ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > ミッション2016教育部の達成度

ミッション2016教育部の達成度

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

教育部のミッション

作成者

教育部長・菅原靖彦
教育部は、今年度に次のミッションを掲げ、事業を推進します。

今年度のミッション概要

  • 塩竈市教育大綱に基づき、豊かな心と健やかな体を育みながら、未来にはばたく塩竈っ子の育成を目指します。また、ともに学び、ともに楽しみ、ともに輝く、生涯学習社会を目指します。
  • まず、生きる力を育む学校教育においては、新学力向上プランを推進するとともに、小中一貫教育の手法も取り入れながら総合的な不登校対策に取り組みます。
    また、学習環境を整備するため、学校施設の大規模な改修を推進し、月見ケ丘小学校校舎の長寿命化改良事業を行うとともに、各学校における学校図書館活用計画と連動した図書整備に取り組みます。
  • また、学校教育と地域社会との連携を進めるため、地域、学校、家庭が協力して、放課後の児童の居場所づくりと体力増進に取り組む「わくわく遊び隊」事業を玉川小学校を会場に試行的に実施し、翌年度以降の更なる展開を目指します。
  • 生涯学習の分野では、塩竈学まちづくり事業で市民の郷土愛の更なる醸成を図るとともに、昨年度市民自らが自主的主体的に企画運営し、絵本を通して幅広い世代が集い交流した「シオーモ絵本まつり」事業の2回目を実施します。また、市民図書館では児童・生徒の読書活動の充実のための市民図書館利用の推進等により、利用登録者数の5%増を目指します。
  • 歴史の継承と文化の振興においては、しおがま文化大使のご協力を得て、ザルツブルグ市と本市をつなぐ「しおのまち音楽祭」等を開催するとともに、塩竈市杉村惇美術館や市民交流センターを拠点に市民の文化芸術に親しむ機会を数多く創出します。
  • 生涯スポーツの推進では、世代に応じたスポーツの普及と、アスリートと市民がふれあう機会の創出等をとおして、スポーツ人口の増加につなげます。

政策目標

  1. 生きる力を育む力の充実
  2. 学習環境の充実
  3. 地域社会との連携
  4. 生涯学習の推進
  5. 歴史の継承と文化の振興
  6. 生涯スポーツの推進

重点事項

生きる力を育む力の充実

チャレンジNO.1

事業名

新学力向上プランの推進 チャレンジ指標

全国学力・学習状況調査

の正答率

小学校:県平均値より-2ホ゜イント以内

中学校:県平均値より-3ホ゜イント以内

チャレンジ2016

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

<授業づくり>
市内全教員参加の実践発表会を実施します。
初任者層教員研修会「しおがま至宝研修会」を実施します。
市教委指導主事及び市教科等指導員による学校訪問指導を実施します。
各種学力学習調査を分析し、活用します。
<学ぶ意欲と姿勢づくり>
しおがまサマースクールを実施します。
家庭学習の手引き(塩竈市版・クリアファイル)を作成し、全児童生徒に配付するとともに、活用を図ります。
<家庭における学習環境づくり>
家庭での学習・生活リーフレットを活用した市内幼稚園・保育園での保護者向け説明会を実施し、幼保段階からの家庭での生活・学習習慣の改善を図ります。
各学校及び市PTA連合会と連携し、家庭での生活・学習習慣改善を啓発していきます。

(2)節約・
収入増

教育委員会指導主事が各校を訪問し、授業づくり、学びスタンダードの徹底について指導にあたります。
長期休業中に行うサマースクール等では、大学生を誘致し指導員としての活用を図ります。

(3)その他

各学校だよりや市の広報等で、児童生徒や授業の様子、教員の取組等について紹介していきます。
サマースクール等では各校に特別支援教育支援員を配置し、指導員として活用します。
学習習慣については各校で実践している「学びスタンダード」の活用も図ります。

