ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > ミッション2015水道部の政策目標

ミッション2015水道部の政策目標

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

水道部のミッション

作成者

水道部部長・赤間忠良
水道部は、今年度に次のミッションを掲げ、事業を推進します。

今年度のミッション概要

今年度、水道部では、「第5次塩竈市長期総合計画」の水道部門個別計画である「塩竈市水道事業基本計画」と「塩竈市震災復興計画」に基づく事業の推進により、復興躍進の年と共に安全・強靭・持続の水道に向けた以下の事業に取り組んでまいります。

  1. 安定給水の確保
    水道老朽施設の計画的な更新・改良による安定的な水の供給、1.災害に強い水道の整備(老朽管更新事業・第6次配水管整備事業)、2.水道施設等震災復旧事業。
  2. 災害対策の充実
    応急給水体制の強化応急給水用仮設水槽整備事業
  3. 運営基盤の強化と低廉な水の供給
    長寿命化対策による運営基盤の強化と維持管理経費の低減・梅の宮浄水場長寿命化対策事業(排水処理施設更新事業)
  4. お客さまサービスの充実
    広報広聴機能の充実によるお客様の視点に立ったサービス提供改善・水道事業啓発推進事業

政策目標

  1. 安定給水の確保
  2. 災害対策の充実
  3. 運営基盤の強化と低廉な水の供給
  4. お客さまサービスの充実

重点事項

1.安定給水の確保

チャレンジNO.1

事業名

災害に強い水道の整備
(老朽管更新事業・
第6次配水管整備事業)

チャレンジ指標 最優先耐震化路線耐震化率
(梅の宮浄水場~各配水池)
53%

チャレンジ2015

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

耐震構造を備えた長寿命管への布設替えを進めます。

(2)節約・
収入増

国庫補助事業を有効に活用します。
耐震構造を備えた長寿命管を採用し、ライフサイクルコストの縮減を図ります。

(3)その他

-
チャレンジNO.2

事業名

水道施設等震災復旧事業

チャレンジ指標 上半期発注率
80%

チャレンジ2015

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

耐震構造を備えた長寿命管への布設替えを進めます。

(2)節約・
収入増

災害復旧(国庫補助)事業を活用します。(東日本大震災による沿岸部の水道施設等災害復旧事業の特例)
他部署所管の復興事業に合わせ、計画的な事業管理を行います。
耐震構造を備えた長寿命管を採用し、ライフサイクルコストの縮減を図ります。

(3)その他

他部署所管の復興事業と共に管路整備を実施し、地域復興を後押しします。

2.災害対策の充実

チャレンジNO.1

事業名

応急給水用仮設水槽
整備事業

チャレンジ指標 整備時期
上半期

チャレンジ2015

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

-

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

給水ポイントに整備した仮設水槽及び加圧式給水車、可搬式給水車を最大限に活用し、迅速な対応並びに効率的な給水活動に着手できる体制を再構築します。
今年度は12ヵ所の給水ポイントに仮設水槽を整備します。また、避難所開設員及び自主防災組織との連携による、応急給水訓練を順次実施し、災害時における応急給水活動の万全を図ります。
防災訓練等の際に、仮設水槽及び加圧式給水車による応急給水訓練を実施します。

3.運営基盤の強化と低廉な水の供給

チャレンジNO.1

事業名

梅の宮浄水場長寿命化対策事業
(排水処理施設更新事業)

チャレンジ指標 発注時期
上半期

チャレンジ2015

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

老朽化施設を更新し、安全・安心な水の持続的な供給を確実にします。

(2)節約・
収入増

最新機器の導入により、使用電力等の低減を図ります。
施設の更新によりメンテナンス費用などのライフサイクルコストの低減を図ります。

(3)その他

処理方法の見直しにより、省エネルギー社会に貢献します。
平成27年度に詳細設計委託を行い、平成28~29年度に工事を予定します。

4.お客さまサービスの充実

チャレンジNO.1

事業名

水道事業啓発推進事業

チャレンジ指標 水道教室等開催回数
10回

チャレンジ2015

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

-

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

水道事業の内容を多くの利用者の皆さまに理解していただくため、昨年度に発行した「しおがま水道ガイド帳」を活用し、小学校や町内会等を対象とした水道教室や出前講座等を積極的に開催します。
独自広報誌「しおがまの水道」の発行、市民まつりや水道週間関連行事を通して、利用者の皆様に水道に関する理解を深めて頂きます。
このページをシェアする <外部リンク>