計画を策定します。

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

行政、市民、企業、学生(特に高校や大学生)と意見交換する場を設け、市民が一体となって計画策定に携わることにより、市民が主体となって今後のまちづくりに取り組めるようにしていきます。
定住・交流人口増加につながるまちづくりの推進のため、庁内の若年層職員からの意見を吸い上げる機会を創出し、担当課のみならず全庁的に計画策定に取り組みます。
立地適正化計画の各部署での理解を深めるため、庁内勉強会を開催します。

達成度

★★★

取り組み

平成27年度に全体構想を取りまとめ、平成28年度は地域別構想を計画通り取りまとめました。
東西南北の各地区にて地域別懇談会を開催し、地域の意見を聴くとともに、有識者懇談会、市内の団体で構成するまちづくり懇談会、市内の20~30歳代で構成する塩竈の未来のまちづくりを考える会を開催し、様々な世代との意見交換を行いながら計画に反映させました。
また、塩釜高校みらいまちづくりワークショップを開催し、市内のまちあるきを行い、まちづくりへの関心を高めました。
地区ごとの提案については、市内7地域で平均15ヶ所の提案を行って地域別構想にとりまとめ、目標を達成しました。

チャレンジNO.2

事業名

景観推進事業 チャレンジ指標 景観条例の制定
年度内

チャレンジ2016

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

地区別懇談会を開催し、行為の制限について理解と協力を図ります。
市民への啓蒙活動として、景観計画のパンフレットを作成し周知します。

(2)節約・
収入増

啓蒙活動については、市の広報紙を活用します。

(3)その他

条例制定に併せて、眺望点でのサイン整備を検討します。
緑化整備推進に向けた全市的なルールづくりを検討します。

達成度

取り組み

平成27年度、基本理念について景観計画を策定し、平成28年度は条例制定に向けた機運の高まりと市民意識の醸成を図るため、9月~10月に地域懇談会を計4回、平成29年3月に対象地区企業説明会を1回開催しましたが、年度内の条例設定の目標は達成できませんでした。
条例化にあたっては、鹽竈海道沿線地区(西町・宮町・赤坂の一部)住民の理解が不可欠であることから、今後も引き続き説明会などを開催し、合意形成を目指します。

チャレンジNO.3

事業名

第3期(平成27~31年度)都市再生整備計画事業
(千賀の浦緑地屋外広場)
チャレンジ指標 設計施工一括発注
6月

チャレンジ2016

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

市民活動団体や周辺地域住民の意見聴取を行いながら、利活用しやすい施設設計を取りまとめていきます。
照明、電源、給排水施設を整備し、利用しやすい施設を目指します。
県港湾部局と連携を図りながら、海辺空間の景観形成につとめます。

(2)節約・
収入増

設計施工の一括発注により工期短縮につとめます。
プロポーザル方式により業者の提案力や技術力を計り、選定します。
海上保安部から巡視船おしかのイカリを譲受け、景観資源として活かします。

(3)その他

フェイスブック等を活用し、随時取組状況を発信します。
松島”湾”ダーランドと連携した広域的な案内サインの設置を検討します。
屋外広場整備箇所に完成予定パースを設置し、市民等への周知を図ります。

達成度

★★★

取り組み

プロポーザル方式により業者を選定し、平成28年6月契約締結、平成29年2月末竣工、同年3月に完成式典を挙行しました。
本市の魅力を活かした都市空間が整備されたことにより、今後、中心市街地の賑わい創出が見込まれています。
また、巡視船おしかの錨の他、新たに導灯を敷地内に移設するなど、ランドマーク施設としての機能向上を図りました。

チャレンジNO.4

事業名

フェイスブックを活用した
建設部の情報発信の強化
チャレンジ指標 いいね!の数
2,000

チャレンジ2016

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

大雨や台風等による冠水情報や通行止め情報などを、迅速に発信します。
建設事業について、市民にもわかりやすい言葉と写真で情報を発信します。
公共工事に伴う通行止め情報を随時写真つきで投稿します。
災害公営住宅のコミュニティ形成の取り組みについて、URと連携し、情報提供を行います。
建設部関連の各種イベント情報の事前告知などの情報発信を行います。

(2)節約・
収入増

紙媒体と比較して、事務経費を支出することなく情報発信を行います。
市が運営する時間貸駐車場の情報を発信することにより、歳入増につなげます。

(3)その他

景観計画や都市マスタープラン改定事業について情報発信し、市民意見を取り入れるツールとして活用します。
写真のみでなく動画を投稿することにより、誰が見てもわかりやすい情報発信に取り組みます。

達成度

取り組み

公共工事の進捗情報や災害公営住宅の整備・入居状況、各種イベントなどをリアルタイムで発信することにより、建設部の事業を周知することができました。
記事の投稿を74回行い、1,155の「いいね!」を受けましたが、目標達成率は57.8%でした。
今後は、大規模公共工事などの継続的な情報発信や動画投稿などを行い、閲覧者の興味を引くような取り組みを行います。

チャレンジNO.5

事業名

公共下水道汚水事業 チャレンジ指標 下水道普及率
99.3%

チャレンジ2016

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

不明水対策として効果的な施策を検討します。
大日向ポンプ場自家発電施設整備について、早期着工を目指します。
越の浦汚水中継ポンプ場の自家発電施設整備について、復興交付金での事業化を目指します。