達成度

取り組み

平成28年度全国学力・学習状況調査の正答率において、県平均との差は、小学校で、国語がマイナス0.9ポイント、算数がマイナス0.35ポイントであり、目標を達成できました。中学校では、国語がマイナス4.5ポイント、数学がマイナス5.9ポイントであり、どちらも目標を達成できませんでした。
また、平成28年度は、第3次塩竈市学力向上プラン(3カ年)の最終年度ということもあり、各種事業を実施しながら、その都度、事業内容とその成果について評価・検証を進め、昨年9月からは、第4次塩竈市学力向上プラン(H29~H31)の作成に取りかかり、今年1月にプランが完成し、市内全小中学校に周知しました。

チャレンジNO.2

事業名

不登校対策
(スクールソーシャルワーカー活用事業、

青少年カウンセラー設置事業、

けやき教室運営事業、

心のケアハウス運営事業)

チャレンジ指標
  1. 小学生の
    不登校の割合
  2. 中学生の
    不登校の割合
  1. 0.7%以下
  2. 5.1%以下

チャレンジ2016

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

月例報告による児童生徒の状況を把握します。
学校生活アンケートによる、学校生活満足度やいじめの状況を把握します。
SC(スクールカウンセラー)及びSSW(スクールソーシャルワーカー)の配置を行います。
指導主事とSSWの学校訪問による、各校の取組や今後の対応について把握します。
青少年相談センターのカウンセラー相談及び職員による電話相談を実施します。
不登校対策連絡会議を設置し、教育と福祉の情報共有や連携を一層強化します。
児童生徒の状況に応じて,塩竈市けやき教室(適応指導教室)又は、心のケアハウスへの通所を促し、学校への復帰を目指します。

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

小中一貫教育の推進により,小学校から中学校へのなめらかな接続を図り、中一ギャップを解消して不登校の減少を目指します。
学級づくりや授業づくりに向けた取組を充実させ,不登校を未然に防ぐよう各校に依頼します。
SCやSSWへの情報提供を積極的に行うよう各校に依頼します。
市子育て支援課等の関係機関への情報提供を積極的に行うよう各校に依頼します。
不登校改善の事例を集約した事例集を作成・配布し、各校の取組に生かすよう依頼します。
青少年相談センターやけやき教室、心のケアハウスの周知徹底を各校に依頼します。
心のケアハウスを本塩釜駅前と東塩釜駅前の2箇所に設置し、児童生徒の利便性を向上させます。
心のケアハウスには特別支援教育の専門家をスーパーバイザーとして配置し、支援・相談・家庭訪問を統括させます。
塩竈市内各小中学校(浦戸を除く)に「学び・適応サポートルーム」を設置し、選任のサポーターが学校不適応の児童生徒へ学習支援を行います。

達成度

★★★

取り組み

不登校は、前年度の90人から59人と34%減少しました。小学校の不登校の割合は、0.25%、中学校では3.89%であり、大きく減少することができました。特に、指導主事やSSWの学校訪問指導や、不登校対策連絡会議での成功事例等の情報交換が功を奏したと考えます。
また、塩竈市子どもの心のケアハウス「コラソン」の運営も軌道にのっており、学校復帰までは到達できませんでしたが、引きこもりの児童生徒の「居場所づくり」、「学びの場づくり」という役割を果たすことができました。

チャレンジNO.3

事業名

小中学校図書整備事業 チャレンジ指標

児童生徒一人当たり

の読書冊数

前年比1割増

チャレンジ2016

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

学校における学校図書活用計画を踏まえ、学校図書の量的充実並びに質的充実を図ります。
豊かな心を育む取組として、学校図書を活用した読書指導の推進を行います。

(2)節約・
収入増

図書管理システムを採用し、図書の貸出の効率化を目指します。

(3)その他

読書後の感想を5行程度にまとめるプチ読書感想文活動等をとおして、読書活動へのインセンティブを図ります。
学校司書教諭と市民図書館司書との図書整備に向けたワーキング会議を開催します。

達成度

★★★

取り組み

  • 図書購入予算の増額により、学校図書の量的充実並びに質的充実が図られてきており、チャレンジ指標の一人あたり貸出冊数の前年比1割増は達成できました。
    小学校、H27時17分.0冊、H28時18分.7冊、増減率:+10%
    中学校、H27時:4.7冊、H28時05分.9冊、増減率:+25%
  • 図書管理システムを1校に導入しました。
  • 学校司書教諭と市民図書館司書とのワーキング会議を開催しました。

