ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織で探す > 市民総務部 > 政策課 > ミッション2015震災復興推進局の達成度

ミッション2015震災復興推進局の達成度

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月2日更新

本文

震災復興推進局のミッション

作成者

震災復興推進局長・荒井敏明
震災復興推進局は、今年度に次のミッションを掲げ、事業を推進します。

今年度のミッション概要

東日本大震災から4年が経過いたしました。これまで、災害公営住宅や道路・橋梁の整備、土地区画整理事業をはじめとする面的整備事業の工事着工など、取り組みを進めてまいりましたが、現状では、「未だ道半ば」の状況にあり、さらなる加速化が必要であると考えております。

平成27年度は、本市震災復興計画の前期5か年間、並びに、国が定める集中復興期間の最終年度となりますことから、市が掲げるテーマ『復興躍進の年』を具現化するため、全復興事業の着工と早期完了に向け、最大限の努力を積み重ねてまいります。

また、被災された皆さまの塩竈市の未来にかける思いを大切にしながら、共に復興まちづくりを進めてまいります。

そのために、次の事項を実施してまいります。

  • 復興の姿と、市の再生につながる「まちづくり」の形を具現化します。
  • 政策目標に掲げた事業の確実な進展に努めます。
  • 市民の皆さまの理解を深めながら、ご意向に沿った事業の推進に努めます。
  • 情報収集に努め、様々な制度を活用することで、より効率的な事業実施に努めます。
  • 常に創意工夫しながら事業のさらなる早期完了を目指します。

政策目標

  1. 住まいと暮らしの再建【災害公営住宅の整備】
  2. 安全な地域づくり【防災拠点整備・道路整備・区画整理】
  3. 産業・経済の復興【海岸通地区再開発】
  4. 浦戸地区の復興【防災集団移転事業・漁業集落防災機能強化事業】

重点事項

1.住まいと暮らしの再建[災害公営住宅の整備]

チャレンジNO.1

事業名

災害公営住宅整備事業

チャレンジ指標

工事完了進捗率7割

チャレンジ2015

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

災害公営住宅整備事業

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

年度内に伊保石2期4、清水沢1.・2期170、桂島2期6、寒風沢11、朴島5の合計196戸の工事完了、入居開始を目指します。
年度内に北浜1期31、錦町東70の合計101戸の工事着工を目指します。北浜2期は年内に宮城県と工事施工の協議を整えます。

達成度

-

取り組み

  1. 工事完了については、桂島2.期5、寒風沢11、朴島5の合計21戸が年度内に工事完了となったものの、伊保石2.期(4戸)については、地中障害の対策工事などに時間を要したこと、清水沢1.・2.期(170戸)については、基礎工事増工などに時間を要したことから、工事が次年度へ繰越となり、目標とした196戸(H25・26完了:94+H27目標:196=290戸/全体戸数:420戸⇒工事完了進捗率7割=70%)に対し、21戸(94+H27完了:21=115戸/全体戸数:419戸⇒工事完了進捗率27.4%)の工事完了にとどまりました。
  2. 工事着工については、北浜1期31戸、錦町東70戸の合計101戸の工事に着工しました。

2.安全な地域づくり[道路整備・区画整理]

チャレンジNO.1

事業名

港町地区復興道路整備事業

チャレンジ指標

整備完了延長940m
整備着工465m

チャレンジ2015

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

平成26年度繰越となった港町6・8号線を7月に、4・7号線を8月下旬までに竣工し、整備延長940m(5路線)を完成させます。
残る港町1・2・3号線(延長465m)については、下水道事業との調整を図りながら、年度内着工を図ります。

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

-

達成度

取り組み

  1. 整備完了目標としていた5路線、延長940mについては、11月を以て全て完了しました。
    港町6号線:7月、港町8号線:10月、港町4・7号線:11月)
  2. 港町1・2・3号線(延長465m)は、下水道事業との調整が完了し、県防潮堤工事との施工調整から、平成28年度計画に見送りを行いました。
チャレンジNO.2

事業名

北浜地区被災市街地
復興土地区画
整理事業

チャレンジ指標

建物補償除却7件

基盤整備完了24600平方メートル
全計画38300平方メートル

道路整備完了延長1030m

全計画延長1777m

チャレンジ2015

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

残る7件の建物補償をもって全契約を完了させ、建物の除却、早期整備へと繋げます。
住宅エリアの1から3街区(7500平方メートル)の造成・基盤整備に着手します。うち、災害公営住宅を建設する1街区(2100平方メートル)については、基盤整備を完了させます。
工業エリアの4・5・6街区(22500平方メートル)の基盤整備を完了させます。
道路整備については、全計画延長1777mのうち1030mについて路盤整備まで完成させ、圧密促進を図ります。

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

-

達成度

取り組み

  1. 予定していた、建物補償契約数は5件、除却は内2件にとどまりました。
  2. 住宅エリアの造成・基盤整備は、施工可能な5000平方メートルについて工事に着手し、災害公営住宅に係る2200平方メートルの造成を完了させ、土地引渡しにまで繋げました。
  3. 工業エリア4・5・6については、9400平方メートルの基盤整備を完成させましたが、既存工場の出入口並びにすり付け調整から、街区全ての完成には至りませんでした。
  4. 道路整備は、延長792mについて、路盤整備まで完了しました。
チャレンジNO.3