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

仙塩流域下水道管内溢水対策連絡調整会議の開催により、広域で溢水対策に取り組みます。
【指標の説明】
普及率の向上
=(H27年度処理区域人口+H28年度整備人口)/行政区域人口
(54,797+55人)/55,247人×100=99.3%

達成度

★★★

取り組み

越の浦汚水中継ポンプ場の自家発電施設整備工事は、平成28年度で発注・完成しました。
不明水対策としては、広域では塩流域下水道管内溢水対策連絡調整会議の中でモデル地区を選定し、誤接続調査や工事等を実施しました。
本市の取り組みととして、テレビカメラによる管渠・宅内枡等の誤接続調査を行い、修繕工事(4件)を実施しました。
平成28年度末の下水道普及率は99.3%となり、目標を達成しました。
(処理人口54,547人/54,959人=99.3%)

チャレンジNO.6

事業名

木造住宅耐震対策事業 チャレンジ指標 住宅の耐震化
91%

チャレンジ2016

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

5%程度(200平方メートル以下の場合)の費用負担で、木造住宅耐震診断を実施します。
耐震改修工事の1月3日の額(限度額30万円)を助成します。
住環境整備事業(限度額20万円)を上乗せし、木造耐震工事を促進します。

(2)節約・
収入増

社会資本整備総合交付金(地域住宅分野)事業を活用します。
みやぎ木造住宅耐震改修工事促進助成事業(25万円)を活用します。

(3)その他

パネル展や耐震相談、出前講座による周知活動を実施します。
町内会等自主防災組織による地域パトロールを活用した周知活動を行います。
【参考:指標の説明】平成25年度住宅土地統計調査の結果が平成27年度に公表となり、調査結果より88.5%(H25.9)、最新推計耐震化率が90.33%(H28.3)と算定されました。

達成度

★★★

取り組み

平成28年度診断事業の実績として、耐震診断助成31件を実施しました。
平成28年度改修事業の実績として、耐震改修補助11件、耐震改修促進補助11件、住環境補助10件を実施しました。
以上の取組などにより、平成28年度末の推計耐震化率としては、住宅戸数21,724戸に占める耐震性を有する住宅19,825戸の割合が91.26%となり、目標を達成しました。
また、事業を促進する方策として、町内会等自主防災組織のタウンウォッチングを活用し、木造住宅の耐震化をPRしました。

将来のための備えを講じる

チャレンジNO.1

事業名

公営企業会計法適用移行事業 チャレンジ指標 公会計システムの構築
年度内発注

チャレンジ2016

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

下水道事業における経営基盤の強化と持続可能な事業運営を図ります。
平成32年度の移行に向けて早期発注に努めます。
【参考】主なスケジュール
  • 固定資産台帳整備:H28~H30
  • 企業会計システム導入:H28~H31

(2)節約・
収入増

既存台帳(GIS)を有効活用することで、委託費を節減していきます。
工事資産の明細を把握し、長寿命化対策などへの有効的な活用を行います。

(3)その他

-

達成度

取り組み

地方公営企業法の適用による公営企業会計への移行に向けて、発注準備を進めていましたが、発注仕様の取りまとめに時間を要した為、年度内での契約締結に至りませんでした。
今後、平成32年度の移行に向けて早期に発注をしていきます。

チャレンジNO.2

事業名

緑化推進事業 チャレンジ指標 団体による管理公園数
50箇所

チャレンジ2016

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

町内会等、市民団体との公園維持管理協定締結による公園管理体制を構築します。
公園管理マニュアルに基づく、公園遊具の適切な管理を行います。
伊保石公園内園路(遊歩道)等の環境整備を行います。

(2)節約・
収入増

公園のリノベーション及び現業職員不補充の人事方針に則した公園維持管理業務方針を検討します。

(3)その他

「花と緑の日」の開催に併せた集客イベントの実施を検討します。
北浜緑地護岸公園(仮)の維持管理を前提とした管理方針を検討します。
公園、緑地等を活用したイベント等開催への協力と緑化推進事業への啓発活動を行います。

達成度

★★★

取り組み

公園維持管理協定締結団体及び他の町内会への情報提供、協定締結の案内等により、2団体の増となり、管理公園数は51箇所に増加しました。
また、「花と緑の日」に併せた集客イベントを「みなと塩竈・ゆめ博」開催中のマリンゲート塩釜で開催し、緑化推進事業等を広く一般に周知する機会を設けました。

チャレンジNO.3

事業名

災害公営住宅入居・

管理事務事業

チャレンジ指標 入居後の満足度
80%

チャレンジ2016

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

すでに入居が完了している地区での入居後のコミュニティ支援に、他課と連携しながら取組みます。
仮設住宅入居期限との兼ね合いも含め、今後順次完成予定の災害公営住宅への速やかな入居を進めます。

(2)節約・
収入増

入居者のサービス向上や経費削減のため、管理代行制度や指定管理者制度の活用について取り組みを進めます。

(3)その他

災害公営住宅の進行状況などについて、定期的に情報提供を行います。

達成度

★★

取り組み

平成28年度においては、伊保石地区(2期)、清水沢東地区、錦町東地区及び北浜地区の整備完了により、それぞれの地区で入居説明会や入居式を行いながら、併せて交流会も実施し、入居者同志や近隣住民とのコミュニティ形成を図ることができました。
入居後の満足度調査(入居後1年後)として、浦戸地区の寒風沢、朴島、桂島2期の入居者に対してアンケート調査を実施したところ、72.3%が満足との回答であり、目標値に対して90.4%の達成率でした。

このページをシェアする <外部リンク>