学習環境の充実

チャレンジNO.1

事業名

月見ヶ丘小学校
長寿命化改良事業
チャレンジ指標 2号棟の工事竣工
平成28年12月

チャレンジ2016

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

2号棟校舎については、夏休み前に発注し、年内に竣工します。

(2)節約・
収入増

工事中の学校運営については、隣接する玉川中学校との連携を図りながら円滑な運営を行います。
引っ越し作業は、用務員等により共同作業を実施し、経費の削減に努めます。
引き続き、3・4号棟改修工事が補助採択されるよう国へ要望します。

(3)その他

各教室のレイアウト等は学校側の要望を集約して工事に反映させるとともに、図書室・音楽室等は多様な学習内容が可能となるような整備を目指します。

達成度

★★

取り組み

  • 夏休み前に工事着工しましたが、2月末の工事竣工となり、チャレンジ指標である12月工事竣工は達成できませんでした。
  • 用務員による共同作業やPTAの協力もいただきながら、引っ越し作業を円滑に行いました。
  • 3、4号棟については、改修工事が国の補助事業として採択され、28年度中に工事着工ができました。
  • 図書室、保健室については、学校側の要望を集約し、工事に反映させることができました。

地域社会との連携

チャレンジNO.1

事業名

「わくわく遊び隊」支援事業 チャレンジ指標 事業の実施時期と回数
平成28年6月から
週1回開催

チャレンジ2016

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

-

(2)節約・
収入増

NPO団体や地域のボランテイアを活用しながら0(ゼロ)予算で試行します。

(3)その他

1人あたり1,000円/月の費用負担により、安全確保や最適な講師・指導者を確保します。
地域の子供は地域で育てるという事業目的を共有します。
地域の指導者の掘り起しに努めます。

達成度

★★★

取り組み

わくわく遊び隊運営委員会(塩竈市スポーツ推進委員・塩釜市体育協会・塩釜FC)が主体となり、玉川小学校を会場に平成28年6月から週1回開催しました。(H28.6月~H29.2月)
玉川小学校や周辺町内会の理解と協力を得ながら取り組んだところ、当初募集予定の40人を大幅に上回る60人の児童が参加し、また円滑な事業運営が図られました。
取り組み初年度ということもあり、「地域の指導者の掘り起し」に苦慮しました。

生涯学習の推進

チャレンジNO.1

事業名

塩竈学まちづくり学習事業 チャレンジ指標
  1. 参加人数
  2. 満足度
  1. 参加者数の増加
  2. 参加満足度80%

チャレンジ2016

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

昨年度「歴史的建造物探訪」(杉村惇美術館や旧亀井邸、旧えびや旅館など近代建造物を巡る学習会)を開催しました。今年度も、時流をとらえたテーマを設定しながら、専門家による郷土の歴史・文化講座やシンポジウムなど、ふるさと塩竈を再発見し、もってまちづくり参加を促す事業を行います。

(2)節約・
収入増

県の補助事業制度を活用します。

(3)その他

市民ボランティア団体などとの連携により、まちづくりへの参加意欲を高めます。

達成度

★★

取り組み

市内に点在する文化財を「線」でつなぎ、まちを「面」で楽しむ「文化財イラストマップ」を作成するため、市民を対象としたワークショップを3回開催、延べ45人が参加し、次年度のマップ作成の基礎固めが図られました。
また、まちの生活・文化・風土をより深く理解することを目的に、小学校4年生~6年生とその保護者を対象とする体験学習「しおがま何でも体感団」を、土日や夏休みを利用しながら8回開催、延べ198人が参加し、「新たなしおがまの魅力」を学びました。
結果的に、本年度は11回開催、延べ参加者数243人となり、昨年度の7回開催、延べ217人から、回数で4回、参加者数で26人増加しましたが、満足度調査は実施できませんでした。