事業名

藤倉二丁目地区
被災市街地
復興土地区画
整理事業
新浜町杉の下線
道路事業

チャレンジ指標

(区画整理事業)

建物補償、除却7件
宅地引渡し20件
全34件

(道路事業)

用地買収676平方メートル(16件)

全1,948平方メートル(51件)

チャレンジ2015

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

区画整理事業については、残る7件の建物補償をもって全契約を完了させ、早期整備へと繋げます。
1街区から3街区の20件(2056平方メートル)について、宅地の引渡しを行い、早期の住宅再建へと繋げます。
道路事業については、残る16件(676平方メートル)の契約締結をもって道路拡幅に係る用地買収を完了させ、既存建物の除却を進めるとともに、用地が確保された箇所から、側溝整備及び歩道部に係る路盤整備(230m)を行います。

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

-

達成度

取り組み

  1. 区画整理事業に係る7件の建物補償契約、建物除却について、全て完了しました。
  2. 宅地の引き渡しについては、17件(2056平方メートル)を目標としていましたが、他事業との施工調整により、引渡しには至りませんでした。
  3. ※H28年4月1日に、7件(770平方メートル)の引渡しを行うことになっています。
  4. 道路事業に係る用地買収については、304平方メートル(7件)の契約にとどまりました。
チャレンジNO.4

事業名

港町地区津波復興拠点
整備事業

チャレンジ指標

津波避難デッキの工事完成
・防災拠点施設の工事着手

チャレンジ2015

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

津波避難デッキの整備を完成させ、地域防災の向上を図ります。
防災拠点支援施設については、27年度下半期からの工事着手を目指します。

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

-

達成度

-

取り組み

  1. 津波避難デッキの整備については、一部接続工事等の調整から、完成までには至りませんでした。
    ※平成28年4月23日に供用開始予定です。
  2. 津波防災拠点施設については、他事業との施工調整や事業費調整が生じたことから、27年度内の工事着手には至りませんでした。

3.産業・経済の復興[海岸通地区再開発]

チャレンジNO.1

事業名

海岸通地区震災復興市街地
再開発事業

チャレンジ指標

年度内工事着工に
向けた支援

平成28年2月着工

チャレンジ2015

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

宮城県の事業認可を受け、再開発組合の早期設立を支援します。
権利変換計画認可申請に向けた業務及び手続を支援します。
工事工程・スケジュールの精査を行ない、着手可能な箇所からの年度内着工を支援します。

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

多様な補助事業、融資制度等を活用し、事業費の軽減を図りながら財政的な支援を行ないます。

達成度

-

取り組み

平成27年5月に事業認可・組合設立認可を受け、権利変換計画作成に向けた各種委託業務を実施したものの、工事着工には至りませんでした。

4.浦戸地区の復興[防災集団移転・漁業集落防災機能強化]

チャレンジNO.1

事業名

防災集団移転促進事業
(桂島地区・寒風沢地区)

チャレンジ指標

団地内道路整備完了516m
自主再建地の引渡し

チャレンジ2015

項目

取り組み内容

(1)透明度
・満足度

自主再建用地の引渡しについて、寒風沢地区(2件)は4月に、桂島地区(1件)は6月に完了させ、早期の住宅再建へと繋げます。
移転団地内道路の舗装工事を、災害公営住宅や、自主再建に係る建設工事と調整しながら施工し、年内に全延長(516m)の整備を完了させます。

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

-

達成度

★★★

取り組み

  1. 移転団地整備については、道路整備を含め全て完了しました。(516m/516m)
  2. 自主再建用地の引渡しを予定どおり完了させました。(3件/3件)
    ※H28年1月には、3件共新しい住宅に入居済です。
チャレンジNO.2

事業名

朴島地区小規模
住宅改良事業

チャレンジ指標

除却戸数6戸

道路整備延長465m

チャレンジ2015

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

全不良住宅の除却後、地区内道路の舗装工事に着手し、年度内に100%の整備完了を目指します。

(2)節約・
収入増

-

(3)その他

-

達成度

★★★

取り組み

全不良住宅6戸の除却及び地区内道路465mの舗装工事を年度内に100%完了しました。

チャレンジNO.3

事業名

浦戸地区漁業集落
防災機能強化事業
(桂島・野々島・寒風沢)

チャレンジ指標 集落道整備完了延長
L=2120m
避難路整備完了延長
L=1880m

チャレンジ2015

項目

取り組み内容

(1)透明度・
満足度

集落道20路線(2120m)及び避難路10路線(1880m)について第2四半期までに発注し、年度内の整備完了を目指します。

浦戸地区漁業集落防災機能強化事業

(2)節約・
収入増

他事業の余剰残土を活用し経費の節減を図ります。

(3)その他

適切な時期、十分な頻度による住民説明会・意見交換会を開催します。

達成度

-

取り組み

  • 集落道整備については、当初目標としていた2120mの完了に対して1586mの発注を行いましたが、現状変更申請や占用物件の移設に時間を要したことにより、258mの完了にとどまりました。
  • 避難路については、1880mの完了を目標としていましたが、入札不調により891mの完了にとどまりました。
このページをシェアする <外部リンク>