チャレンジNO.2

事業名

第2回「シオーモ絵本まつり」
事業
チャレンジ指標
  1. 事業参加者の満足度
  2. 事業参加者数
  1. 80%
  2. 5%増(前年度比)

チャレンジ2016

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

今回のテーマは「塩の民話・昔話」とし、子どもから大人までが楽しめる事業を企画します。
会場をエスプ(ワークショップ)、図書館(読み聞かせ等)、美術館(原画展)とし、それぞれの施設の機能を生かした事業内容とします。

(2)節約・
収入増

ボランティアメンバーの実行委員会による主催事業として、経費の節減に努めます。

(3)その他

事業の企画運営を通じて市民や施設間の連携を図り、まちづくりへの参画意識を高めます。

達成度

★★★

取り組み

市内ボランティア団体が主催となり、「塩竈の昔ばなし昔あそび」をテーマに、おはなし会、朗読講座、音楽会、原画展、ワークショップなどを、市内3施設(ふれあいエスプ、市民図書館、杉村惇美術館)それぞれの機能を生かし、22事業に取り組みました。
その結果、開催した10日間で延べ1,551人が参加し、前年度に比べて40.0%にあたる443人の大きな増加となりました。
主な事業においてアンケート調査を実施したところ、概ね「満足した」との回答でした。

チャレンジNO.3

事業名

市民図書館サービスの向上と充実 チャレンジ指標 利用登録者数
貸出者数
前年度比5%増

チャレンジ2016

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

高度化、多様化する市民ニーズに対応した資料提供ができるよう、図書館資料の充実に努めます。一般書および児童書を中心に全分野にわたって資料の整備を図ります。
レファレンスサービス(調査・相談)を充実させ、図書館サービス機能の向上を図ります。
学校等へのサービスとして、学習に必要な図書や学級文庫として本を貸出すなど連携を強化します。また市教研との交流により読書環境の改善に取り組みます。
「えほんデビュー事業」を継続し、保健センターの7か月児健康相談時に読み聞かせをしながら絵本を贈呈し、フォローアップ事業として「おはなし会」や「絵本講座」を開催し、子どもの読書習慣を身につけるきっかけと赤ちゃんの健やかな成長を応援します。
観光ボランティアガイドとの交流を含め、タイムシップと壱番館屋上展望台の利用促進を図り、入館者の増加と本市の歴史、文化をPRします。
管理運営の在り方を含め、あるべき方向性を示す「図書館振興計画」を策定します。

(2)節約・
収入増

講師などは、NPO団体や県図書館などへ依頼し、経費の節減に努めます。

(3)その他

様々な事業や図書館サービスの取組について、市広報誌、図書館HP、フェイスブックなどを活用し広報の充実に努めます。
利用者の満足度を把握するため利用者アンケートを実施し、事業に反映させます。
地元に密着した地域資料や貴重資料の収集、管理、保存、活用について、宮城県図書館と連携し推進します。
ヤングアダルト世代の充実を図るため、中高生を対象に図書館運営に参加型の事業として、「(仮)集まれ!図書館サポーター」を実施します。
読み聞かせボランティアなどと協力し、開館25周年記念イベントを実施していきます。

達成度

-

取り組み

  • 様々な図書館事業を展開し、事業参加者数は前年度より約1,650名の増加、利用者アンケートによる満足度は66.8%と一定の評価がなされました。しかしながら、指標である新規利用登録者数はマイナス19.0%、貸出者数はマイナス15.5%となり利用は減少しました。
  • 市内小中学校の協力を得て、全児童生徒に読書推進活動として利用登録を促進しました。
  • 6保育所、1幼稚園、市内小中学校等に団体貸出を行い、読書活動を推進しました。
  • ヤングアダルト(中学生・高校生)向け参加型新規事業「夢☆応援未来塾」を実施し、進路向けワークショップと図書資料を提供しました。
  • えほんデビューフォローアップ講座の開催や、親子向けにプロの人形劇団の公演を実施するなど、親子向け事業の充実に取り組みました。
  • 市民共同企画の「第2回シオーモ絵本まつり」を、市民図書館、エスプ、美術館の3館で開催しました。
  • 開館25周年事業として「としょかんまつり」を開催し、子どもから大人まで、1,200人を超える参加者で楽しい事業を行いました。
  • 市広報誌、図書館HP、フェイスブックなどを活用し、広報の充実を図りました。
  • 利用者満足度アンケートを実施しました。
  • 収集した地域資料や貴重資料の展示を行い、図書館機能のPRを行いました。

歴史の継承と文化の振興

チャレンジNO.1

事業名

塩竈市杉村淳美術館管理運営事業 チャレンジ指標
  1. 利用者満足度
  2. 来館者数
  1. 80%
  2. 5%(前年度比)

チャレンジ2016

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

市と指定管理者との定期的な連絡会議を開催し、情報の共有を図ります。
運営検討委員会を年に数回開催し、有識者などから意見をいただき、事業評価を行います。

(2)節約・
収入増

指定管理者制度により、効率性や市民サービスの向上を目指します。
「メンバーシップ制度」(年会費会員)の定着と会員増による会費収入増を図ります。

(3)その他

郷土ゆかりの杉村惇作品の保存・展示・研究・活用など美術館機能の充実を図ります。
来館者アンケート(満足度調査)を実施します。
事業参加者アンケート(満足度調査)を実施します。
行政機関や公共施設、市内美術館等と情報を共有し、事業の連携を推進します。

達成度

★★★

取り組み

毎月の例会を通して運営状況を共有し、年3回開催する運営検討委員会では事業評価や助言を行いました。
様々な企画展やワークショップをはじめ、公共施設と連携しながら、「シオーモ絵本まつり」や「塩竈市美術展受賞者展」を開催しました。特に、市民を対象とした「暮らしの市」では、7月の2日間で延べ1,700人、11月の2日間で延べ2,335人が参加しました。
その結果、年間来館者総数は19,346人、前年度に比べて14.2%にあたる2,406人の大きな増加となりました。
展覧会のアンケートによると、「満足した」との回答が100%でした。

チャレンジNO.2

事業名

しおがま文化大使交流事業 チャレンジ指標
  1. 事業参加者満足度
  2. 事業参加者数
  1. 80%
  2. 5%増(前年度比)

チャレンジ2016

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

市民と文化大使とがふれあいと学びを通して交流を図る事業を実施します。
遊ホール協会が主催する第2回「しおのまち音楽祭」は、学校でのアウトリーチコンサートや災害公営住宅集会所でのコンサートなどを拡充します。

(2)節約・
収入増

文化大使のスケジュールや帰国等に合わせ、できるだけ低予算で市に貢献していただく機会をとらえて実施します。
本市のPRやイメージアップに貢献します。

(3)その他

事後アンケートによる事業企画・運営の満足度を次回の改善に生かします。

達成度

★★★

取り組み

文化大使の協力を得ながら、市内各所においてイベントを開催し、多くの市民等に芸術文化の啓蒙がなされるとともに、文化大使の役割が周知されました。

  • 山寺宏一大使
    声優読み聞かせコンサート(8月27日)
    【集客数】384人【満足度】90%
  • 菅野潤大使
    しおのまちコンサート(3月4日)
    【集客数】270人【満足度】93%
    【その他】小中学校3校、伊保石災害公営住宅で638人にアウトリーチコンサートを開催
  • 鶴田美奈子大使
    鶴田美奈子ピアノコンサート「アート×音楽」描けるアート、掛ける音楽(12月24日)
    【集客数】120人
  • 平間至大使
    3.11POWERofLIFE.in.SHIOGAMA.MIYAGI(3月11日)
    【集客数】180人

結果的に、本年度の集客数は1,598人で、前年度に比べて145.8%にあたる948人の大きな増加となりました。

チャレンジNO.3

事業名

文化・芸術活動の機会の充実と支援 チャレンジ指標
  1. 来場者アンケート満足度
  2. 遊ホール稼働率
  1. 85%以上
  2. 75%

チャレンジ2016

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

ホームページ、SNS、ダイレクトメールなど、対象に合わせた多様な情報発信方法を併用し、集客を図ります。
イベント情報や開館日カレンダーの発行、施設空き状況の情報提供により、利用者サービスの向上を図ります。
商業協同組合と連携し、地域への芸術文化の浸透を図ります。
遊ホール協会の健全運営に努めます。

(2)節約・
収入増

文化事業に対する助成制度を積極的に活用し、自主事業の充実を図ります。

(3)その他

市民参加型企画を行う事業者を公募し、市民が参加し創造する機会の充実を図ります。
地元出身アーティストの協力を得て、良質な芸術文化に触れる機会を提供します。
開館25周年を記念し、幅広いジャンルから良質な芸術文化の鑑賞機会を提供します。
演奏家などを学校等に派遣し、良質な生の演奏を提供したり、児童・生徒をホールに招待したり、芸術鑑賞のすそ野を広げます。

達成度

★★

取り組み

ホール事業実績は16事業23公演、集客数6,141人、1公演あたりの集客数は267人となり、昨年よりも増加しています。来場者アンケート満足度は86%で高い水準を維持していますが、遊ホール稼働率は67%(利用団体198件/開館日数296日)と昨年よりも減少しました。

  • HP、SNSのほか、イベント情報を12回発行し、ダイレクトメールの送付を行い、情報発信に努めました。また、施設の空き状況をHP上で公開し(毎月更新)利用者の利便性向上を図りました。
  • 5事業において文化団体等による助成を受けて実施し、質の高い公演を実施することができました。また、地元出身演奏家等のご協力を得て3事業を実施しました。
  • 開館25周年事業としては親子で楽しめる事業を3事業行いました。
  • 市民参加企画を公募し4団体の応募の中から、1団体を選定し、市民ミュージカルを実施しました。
  • アウトリーチ事業として3事業9公演(小学校2校、中学校2校、高校1校、集会所3か所)を行い参加者は930人となりました。
  • コンサート等の実施の際には、休憩時間なども楽しめる仕掛けづくりやマナーの浸透を図る試みを行いました。
  • 音響調整卓の更新とホール座席の部品交換・クリーニングを行い、安全で快適な利用環境の整備を行いました。

生涯スポーツの推進

チャレンジNO.1

事業名

スポーツ振興事業
(一流アスリート誘致先導事業含む)
チャレンジ指標 参加満足度
80%

チャレンジ2016

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

子どもから高齢者や障がい者のすべての市民が楽しめる軽スポーツ(アジャタ)を積極的に取り入れ、普及に努めます。
市民に夢と感動を与えるパナソニックスポーツ交流会、女子実業団駅伝の選手による一流アスリート事業を実施します。

(2)節約・
収入増

ネーミングライツを活用した企画事業やスポーツ設備・用具等、環境を整備します。
市内企業等やスポーツ関係団体に幅広く協賛を求めます。
スポーツ施設を会場に、民間企業等の社会貢献事業を積極的に活用します。

(3)その他

報道機関への後援・協力を通し、さらなる情報発信を実施します。

達成度

-

取り組み

スポーツ玉入れ「アジャタ」普及促進のため、市民スポーツフェスティバル、教育フェスティバルにとり入れ、さらに、年度末には、全日本玉入れ協会から会長等を招き、スポーツ振興事業の一環として、「アジャタ指導者講習会」を開催しました。
パナソニックスポーツ交流会を招致し、バレーボール部とラグビー部の選手と約200名の市民等との交流会や、北京オリンピックバレーボール代表の山本隆弘氏の講話を開催しました。
女子実業団駅伝選手によるふれあい陸上教室を第三小学校の6年生を対象に開催し、選手から指導を受けるとともに、一緒にリレーも行いました。
「一流アスリート誘致先導事業」では、ロンドンオリンピック卓球女子団体銀メダリストの平野早矢香選手さんを招き、市内小中学生や高校生に対する卓球教室を開催しました。
結果的に、本年度の集客数は1,040人で、前年度に比べて210人の大きな増加となりましたが、チャレンジ指標である参加満足度の調査は実施できませんでした。

このページをシェアする <外部リンク>